« 選挙に行かないのは、政治不信か。 | トップページ | 禰子だって闘う? »

岩佐又兵衛とギリシャ美人?

完璧な姿で出土することの少ない古代ギリシャ彫刻の中で、珍しく「クニドスのデメテル」はほとん ど完璧に残っています。

ギリシャ東部のクニドスという地方から発掘された、最高神ゼウスの正妻ヘラの姉妹のデメテルという女神を作った像です。

せっかく、顔がちゃんと残っている作品なので、確かめて見てくださいね。

岩佐又兵衛は、天正6年(1578年)から慶安3年6月22日(1650年7月20日)に生きた、江戸時代初期の絵師です。

 聞いたことない名前ですね・・・。
 いや浅い学びだから・・・。

どっちかというと、マイナーな画家かも…。

岩佐又兵衛は、大和絵と水墨画を融合した画風を確立したと評価されます。

岩佐又兵衛の作に描かれる人物について、千葉市美術館の説明にはこうあります
「豊かな頬、長い顎、芝居がかった大仰な仕草や熱っぽい姿の群衆、人物を描く流暢なそれでいて画面に食い込むように強靱な線」

岩佐又兵衛のいくらか誇張気味とはいえ「豊頬長顎」と通称される「豊かな頬、長い顎」こそ、「クニドスのデメテル」の顔の特徴に思えないでしょうか。

たまたまでしょ、でしょうか。

じゃあ、ミロのビーナスの顔、どうです。

「豊かな頬、長い顎」、そう見えないでしょうか。

世界三大美人は、ほとんどの国で「クレオパトラ7世、ヘレネ、楊貴妃」とされます。

ヘレネはギリシア神話に登場する女性、やはり「豊かな頬、長い顎」に描かれるように感じられるです。

岩佐又兵衛は、摂津国河辺郡伊丹(現在の兵庫県伊丹市伊丹)の有岡城主荒木村重の子として生まれた人です。

日本を代表する美人、秋田美人。

この秋田美人の典型顔は、なんとギリシャが生んだ美の典型の一つ、ミロのビーナスの顔だそうです。
東北六県の美人、程度の差こそあれ似た傾向の顔です。

そして、平安美人を特徴付ける「ひき目、かぎ鼻、瓜実顔」もよくよく見れば、秋田美人の特徴でもあります。

「日本海沿岸は一県おきに美人がいる」という通説によるとその各県とは、秋田・新潟・石川・京都・島根です。

 九州も含めれば、福岡もそう言えるかもね。

さて、岩佐又兵衛の生地である兵庫県は京都の隣、島根も鳥取が間に入るとはいえ、ご近所と言って良いかも。
そして、島根は西日本の中の、東日本の飛び地のような土地なのです。

だとすると、島根美人も東北六県の美人と共通する特徴の可能性があります。

つまり、岩佐又兵衛が思い描いた美男美女は、ギリシャ風なのでしょうか。

 岩佐又兵衛は、ちょっと変わった経歴の絵師ですよね。

 父荒木村重は戦国武将としては、最低男の汚名がとどろいていたからねえ。
 息子の岩佐又兵衛は、苦労したんじゃないかなあ。

誕生の翌年、村重は織田信長に反逆を企て、失敗。
落城に際して荒木一族はそのほとんどが斬殺されるが、数え年2歳の又兵衛は乳母に救い出され、石山本願寺に保護されて、母方の「岩佐」姓を名乗るようになる。

そう、Wikipediaにはありますね。

 荒木村重は、信長に謀反を起こしたんだけど…。
 武将のくせして、ひとりだけさっさと逃げたんで評判が悪いの。

 で、描く絵はなぜか平安絵巻を得意としたのですよね。

 クニドスのデメテルを、見てみたの。
 そしたら、ま、岩佐又兵衛描く女性に顔かたちがそっくり。

 彼の理想の平安美人は、ギリシャ美人なのですねえ。

それに、平安絵巻や古墳壁画の下膨れ美人を、リアルに描くと、多少誇張気味とは言え岩佐又兵衛風になると思えるのですけど。

どんなもんでしょ。

 狩野内膳に学んだというのは、確かのようだけどね。
 土佐派や雲谷派の誰に学んだか、はっきりしないのね。

恐らく、それぞれの派に属する無名画家が師匠だったという説もありますね。

 今日、東京国立博物館で岩佐又兵衛の絵を見たの。

 題材は、中国の美人だったけど
 瓜実顔で長い顎が、特徴だったなあ。

 岩佐又兵衛の長い顎は、かなり誇張されているけど。
 別の室にあった歌麿の美人画も長い顎だったよ。

 一方、洛中洛外図の女性はみな下膨れだったね。
 江戸期の岩佐又兵衛や浮世絵の女性は、引き目で顎が長いけどねえ。
 下膨れではないよね。
 その方が、ギリシャ彫刻に似てると言えるのでは。

でも、ギリシャ風の顔かもって、意識して見ると今までと違った感じでしょ。

ポチッとよろしく!

|

« 選挙に行かないのは、政治不信か。 | トップページ | 禰子だって闘う? »

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

ギリシャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩佐又兵衛とギリシャ美人?:

« 選挙に行かないのは、政治不信か。 | トップページ | 禰子だって闘う? »