琴の起源は?

サルタリーやサルテリー、プサルテリー、プサルタリー、プサルタとも呼ばれるプサルテリウムとは、木箱に24本のピアノ線を張った楽器を指します。 ギリシャ語ではプサル...

» 続きを読む

| | コメント (0)

修験道と秦氏。

山岳宗教史研究叢書7に『東北霊山と修験道』が、収められています。 こう言う内容です。 総説 東北霊山と修験道第1篇 下北・津軽の山岳信仰第2篇 陸中の修験道と山...

» 続きを読む

| | コメント (0)

米沢と秦氏と鉱山と?

山形県米沢市の界隈には藤原ゆかりの苗字、例えば佐藤は結構あるようですね。 そして、藤原系の祭司一族である小林一族もいるのです。 秦氏ゆかりの神社である、成島八幡...

» 続きを読む

| | コメント (0)

絶対音感の持ち主の脳では何が起きているか。

最近、近赤外線で脳の様々な部分について働きを調べるのは当たり前になってきました。 検出用のネットやキャップを被るだけなので、脳の働きについて自在に研究ができるよ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

雲南省の少数民族の気になる食文化。

中国の雲南省、日本の発酵食品のルーツがあるとされる地域です。 中国雲南省の少数民族、味噌とも納豆ともつかない大豆の発酵食品があるのです。 ここから、味噌や醤油や...

» 続きを読む

| | コメント (0)

秦氏と塩?

猿田彦はソルト彦ではないかと、あたりをつけた事がありました。 そして猿田彦は熊野とも繋がりがあるので、熊野もまた塩で知られます。 和歌山県色川地域で、昔ながらの...

» 続きを読む

| | コメント (0)

出雲大社に裏の御祭神?

出雲大社には、出雲国杵築大社御神殿天井八雲之図と言う謎めいた図が伝わっているのです。   八雲の図と言いながら、七つの雲しか描いてないのです。 この七つの雲は...

» 続きを読む

| | コメント (0)

私達は神の命令から逃げられない。

マルクスとエンゲルスは、社会主義を低次と高次にわけてそれぞれこう位置付けました。 社会主義の低次の段階では能力に応じて働き、働きに応じて受け取る。 福祉や教育や...

» 続きを読む

| | コメント (0)

私達は神の命令から逃げられない。

マルクスとエンゲルスは、社会主義を低次と高次にわけてそれぞれこう位置付けました。 社会主義の低次の段階では能力に応じて働き、働きに応じて受け取る。 福祉や教育や...

» 続きを読む

| | コメント (0)

イスラム法の背景を考えてみた。

イスラム社会はイスラム法を持つが、それは拠点を持った共同体を守る必要があったからなのです。 ユダヤ教に宗教的規範はあっても法がないのは、離散したのでユダヤ人とし...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«イスラム法の背景を考えてみた。