« これも、かんなび? | トップページ | 義経とキリスト教? »

アッラーは、聖書で言うと?

コーランの神と言うと、どなたと思いますか。

 「アッラー」ですか。

ええ、「アッラー」です。

ところが、「主」と言う表現が「アッラー」についての文脈にあるのです。

旧約、新約、共に、「主」と言えば「御父」ではないのでしょうか。

 そう言えば、イエスもヤハウエも「主は言われる」と仰っていますね。
 
 イエスもヤハウエも、御自身の言葉に敬意の表現はないですね。

やはり同じ「主」とされる、アッラーはエロヒムではないのでしょうか。

“(א     ל   ה   ( י     מ”=“唯一絶対神(複数)”
“アレフ ラメッド ヘー (ユッド メム)”

“エロヒム”は、綴りを見ると、“アッラァヘッム”を、強めの口調で一気に言ってるように見えるのです。

 比較的丸唇で発声すると「エロヒム」、比較的平唇で発声すると「アッラー」、同じ神ね。

 でも、ヤハウェあるいはエホバ、アラー、イエス・キリストは同じ神であるという、見方もあるけど。

イエスが絶対三神を代表して私たちに臨んでおられるので、誤解を恐れずに言えば、アラーとイエス・キリストは同じ神と言う見方をしても良いでしょうね。

 コーランの神は、アッラーしか知られてませんものねえ。

 聖書だと、エロヒムとヤハウエが知られてますけど。
 新約も含めれば、イエスも…。
 
そう見れば、旧約、新約、コーラン、ともに主の御声を御子が地上に伝える構図となるでしょうね。

 でも、コーランにはこのような言い回しもありますよ。
 「わしにはこどもはおらん」

でも、“わし”と名乗られるお方が御子自身としたら、どうでしょうか。
 
 あ、「わし」とあって、「アッラー」ではないですねえ。

しかも、「わし」を名乗られるお方は、ムハンマドや人々に気さくに語りかけていらっしゃるのです。

 威厳はあるけど、それでいて洒落っ気や茶目っ気も感じますね。

「アッラー」の言葉は、言伝の形になっているのです。
そして、「わし」を名乗られるお方は「アッラー」に敬意を払っていらっしゃるのです。

 「アッラー」の言葉も、威厳はあるけど、それでいて洒落っ気や茶目っ気も感じますよ。
 言葉自体の雰囲気が似ているから、混同してしまうけど…。

 確かに、「主は言われる」と「アッラーは言われる」ですから、似てますね。

ところで、“アレフ ラメッド ヘー (ユッド メム)”で連想される文字が、コーランにあります。

 アレフ、ラーム、ミーム、と読む、コーラン学者の用語では「省略文字」と呼ばれている謎の三文字ですね。
 このような文字の使い方は、アラビア語の中では前例がない。

 エロヒムの綴りである5文字が、変化した可能性は強い類似から否定できません。

 でも、三神を指す似た言い回しが日本にありますよ。

 蹴鞠の掛け声、「アー、リャ、オー」ですよ。

ええ。

「アー、リャ、オー」と似てるのは、気になるのです。

「アレフ、ラーム、ミーム(で表される三神がおいでになる)」

そう言いたいのかも。

コーラン知らんと言いようがない、これ困るわって言われそうですね。

 降参です。

 コーランは、知らないからなあ・・・。
 これからは、必須の知識ですね。

じゃ、ムスリムはコーランを知ってるかと言えば、残念ながら自分でまともに読まずに聖職者を名乗るものに従っているだけのものが多いのでしょうね。

そして、キリスト教徒も、ユダヤ教徒も、事情は残念ながら大差ないのでしょうね。

読んでいれば良い方、多くは分厚さにめげて読まず開かず、解説だけに頼るものが大半なはずです。

そういう私も、仏典はさすがに数にめげて解説で間に合わせてる方が多いですけど。
 
 キリスト教の三位一体すら、よくわからないのに。
 これはまた難しい・・・。

三位一体は、クリスチャンでさえ、理解出来ないで難解ゆえに有難がっているのが実態なはずです。

 理解できてこそ、神の有難さを本当に実感できるはずですのに。

絶対三神の御父と御子と聖霊は、それぞれ別神格であるばかりか、別存在であって、唯一神会を結成してunit名として「唯一神」を名乗っておられると見る方が、自然に見えますねえ。

民俗学や伝承研究を通じて私の知り合った人は、ほとんどがイエスをヤハウエと同一視できない三位一体を馬鹿にしてましたね。

ポチッとよろしく!

|

« これも、かんなび? | トップページ | 義経とキリスト教? »

民俗」カテゴリの記事

聖書・コーラン」カテゴリの記事

アラブ・アラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アッラーは、聖書で言うと?:

« これも、かんなび? | トップページ | 義経とキリスト教? »