« 神を想う | トップページ | 困難と神。 »

「ネコにゃんにゃん」 拍子とって見ました

踊りのしぐさを思い起こしながら、ふと思ったです。

フラメンコ、フラ、カチャーシー、阿波踊り、ガムランなどの南アジアの踊り…です。

どこか、テンポは違っても動きは似ています。

と、いうことは基本的な旋律も似ているのかもしれないです。

そういえば、フラメンコは強弱の拍子が繰り返されることを基本とした伴奏がつくです。

似たような動きをする踊りもまた、強弱の拍子にそってつけられた伴奏やお囃子、手拍子が背景に流れているのかです。

私には、前から気になっているひとつの歌があります。

出雲にいつのころからか伝わってきたと思われる、忘れ去られようとしている歌です。

「ネコにゃんにゃん」

 こんな曲が、あったんですね。
 ほんとに、ぜひこの耳で聞きたくなっちゃいますね。
 いろんな童歌を知るのは、おもしろいです。

おもしろいでしょ。

 猫は踊るようになったら、化け猫だと聞いたことがあります(笑)。
 頭に手ぬぐいを被って(のっけて?)踊るのだそうです。
 でも、見たという話も・・・聞いたような。。。。
 そうそう、襖を開ける猫はたくさんいるようですが、
 それを閉めるようになると、やはり化け猫だとか。

この歌で踊っている猫たちが、化け猫かどうかですか。
ちょっと、わかりかねます。

この歌をいろいろ口ずさみながら、手拍子の間のとり方を、いろいろ試して見たのです。

どうも、“とん!!た!とん!!た!・・・”と、強弱のある拍子があわせやすく感じていました。

 やっぱり、2拍子とか、4拍子系が合いそうですねん。
 私は、三三七拍子をゆっくりさせたパターン“トン・トン・ト~ン”(四分音符→四分音符→二分音符)で、勝手に歌ってみました(笑)。

でも、どんな曲の流れが歌をのせやすいのかです。

「あ、ひょっとして!」

手拍子を打ってみたのです。

自分の知っているフラメンコの曲は、そう多くないです。

でも、ものはためし・・・です。

なんだか、のせやすいです。

カチャーシー…です。

なんだか、いい感じ?

すくなくても、琉球の人々は西日本の先住民の子孫なはずです。

ってことは?

「ネコにゃんにゃん」

西日本先住民文化のなごり?

まだまだ、思索は続くです。

これは、感性の問題が大きいから、かえってつっこみにくいでしょうか。

 この歌って、曲がわからないのですか?
 うーん、気になるぅぅぅ。。。。。

 にゃんにゃんのん にゃんにゃん にゃんにゃんのん ・・・

 この歌、ずううと気になっていました。
 とても可愛い歌詞。
 猫が踊っている様子が、浮かぶんだけど。
 音楽の才能が全くない私には、メロディが浮かんできません。

実は、この歌は『神奈備』と言うサイトで見つけたのです。
「振り出しの部分だけで、二番三番・・と続いている」
「みんなで手をたたいて囃し立てるような本当に愉快で楽しい歌」
わかっているのはこれだけという、謎の多い歌なのです。

日本には猫が踊ったという話は、多く残ってます。

でも、囃し立てた記憶が残っているという点では、とても貴重な歌なのです。

 出雲と言えば、どうしても「出雲の阿国」を思い出しますが。
 これも、なにか関係性はあるんでしょうかねえ。
 阿国の踊りなんかは、西洋の踊りにも通じる部分がありますし。

わたしも、出雲の阿国との関連は疑いたいって気はしますね。

猫には、踊ってるように見える写真が撮られる場面が多いですし。

 実際に歌った方がおられるんですね。
 ますます興味が尽きませんね。

 それに、招き猫の由来にもあったように、ねことめこ(女)を重ねる例は多いのですね。

「ねこ」と「みこ」と見ても面白いかもです。。。

「ねこ」が祭司や巫女のような、神の言葉を受け取ったものとする思想は、かなり古代には盛んにあったと見ても面白いです。

 音楽にもシンプルなのに、はまる部分がある楽曲がありますよね。

それは、ありますね。

ラベルの“ボレロ”なんか、インパクトありますね。

 ヨーロッパ系の踊りはワルツとか、3拍子系が多いですよね。
 日本人が最も苦手とする拍子らしいです(笑)。
 「ボレロ」は私も大好き。
 先日、某身内の音楽会で、こんな経験しました。
 「ボレロ」のリズムを手拍子、足拍子、ボディー拍子なんでも良いから曲に合わせてとって、クレッシェンドしていきましょう!
 更に、この曲の魅力にハマってしまいました。

たのしくって、聴いてみたい、歌ってみたい、そういう歌で歌い方がわからんのはちょっと気になりますよね。

 ゲージュツのものって、世界の境界線がなくなってるような。
 共通してるものってあるもんですねえ。

意外な地域と、似てたりするものですね。

追記

出雲の童歌「ネコにゃんにゃん」の歌詞はここに収録しています。

この歌についての情報募集中です
http://cova-nekosuki.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_78ef.html

ポチッとよろしく!

|

« 神を想う | トップページ | 困難と神。 »

音楽」カテゴリの記事

神道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ネコにゃんにゃん」 拍子とって見ました:

« 神を想う | トップページ | 困難と神。 »