« ひき目鉤鼻とギリシャ? | トップページ | 児童ポルノとどう向き合う? »

ザビエルはなぜ、大日と言う訳にあわてたのか?

フランシスコ・ザビエル(Francisco de Xavier または Francisco de Gassu y Javier)は、1506年4月7日に生まれ1552年12月2日に46歳で没します。

 日本では、1549年に初めてキリスト教を伝えたことで知られてますね。
 カトリック教会の宣教師で、イエズス会の創設メンバーの1人でしょ。

ザビエルは、彼の生家である城の名でもあったのです。
出身は現在のナバラ州、当時はバスク語ではナファロア王国と呼ばれたナバラ王国です。

 ザビエルって、バスク語で「新しい家」の意味であるEtxebarriaのイベロ・ロマンス風訛りでしょ。
 ちなみに、家 (etxe)と新しい (barria)を合わせた言葉ですよね。
 ラテン語にありがちな、形容語句が後に来るパターンですね。

フランシスコ・ザビエルは、日本だけでなくインドなどでも宣教を行っています。

 インドって言えば、タミル語と日本語の関連を大野晋が指摘してますね。
 そんな事、ザビエルが知ってるとは思えないから、偶然でしょうけど。  
 
 多くの人々をキリスト教信仰に導き、その数は聖パウロを超えるほどと言われますね。

ザビエルが日本に来たきっかけは、こうです。
インドからマラッカに渡って宣教を行いながら、信徒たちの世話を行っていたとき鹿児島出身のアンジローとも伝えられるヤジロウに出会ったから。

 ヤジロウはヤジロー、アンジローまたはアンジェロとも呼ばれ、1511年(永正8年)頃 から 1550年(天文19年)頃の人と見られていますね。
 資料上確かな日本人最初のキリスト教徒の一人で、ザビエルとの出会いは1547年12月。

 ヤジロウの話を聞いて、ザビエルの日本行きが決まるのでしょ。

余談だけれど、バスク人に逢った日本人はたいてい、気質が近いとか、親近感を覚えるとか、言うようですね。
バスク語は、日本語との親族関係も指摘された事があるくらいだから、その点からも日本を見たくなったのかも。

 で、今回は何を言いたいの。

ヤジロウは最初、キリスト教の神を「大日」と訳して「大日を信じなさい」と説いたのです。
それで仏教の一派と勘違いされ、僧侶に歓待されたこともあったのです。

 「大日」の語をやめたのはザビエルが誤りに気づいたからで、「デウス」というラテン語をそのまま用いるようになりますよね。
 「大日」と訳したのは通訳を務めたヤジロウのキリスト教知識のなさから、と言われますね。

ええ、それ以後、キリシタンの間でキリスト教の神は「デウス」と呼ばれることになります。

でも、「大日」と訳して何が誤りだったのか、研究者達も首を傾げるようです。

 「大日」とは、「大日如来」でしょ。

大日如来は、梵名を マハー・ヴァイローチャナ (महावैरोचन [mahaavairocana])と言います。
密教の一派である空海の開いた真言宗では、究極的には修行者自身と一体化すべきものとされた最も重要な仏陀です。
その光明が遍く照らすところから遍照、または大日とも呼ばれます。

密教において、宇宙そのものと一体と考えられる汎神論的な如来、つまり法身仏の一尊です。

大日如来は、大日経とも呼ばれる大毘盧遮那成仏神変加持経の教主です。
大日経の説く、胎蔵曼荼羅中台八葉院九尊の主です。
また、金剛頂経の説く金剛界曼荼羅五智如来の中心ともされました。

密教の根本尊である大日如来の化身とされる不動明王は、内心の決意つまり内証を表現したものとされます。

 大日如来は、その名から想像される通り太陽神と見て良いでしょうね。
 
「大いなる日の如く来られる」と解釈すれば、太陽にもたとえられる存在です。
太陽神と思っても良いかも知れないけど、厳密に言えば太陽の如き神です。

 聖書の神も「義の太陽」と呼ばれる「太陽の如き神」、その意味では「大日」と訳されても良いように思えますけど。
 それに、ヨーロッパ布教ではキリスト教伝来以前の太陽神信仰と習合させたでしょ。

そう思えば、ヤジロウが大日と訳したのは間違えではないように見えませんか。

 でも、ザビエルは必死になって打ち消そうとしていますよ。

私には、日本の仏教が抱えていた事情が原因にあるように思えますね。

 神仏混交、本地垂迹ですか。
 東南アジアでも、仏教と現地宗教との習合はありますよ。

本地垂迹の本地とは、諸々の神の本来の姿・本体が仏や菩薩であると言うこと。

本地垂迹の垂迹とは、仏や菩薩が救済する衆生の能力に見合った姿の神様になってこの世に垂迹つまり出現すると言うこと。

そう、理解できないでしょうか。

 衆生の能力に見合った姿、能力別ですね。
 理解できる姿で、現れるということね。

そう思っても、良いかも。
言い換えてみますね。

本地とは、仏が相手に合わせて姿を変えられて数々の菩薩や観音となること。

垂迹とは、菩薩や観音が自分が救うべきものに見合った神となられて現世に来られると言うこと。

 そう解釈すると、筋が通る気はするね。
 でも、何が問題なの。

大日如来を本地とすれば、垂迹となる神は何かです。

 太陽繋がりと言えば、天照大神でしょうね。

女性神の天照大神は、男性神の天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやのみこと)が、元とされます。

