« 日本の猫はいつからいたか。 | トップページ | ザビエルはなぜ、大日と言う訳にあわてたのか? »

ひき目鉤鼻とギリシャ?

「日本海沿岸は一県おきに美人がいる」という、通説があります。

秋田・新潟・石川・京都・島根の各県です。

 一県おき、ってなんか気になるなあ。

 島根の美人ルーツも、気になるところ。

特に、秋田美人が有名ですけどね。

 秋田美人は、京美人、博多美人と並び、日本三大美人といわれます。
 みんな、日本海側ですよ。
 太平洋側にはいないんですかね、美人。

東北六県、それぞれに全国に誇れる美人はいます。

ただ、なぜか美白などの点で他県を群を抜いて比率が高いようです。

 東北には、いわゆる瓜実顔と言われる顔の美人が目立ちますよね。

瓜実形の特徴は、面長で奥二重、頬から顎にかけてすんなりした優しい線です。
鼻筋が通っており、目は一般にすがすがしいと言われるすっと横長に伸びた形です。

ことに「秋田美人」は、肌は白人並みに白く艶があり、長身でスタイルが良いので有名です。
典型的な秋田美人の顔は、その輪郭・目鼻立が、なんとミロのビーナスに瓜二つと言います。

 或化粧品メーカーが、県南部、つまり大曲・角館・横手・湯沢周辺の平均的な女性を選んで調べた結果だそうね。

大陸・白人系の血を引いているからではないか、と言う調査結果もあります。
今でも「先祖がえり」というか、青い眼の子供が生まれると聞きます。

世界で言う三大美人は、クレオパトラ7世、ヘレネ、楊貴妃です。

 ヘレネは、ギリシア神話に登場する女性ですよね。

ちなみに、ミロのビーナスもまた、古代ギリシャが生んだ世界が認める美の傑作です。

そして、典型的秋田美人がミロのビーナスとその輪郭・目鼻立が瓜二つと言います。

 日本で言う世界三大美人ではヘレネの位置に小野小町が、きますけどね。
 小野小町は、クレオパトラ7世、ヘレネ、楊貴妃で、ヘレネと並ぶ美女となっても良い位の世界的美女だった可能性がありますね。

ここで気になるのは、平安美人の条件であった「瓜実顔」と「ひき目」と「かぎ鼻」です。
 
 目や鼻の形を絵巻などで見ると、すっとひかれた目、漢文の返り点のような鼻、ですよね。

秋田美人の顔の特徴を、誇張したらどうかです。

 あ、「ひき目」と「かぎ鼻」で描けませんか。
 しかも「瓜実顔」ですよ。

当然でしょうね。

平安美人の条件であった「瓜実顔」と「ひき目」と「かぎ鼻」、これの典型が秋田美人ですよ。

 けれど、平安美人の条件はこれだったのではないですか。

 色白
 やや太り気味
 ひき目
 しもぶくれ
 額が広い
 おちょぼ口
 かぎ鼻
 
 どう思いますか。

気になるのは、これでしょ。

やや太り気味
しもぶくれ
額が広い
おちょぼ口

やや太り気味は、ふくよかとみれば、今ならさしずめグラマーと言って良いかも。
しもぶくれは、ふっくらした頬と言うことで、ヨーロッパでも「リンゴのような頬」などの表現があります。
額が広いと言っても、知的と言われる程度ですよ。
おちょぼ口と言っても、大口じゃないと言う位の意味です。

今、誤解されているような平安美人の基準から言ったら、秋田美人の代表とされる小野小町が平安時代を代表する美人と呼ばれなかったはずでは。

 オカメとヒョットコは、誇張に過ぎないのでしょうね。
 紫の上は、どんな顔だったのか、興味ありますね。

紫の上は、紫式部の古典『源氏物語』のヒロインですけど、架空の人物。
どんな顔を、想定してたのでしょうね。

白塗りの顔も、レフ版の原理で、暗がりの中で揺れる炎の照れされ彫りの深い顔がより誇張されるのを、防ぐ狙いが感じ取れます。

日本の強い日差しから肌を守る、今で言うUVカットの目的もあったかも。

 平安貴族の中心には皇族があり、皇族を中心とした天孫一族には、北方騎馬民族説がありますね。

騎馬民族かどうかは、さておき。
天孫一族が、日本から見て北方の民族であった可能性は見ても良いのかも。

ポチッとよろしく!

|

« 日本の猫はいつからいたか。 | トップページ | ザビエルはなぜ、大日と言う訳にあわてたのか? »

歴史」カテゴリの記事

ギリシャ」カテゴリの記事

コメント

司馬遼太郎氏は、日本の代表的な美人の産地を秋田と島根県の出雲と言ってました。
出雲は古代から朝鮮半島との交流が盛んで、朝鮮系の美人なのだそうです。

王朝時代から京都のお公家さんたちは、女奉公人を出雲から呼ぶ伝統があったというので、京美人は出雲美人の末裔ということになるらしい。

投稿: 島根県の美人ルーツ | 2010年7月30日 (金) 13時39分

まだまだ、データを集める必要を感じますね。

投稿: cova | 2010年7月31日 (土) 08時32分

こんにちは、(o^-^o)

「尾張名古屋は昔から美人の産地であった」
http://dd-extreme.at.webry.info/200612/article_3.html

人国記では、山城国(現京都府南部)と伊勢国(現三重県中央)が
美人の産地とされていました。知っていましたか?

どんな美人だったのでしょうね。

投稿: 太平洋側の美人 | 2010年7月31日 (土) 17時55分

ドイツ人の顔は、目は小さめ、彫りの深い顔をイメージする人って多くないですか。

ドイツって、顔の輪郭が四角くてがっちりしている人も、多いですね。

髪の色を無視すると名古屋顔は、どことなく雰囲気は似てるようにも思えますけれど。

今は地域間の交流が活発化して、特色は薄れ気味かもしれないけど、昔はもっとドイツ的だったりして?

投稿: cova | 2010年7月31日 (土) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひき目鉤鼻とギリシャ?:

« 日本の猫はいつからいたか。 | トップページ | ザビエルはなぜ、大日と言う訳にあわてたのか? »