« 日本の猫と欧州 | トップページ | 鳥が飛ぶ正倉院 »

夢に一歩、踏み出すとき-自分を励ましたい人へ-

こういうときだからこそ、展望が要るでしょう。

展望を指し示せる人物が要るでしょう。

思い切った展望を打ち出して、方向を示すのは自分であると、大胆に売り込むチャンス、と思いますよ。

冷静になって、自分を売り込むにはどうしたらいいか、探った方が良いでしょう。

ここで、短気と自棄をおこしたら、自分をもっと追い込むことになるでしょう。

つらいのは貧しいことより、孤立すること、展望のないこと、と言われるでしょう。

孤立してないなら、次は、展望と可能性を広く探ることではないでしょうか。

でもしか独立と思うより、夢に向かって一歩を踏み出すと大見得を切っちゃう方が良いのでは。

開き直る手もあるでしょう。

でもしか独立じゃない、目的を持った独立へと、発想を切り替えて準備を平行していったほうが良いのでは。

今は、就職が安定と安心に結びつく時期ではないだけに、例え就職できても目的への足がかりにするくらいの気持ちで居た方が良いのでは。

気が乗る、乗らない、それで健康まで左右されちゃうようでは、なれない仕事で無理して心身傷だらけは避けた方が良いのでは。

当面は家賃払えて食べられればいい、いやな仕事で心身ボロボロよりまし、そう思えてきたなら、独立の方向で検討した方が良いのでは。

それより、目的実現に向けてアホになりきれるかどうか、の方が問題でしょう。

クールな頭とホットな心で、目的に向かって周りを巻き込めるくらいアホになれた方が、気が楽かも。

何を選ぶにしても、どうやれば生かせるか、見るってことでしょうね。

低賃金短時間のパートでも、家賃払って食べていけて時間はたっぷりと思えば、その時間をどう使うかを考えることになるのでしょう。

高賃金長時間の正社員なら、ボロボロにされないうちに抜け出そうと思えば、その賃金どう使って目的達成に生かすか考えることになるのでしょう。

見方次第ってことでしょうね。

どっちみち、夢に向かって行動する気なら、調子のいいときは誰でもやりたがる、前途多難でみんなが二の足を踏むときこそチャンスという見方もあるかも。

困難な時期を乗り越えられた実績は、強みになるのでしょう?

良いときは、どうなるかわからないリスクにたじろぐ、悪いときは、これ以上落ち込みたくないと保身に走る、そうやって夢は夢に終わっていくのが、大半の場合でしょう。

でも、今は何か失うものありますか?

命くらいでしょう?

どうせ見えない先ならば、夢を追いかけた方が、生きてて楽しいかも。

ポチッとよろしく!

|

« 日本の猫と欧州 | トップページ | 鳥が飛ぶ正倉院 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506332/42900836

この記事へのトラックバック一覧です: 夢に一歩、踏み出すとき-自分を励ましたい人へ-:

« 日本の猫と欧州 | トップページ | 鳥が飛ぶ正倉院 »