天照国照彦は、『古事記』に天火明命、『日本書紀』に火明命、または天照国照彦火明命とも記される神です。

天皇に率いられた天孫一族の祖先神として、崇められます。

 大日如来は、天皇に率いられた天孫一族の祖先神として崇められた、天照大神と同じ神ですよね。
 そうか、それはザビエルも弱ったでしょうね。

聖書の神を大日と訳すと、天皇に率いられた天孫一族の祖先神として崇められた、天照大神と同じ神になってしまうのですよ。

 つまり、天孫一族は聖書の神の末裔となってしまうのですね。

 まさに、釈迦に説法になってしまいますね。
 それに、バチカンの立場なくなってしまうでしょうねえ。

それだけじゃないですよ。

聖書の神を本地とすると、どうなるかです。

 イエスを本地としたら、垂迹は預言者でしょうか。
 ちょっと変ですよね。

 ヤハウエを本地とすれば、垂迹はイエス。

でも、正統派を名乗るキリスト教会は、ヤハウエを御父でイエスを御子としますよ。

つまり、正統派の主張する「御父はヤハウエ、御子はイエス、聖霊はルーハの三位一体」が通用しないってことでしょう。

 ところで三位一体というの、どうなのでしょ。
 どうもよく、理解できないんですよね・・・。

 原始キリスト教には、確かこのような考え方はなかったと思うのですが。

三位一体なんて考え、原始キリスト教には当然なかったはずです。

イエスの洗礼では、御父の祝福が天から聞こえ、聖霊は頭上に舞い降りたのです。

それを目撃した人々の記憶が生々しい時代の原始キリスト教に、三位一体説が興りようがないです。

それに、聖書には「主なる神は言われる」とあり、コーランには「アッラーはこういうお方」とあります。

イエス自身、「イスラエルよ聞け。われわれの主なる神は唯一である」と言われてますね。

 ここで言う「われわれ」の中には、イエスも含まれるはずでしょ。

つまり「主なる神」はイエスではなく、御父ということです。
 
 コーランは、聖霊とともに地上に使わされた特別な預言者と指摘してましたね。

聖書でもコーランでも、語りかけておられるお方は預言者であるイエスであり、聖書で言う主なる神や、コーランのアッラーは御父と見る方が、すっきりするのです。

 唯一神は、絶対三神が構成するユニット名と見る方が良さそうですね。

 絶対三神を、「御父はエロヒム、御子はヤハウエ=イエス、聖霊はルーハの唯一神会」と見れば適用出来るってわけね。

通説を投げ捨てて、無理に唯一神会説に転向して大日と訳してもザビエルは窮地に陥るだけなのです。

 でも、聖書の神の末裔は変でしょう。

だったら、エルサレム教団の末裔ですか。

 どっちにしても、血の繋がらない教皇の立場ないでしょ!

大日と言う訳を、必死になって打ち消しに回ったザビエルの困りきった顔が目に浮かぶようですね。

 原罪とかも訳、変なんじゃないですか。

原罪の訳そのものに、変なところはないですよ。

それよりも、原罪に対する教会内部の認識に、断固とした統一見解はないと言うのが実態のようです。

 原罪の理解は、キリスト教の教派によって大きな差があるというのですか。

なかには、原罪という概念自体を持たない教派も存在しますから。

 正統派とされる解釈から、原罪そのものを否定することは異端の烙印を押されていますけど。

歴史的に見れば、例えばローマの修道士であったと伝えられるペラギウスによって唱えられたペラギウス主義が原罪否定派でした。

 ペラギウスは、5世紀頃の人と言いますね。
 初期キリスト教の教説を説いた人物の一人でしょ。
 当時は、かなり支持をあつめた教説なようですね。

ペラギウスの一派は極めて真剣なキリスト教徒であったので、時の教皇も異端と断じることはできなかったと言います。
寧ろ当時の教会内部での派閥争いに敗れて、異端の烙印が押されたのが真相のようですね。

原罪とは、結局のところ失楽園やイエスの磔刑をどう捉えるかの問題と言えるかも。

|

« ひき目鉤鼻とギリシャ? | トップページ | 児童ポルノとどう向き合う? »

歴史」カテゴリの記事

聖書・コーラン」カテゴリの記事

仏教」カテゴリの記事

神道」カテゴリの記事

インド」カテゴリの記事

コメント

 ところで三位一体というの、どうなのでしょ。
 どうもよく、理解できないんですよね・・・。

三位一体とは目的が一致しているという意味では間違ってないと思います。
原始キリスト教会が背教してから真理が失われ、神には骨肉の身体がなく霊の状態としているので三者の存在も一体となっているとしているようです。

投稿: ペプシコーラ | 2012年7月12日 (木) 19時50分

三位一体とは、御父と御子と聖霊の区別をどこで付けて良いかわからなくなった、神学の混乱の産物でしょうね。

パブテスマの際、上から順に、御父の声、聖霊、イエスと並んだわけでしょ。

明らかに、御父と御子と聖霊はそれぞれ独立した存在であることはイエスの時代の人は知っていたはずですよ。

それにイエスは苦い盃を退けてくださいとぼやいた後でやはり御父に従うでしょ。

御父と御子と聖霊は、一心同体であろうと努めている方々であり、御父の元に唯一神界を構成していると見る方が、すっきりしますね。

投稿: cova | 2012年7月13日 (金) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザビエルはなぜ、大日と言う訳にあわてたのか?:

« ひき目鉤鼻とギリシャ? | トップページ | 児童ポルノとどう向き合う? »