« 胡瓜封じ | トップページ | 徐福。 »

小林氏。

小林姓は、全国に分布しています。

 全国でも、十位以内にはいる多さでしょ。

丹波篠山にある沢田城主小林氏は、南北朝の争乱期、山名氏にしたがって上洛、その有力部将として守護代に任じられたものの子孫とされています。

室町時代初期、上野一揆の有力国人としても小林姓が見えています。

戦国時代はじめの甲斐国東山梨郡に小林尾張守の和泉守という豪族があるのです。

同じく甲斐国巨摩郡には、信濃から移住したという小林氏がいたのです。

信濃の隣の越後国では上杉謙信の侍大将の一人に、小林左馬介の名があるのです。

江戸時代の長岡藩士や米沢の上杉の家臣にも、小林氏が見られます。

 元禄赤穂事件で有名な、三河吉良氏の家臣に小林平八郎がいるね。

 上杉から三河吉良氏にいって、事件に巻き込まれたとされてます。

さらに上総・下総・相模に平姓小林氏、下総・甲斐・三河・大和に藤原姓小林氏、東北の羽前・飽海郡、岩代・合津郡から発祥した小林氏があるのです。

特に、長野県では一位、新潟や山梨では二位、北関東三県でも二位、三位を占めるのです。

 関東甲信越に、多い苗字ですね。

小林氏は家紋の種類も多く、代表紋とよべるものはなさそうです。
 
 出自が多流に、およぶからでしょうかね。

とくに多用されているのが桓武平氏の代表紋とされる「揚羽蝶」で、武蔵・上総・下総・相模の各小林氏はこの紋を用いて、桓武平氏を称しています。

その他、「輪違い」「揚羽蝶」「蔦」「酢漿草(カタバミソウ)」「三階松」「梶の葉」などがあるのです。

 「酢漿草」といえば、「剣方喰(ケンカタバミ)」を藤原氏と共有する一族もあるのですよね。

 それぞれ出自を反映したものと思えるけど、多彩ね。

小林とは文字通り小さな林であり、まだ若い成長途上の若林の意味にも使われたのです。

また、小林の小は「オ」と呼んで美称の接頭語を表します。

 「おはやし」は、「お囃子」に通じますね。

 祭りにも、関係あるでしょ。

小林氏には、神官が多く見られます。
これは、木を伐採したのち山の神を祭ることに由来するようです。

 鎮守の森も、小林姓とつながるでしょうね。

伊勢の度会姓小林氏、大和宇陀郡小林の大神姓小林などがあるのです。

ほかにも、魚沼郡にある越後一宮弥彦神社の神官に小林氏がいたのです。

 下田の八幡神社にも、神官に小林氏がいたでしょ。

 小林氏をたどったら、肥田氏もでてきましたね。

そうです。

さらに、肥田氏は秦氏にさかのぼれるかも知れないです。

 古くから肥田氏のいた関東は、秦氏の一大勢力を構えた土地で、しかも「はた」はもとは「はだ」ですもの。

小林氏と肥田氏の接点が見えたのは、諏訪だったです。

信濃(しなの)の小林氏は、伊那郡と諏訪郡から発祥した二つの流れがあるのです。
いずれも、諏訪神家にゆかりがあるのです。

  岐阜の米田城主であった肥田氏の本当の姓は諏訪氏であり、諏訪大明神に仕える家柄でしたね。

諏訪郡の小林氏は、諏訪氏と同族です。
伊那郡の小林氏は、知久氏の分かれです。

知久氏は清和源氏満快流だが、諏訪氏と姻戚関係があり諏訪氏とは同族とみなされます。

その他、木曽義仲の子孫、藤原氏の流れという小林氏があるのです。

 でも、木曽義仲も源氏でしょ。
 つまり、小林氏は知久氏からも木曽義仲からも、源氏につながる。

木曽義仲は、平安時代末期の信濃源氏の武将で、源義仲が本名ですよね。
河内源氏の一族、源義賢の次男で源頼朝と義経とは従兄弟にあたるのです。

その、岐阜の米田城主であった肥田氏が木曽義仲に仕えていたのは、興味深いですね。

 さらに、藤原氏と天皇家は密接な婚姻関係ね。

でも、藤原氏も秦氏からでたという説があるのですね。

 そういえば、肥田氏も天皇に血筋がありませんか。

あったです。

肥田姓を歴史をさかのぼってみると、古代からかなりなものであったらしいです。
なんと、肥田宿禰なる人物が登場、清和源氏土岐氏の流れや、藤原氏などが祖先候補としてあがってくるのです。
 
