« おんぶ?抱っこ? | トップページ | 日本の猫はいつからいたか。 »

秘仏と神社と神殿と?

汝、 われを見しによりて信ず。見ずして信ずる者はさいわいなり

 ヨハネ伝、あるいはヨハネによる福音書の第20章ですね。

ええ、なにか日本に似た言葉があると思うのでは。

 秘すれば花なり秘せずは花なるべからず

 能の大成者と言われる世阿弥の「風姿花伝」にある言葉です。

 ひょっとして、秘仏を思いながら話してるのですか。

ええ。

この構図、何かに似てるのですよね。

 崇拝されなければならないのに、秘せられる存在。

 あ!

 聖所と至聖所からなる、構図に似通ってますね。

そう、似通った構図は神社にもある、ユダヤ教の神殿ですよ。

 わたしゃ、古代エジプトにも似たものがあったなと。

確かにあるでしょうね。

 どこかで、古代エジプトと、ユダヤ教とキリスト教と、日本の仏教は繋がってるのでしょうか。

何言って良いか、困りますか。

 いや、古代の文化の繋がりは感じますよ。
 私たちの想像を超えるものが、あると思います。

ほかには、どうですか。 

 繋がりとみるより、人間が考える共通のところのような気もするのですが。

人間が考える共通のところ、そう見えるのは聖書が言う「セムの天幕にヤフェトが住む」に由来する可能性はどうでしょ。

 えーと、私はクリスチャンなんですけれどね。
 他の宗教との繋がりって、時々感じます。
 思うに・・・神というか、全能の存在というのはねえ。 
 ただひとつで、宗教はそれぞれその「信じ方」が違うのかなぁ・・・と。

 宗教はその土地に合った説明なのでは、ないのかなぁと。

さあ、みなさんは、どうですか。

|

« おんぶ?抱っこ? | トップページ | 日本の猫はいつからいたか。 »

民俗」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

聖書・コーラン」カテゴリの記事

仏教」カテゴリの記事

神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秘仏と神社と神殿と?:

« おんぶ?抱っこ? | トップページ | 日本の猫はいつからいたか。 »