« 毘沙門天 その二 | トップページ | 誰に寄り添うべきか »

毘沙門天 その三

もともと力を持つ神だけに、ご利益が多く、富や財宝、不老長寿、戦勝祈願、神通力、無病息災など人間にかかわるすべてに霊感があるとされるのです。
特に、白獅子に乗り、右手に宝棒、左手に家に福徳を持ち込むとされるマングースを抱えた毘沙門天が最も徳高い物とされています。

毘沙門天は、主に関西地方の寺院に多く祀られています。
特に大和国信貴山の毘沙門天は名高く、『太平記』巻三の一、主上(後醍醐天皇)御夢事附楠事の段に、「その母(楠正成の母)若かりし時、志貴(信貴)の毘沙門に百日詣で、夢想を感じて設けたる子と候とて、幼な名を多聞とは申候也とぞ」と記されてあるので、楠正成の幼名は多聞丸ということがわかるのです。
それと、毘沙門信仰の周辺には多聞の名前が多く見られるところから、多聞とは毘沙門のことという説も、以前からあります。

信貴山の奥之院は、本堂から約2Km北方にあり、ここの本尊は、聖徳太子作といわれ、太子が物部守屋戸討伐の時に、阪部大臣(さかべのおとど)に化現(けげん)されて、先陣・先鋒で群がる敵を薙倒したので、尊像は白く汗をかいたように見えるといわれ、一名を「汗かき毘沙門天」といわれています。

奥之院の本堂脇に雨が降るならば、土中から焼米が出てきて、その焼米はどんな病にも効く薬になるという信仰があるのです。
この焼米は、聖徳太子が毘沙門天から陣中米と授かったもので、無尽蔵に近いくらい土中にあると土地の人は言い伝えています。
戦国時代には、戦国時代には、松永弾正久秀の出城(永禄3年(1560)築城)があったところだから、その城中米が土中に埋まっていたのかもしれないのです。

信貴山縁起絵巻といえば、長者の倉ごと米を運んだ鉢の絵が有名ですね。
空飛ぶ鉢で托鉢する話の一つとして、語られています。
このような縁起が語られる裏に、この毘沙門天から授かったとされる陣中米伝承があるからかも。

江戸時代末期編纂の『新編相模国風土記稿』三浦郡毘沙門村の条(くだり)に、「江戸より十九里。毘沙門郷と唱ふ。村内に毘沙門堂あり、故に地名となる(中略)○毘沙門堂、当所の海中より出現の像を置く、長さ三尺許、今も波海中より正月3日鶏鳴に竜燈現ずと云、前立毘沙門吉祥天の像あり、慈雲寺持(臨済宗)」とあるのです。

寺伝によると、堂の下の通称、白浜海岸に流れ着いた像を、村民が拾い上げて洞窟内に祀っていたといいます。
その頃諸国巡錫中の菩薩が、その像を見て、「大変尊い毘沙門天像だから秘仏としたらよかろう」と語り、岩殿山と呼ぶ台地で自ら他の木に彫刻し、堂を建立して安置したのに始まると伝えられるのです。
その彫像を作成した時に出た木屑を埋めた場所を村民は木端塚と呼び、手を触れることを禁じたというのです。

『新編相模国風土記稿』所載の通り、前立2体を新たに作り、海中出現仏と行基彫像の古い2体を秘仏として33年目ごとに開扉されるというのです。
この毘沙門堂付近の山中に、社護尊天(社宮司)・第六天の2天の石祠が祀ってあり、底辺の景色のよいところで、現在は関東近辺の気軽な行楽地として賑わっているようです。

さて、毘沙門天が、七福神の1つに加えられた理由には、1つは、勇気を持って悪に立ち向かえば、財をもたらすという性格から出たものであろうという説もあります。
幸福の神である吉祥天を妻としたところから、毘沙門天も、福をもたらす神とした説もあるのです。
またその軍神的性格から、貧乏神を退散させてくれるという説まであるのです。

でも、吉祥天は黒暗天と姉妹であり、二人一緒で受け入れる相手でないと、福の神としての仕事をしないはずです。
この黒暗天には、貧乏神という説があるのをご存知ですか。

吉祥天はもともと、インドの美と豊穣と幸運を司る女神ラクシュミーでした。
なおラクシュミーは、アラクシュミーという不幸を司る女神を姉に持つともされます。
ここが黒暗天と姉妹とされるもとなのです。

ラクシュミーが、ヴィシュヌの妻になる際にこう請願しました。
「私があなたの妻になる条件として姉にも配偶者を付けるように」
そこでヴィシュヌはある聖仙(リシ)とアラクシュミーを結婚させ、晴れてヴィシュヌとラクシュミーは一緒になったという神話も一方で残っているのです。
黒暗天もともに引き受けるよう求める起源は、ここにあるのですね。

退散される貧乏神が黒暗天なら、なぜ吉祥天は貧乏神をかばわないのでしょう。
つまり、黒暗天の正体は貧乏神などではないといっているようなもの。
黒暗天は、みすぼらしく格好が悪いけど、貧乏ななりをしているけど、人の足を引っ張る貧乏神なんかじゃないということなのかもしれないですね。

ならば、毘沙門天が退散させる貧乏神とは何者なのでしょう。

ねたむもの、うらむもの、さまたげるもの、ではないでしょうか。

となると、毘沙門天が退散する貧乏神とは、転落してサタンとなったルシファーのような存在かもしれないですね。

最後に、毘沙門天の真言だが、「ナウマク サマンダボダナン ベイシラマンダヤ ソワカ」であり、「この真言を唱えれば、福徳・戦勝・神通力などの功徳がある。」という意味だそうです。

毘沙門天の信仰は日本3大霊場といわれる次の寺社があるのです。

1.信貴山朝護孫子寺(奈良県)
寅年、寅月、寅の日、寅の刻に毘沙門天が出現したことから寅の日が縁日になったという。

2.鞍馬寺(京都)
牛若丸の修行や鞍馬天狗、10月22日の火祭りなどが有名。

3.毘沙門堂(京都)
大宝3年(703年)に奈良に建てられた。
平安遷都のときに京都洛北に移され、最澄が自刻の毘沙門天を安置したといわれています。
江戸時代に安祥寺の旧跡に移って現在に至っています。

ポチッとよろしく!

|

« 毘沙門天 その二 | トップページ | 誰に寄り添うべきか »

インド」カテゴリの記事

仏教」カテゴリの記事

民俗」カテゴリの記事

コメント

白獅子はキリストを神獣化したものかも。

投稿: コテツ | 2008年5月16日 (金) 07時53分

獅子は、スフインクスにも思えますねえ。

投稿: cova | 2008年5月16日 (金) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506332/40778563

この記事へのトラックバック一覧です: 毘沙門天 その三:

« 毘沙門天 その二 | トップページ | 誰に寄り添うべきか »