« 毘沙門天 その三 | トップページ | 三大ピラミッドは誰が? »

誰に寄り添うべきか

残念なことに、このような出来事が報じられました。

悲しいです。
シーシェパードと一線を画す事の必要性を、声を大にして叫ばないといけないようです。

鯨肉の紛失で? 西濃が被害届
(時事通信社 - 05月16日 14:01)

 日本の調査捕鯨船「日新丸」の乗組員が鯨肉を横領したとして、環境保護団体グリーンピース・ジャパン(GP)が告発状を出した問題に絡み、鯨肉を配送した西濃運輸(岐阜県大垣市)が16日、宅配中の段ボール1箱が盗まれたとして、青森県警に被害届を出した。

 GPは15日、鯨肉入りの段ボール1箱を4月16日に西濃運輸の青森支店で入手したと説明。送り主の了解は得ておらず、顧問弁護士は「形式的には窃盗かもしれないが、横領行為の証拠として提出するためで、違法性はない」としていた。 


もし、自分勝手に彼らのような行為をする権利が万人にあるとしたら、どうなりましょう。

世界は私的制裁し放題の、無法地帯と化すのではないでしょうか。

私の主張、間違っているでしょうか。

こういうと、感情的な意見が出るかも。

あなたは、横領に賛成か反対か。

議論のすり替えです。

自分が正義と考える行為のためなら、なにでも許されるなら司法制度は不要と化すのではありませんか。

聖書にもコーランにも、こういう考えがあるようです。

 人は、自分の正しいと思うことを思うように行ってもいい。
 その代わり、神の裁きがどうなろうと、自分で責任を持て。

仏教にも、似た考えがありますね。

 因果応報
 縁なき衆生は度し難し。

私たちは、自分がどの道を進んでいるか、常に見直したいですね。

ポチッとよろしく!

|

« 毘沙門天 その三 | トップページ | 三大ピラミッドは誰が? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

聖書・コーラン」カテゴリの記事

仏教」カテゴリの記事

コメント

悪を持って悪を制すは、さらなる悪道を正当化するはめになってしまうと思います。

投稿: コテツ | 2008年5月18日 (日) 20時59分

自分が正義というなら、正義にふさわしい手段を選ぶべきでしょうね。

まして、今回の場合は農林水産業など一次産業には付き物の自家消費的性格もあるので、取り扱いは慎重であるべきでした。

投稿: cova | 2008年5月20日 (火) 15時13分

ヤッホーcovaさん、元気?
確かに、鯨肉事件は、深刻ですね。
乗り組み員は、社内販売で合法的に売買しているようですしね。
そういえば、これは、貿易ですね。
貿易といえば…
ttp://www3.alpha-net.ne.jp/users/tkyjnken/topics51.htm

投稿: 夕口ー | 2008年5月24日 (土) 23時19分

いかに、一次産業に付き物の自家消費といえども、世間的に弁護しやすい方法でやっていたかどうかは、気になるところですね。

ただ、それぞれの業界慣例があるので、そこが扱いの難しいところかも。

靴…ですか。
これも深刻ですねえ。

その国の政府が、地域を支えている小規模経営を守る気構えがあるかどうかも、問われそうですね。

投稿: cova | 2008年5月26日 (月) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰に寄り添うべきか:

» グリーンピースと鯨肉持ち帰り [王様の耳はロバの耳]
「横領は土産以外」と強調=調査船鯨肉持ち帰り−環境団体(時事通信) - goo ニュース 報道によると数日前捕鯨船「日新丸」の乗組員12名を「鯨肉の横領で告発する」としていた環境保護団体「グリーンピースジャパン」が16日改めて記者会見した。 爺の頭を絞って考えると: その1:捕鯨母船「日新丸」の運行と捕鯨を管理する「共同配船」社の船頭と漁師が現場の慣行で「獲物の鯨肉を土産に持ち帰った」 その2:現場にグリーンピースのシンパ(共感者或いは協力者)がいて「鯨肉の土産」を乗り組み員が宅急便で送り出した... [続きを読む]

受信: 2008年5月17日 (土) 10時42分

« 毘沙門天 その三 | トップページ | 三大ピラミッドは誰が? »