 そして、岐阜の米田城主であった肥田氏は、諏訪大明神に仕える諏訪氏の出でしたね。

諏訪氏は代々、諏訪大社の大祝を務めてきた一族ですね。
その血筋は「神氏」といい、出雲神話の神である建御名方神(タケノミナカタヌシ)に始まるというのです。
桓武天皇を祖とするとも、清和源氏の源満快を祖とするとも称した一族です。

 つまり、諏訪氏を通じて小林氏と肥田氏がつながるのは、かなり確かでしょうね。

名字としての小林は全国的に分布するが、とくに目立つのは上野(こうずけ)と、先に触れた信濃の小林氏です。

上野の小林氏は桓武平氏の出で、緑野郡小林と多野郡御厨小林を根拠とした秩父氏高山党の分かれというのです。

源頼朝の奥州征伐に際して、同族の高山氏や大胡・佐貫氏らと参加しています。

 小林は、名字としては林と似てますね。

桓武平氏からは上総国鹿島郡林村から起こった大掾氏系鹿島氏から分かれた林氏、三浦氏から出た林氏がいます。

 桓武平氏まで、小林氏と共通ですか。

重ならない部分も、多いですけど。

尾張の林氏は、良峰氏の分かれで立木田高義の曾孫高綱に始まるそうです。

伊予からは、越智流河野通有の三男通種が越智郡拝志に住して林を称したといわれます。

美濃からは、安八郡林村から起こった河野氏流稲葉氏から分かれた林氏が出たです。

織田信長の家老として知られる林通勝は、美濃林氏の一族と思われます。

ついでにいうと、奈良の林が「楢林」氏、東海の林が「東海林」氏といわれます。

林氏の家紋も、多彩です。

利仁流林氏は、ずばり「林の字」をはじめ「葉陰の菊」「抱き柊」「松葉菱」です。

大名林氏が、「三つ巴下に一文字」「三階菱」を用いたのです。

伊那氏系林氏は「三つ巴上に一文字」「開き扇」、河野氏系は「隅切角に三文字」「三つ巴」を用いているようです。

その他にも、出自が多彩なだけに鶴、桔梗、柏、花菱など多種な家紋が用いられています。

 家紋の多さまで、似てる。

ハヤシは、ハヤスから転化して語です。
ハヤスは映す、栄す、囃す、生やすなどの字が用いられます。
光彩を添え、変化をもたせ、称揚して効果をあげることをいるのです。
木を植えたり、歌舞の調子をとったりして、物事を称揚することは全てハヤスことです。

 なるほど、「お」をつければ「おはやし」で「こばやし」に通じますね。

確かに、「おばやし」と読む小林もあるのですけどね。

流行するという意味のハヤルも、ハヤスと同義です。
ハヤシを「拝志(師)」と書いたのは「ハエシ」と発音したことにちなみ、林はその当て字だったです。

 「土師(ハジ)」と、「拝志あるいは拝師(ハエシ)」、関係ないでしょうかね。

 土師は、聖書では神から選ばれた部族の指導者よね。

日本で土師氏といえば、奈良の技術に長じた古代豪族ですね。

 渡来系とする説もあるでしょ。

あるのですよ。
4世紀末から6世紀前期までの約150年間の間に築かれ、古墳時代の中期を代表する古墳群、古墳造営や葬送儀礼に関った氏族ですね。

土師氏の祖とされる野見宿禰は、天穂日命の末裔とされますね。
殉死者の代用品である埴輪を、発明したと伝わるです。
第11代天皇である垂仁天皇から「土師職(はじつかさ)」を、曾孫の身臣は仁徳天皇より改めて土師連姓を与えられたと言われますね。

 そうそう、林氏でしたっけ。

林は、のちに家のまわりなどに樹木を植えて林が増えたことから、林のある村の意ともされるようになったのです。
奈良時代「地名は二字の佳名に」ということで、林の地名を「拝志・拝師」と表記するようになったともいうのです。

林、あるいは拝志や拝師は山野の多い日本の各地にあり、名字としては北陸から東海地方にかけて多く分布しているようです。

 東日本と言えば、アイヌでしょ。
 アイヌの生活文物と、古代イスラエルの類似が指摘される。

そして、アイヌは縄文人の末裔と言いたいのですね。
でも、林姓は北陸から東海地方にかけて多く分布ですよ。
 
 なんか、聖書の土師と、林あるいは拝志や拝師は、関係ある気がするけどねえ。

林あるいは拝志や拝師は、県別でみると、岐阜県でトップの他、富山県で二位、山口県で三位、福井県で四位を占めています。

 岐阜と言えば、諏訪氏から出た肥田氏が米田城主を勤めているでしょ。

 偶然とは、みえませんねえ。

古代氏族の林姓としては、河内国志紀郡拝志郷から起こった武内宿禰の子孫波多氏族の林臣が知られます。

林臣はのちに朝臣姓を賜り、河内から近江に広まったです。
同じく河内国志紀郡拝志郷を名とする大伴氏族の林連があり、志紀郡には伴神社が鎮座しています。
大伴氏族の林連は山城国葛野郡の上林郷に住み氏神を祀ったとあり、河内の林連はのちに朝臣姓を賜っています。

その他、河内からは百済系帰化族の林連、この族で摂津から出た林史が『姓氏禄』にみえています。

東漢氏族の坂上氏系から林忌寸が出て、弘仁三年に宿禰姓を賜っています。

一方、北野天満宮や下鴨社の社家に林氏があり、古代豪族の流れをひいているようです。

 下鴨社といえば、賀茂氏でしょ。
 賀茂氏も秦氏の一族、小林氏に通じる藤原氏も秦氏といわれる。

 このあたりも、神官を多く出す小林氏と関係ありそう。

伊豆のあたりは、秦氏が一大勢力をはっていた地域のひとつだったです。
伊豆は、かなり早い時期から秦氏の一部である賀茂氏が支配していた場所です。
伊豆諸島の神社は、ことごとく賀茂氏の祭神である事代主命を祀っています。

 そして、伊豆を含む関東に藤原氏の起源を求める説がある。

 藤原氏から、神官を多く出す小林氏が分かれる。
 
 小林氏は、賀茂氏とどこかでつながらないかしら。

 だって、諏訪氏神官の一族だった肥田氏が城主だった米田城は、岐阜県加茂郡よ。

 加茂にこだわって鎮座の場所を定めたあたり、やはり諏訪氏は加茂氏との繋がりが疑え、秦氏につながる可能性があるのね。

推理としては面白いけど、もっと資料がほしいですねえ。

それに、これは林氏のことです。
 
 私の親友が、結婚して小林になりました。
 
 確か、旦那様は北関東だったかしら。
 今は京都の下賀茂神社の近所に住んでます。

 これ偶然かなぁ~?

 小林氏を出した藤原氏も、賀茂氏の勢力下だった関東の出よ…。

 さらに、大祝とされた諏訪氏も小林氏と絡む。

 小林氏が神官を多く出す、無関係じゃないでしょ。

いくら似た苗字でも、小林と林、関係が見つかる資料がないと…。

 起源では、重なる部分も結構あると思うけど。

武家では、加賀国拝師郷を本拠とした林氏が知られます。

『尊卑分脈』によれば、利仁流藤原忠頼から起り、代々加賀介に任じられた在地領主で、富樫氏らと同族です。

 ほら。

 藤原氏の出なのは、小林氏と共通でしょ。

加賀国拝師郷を本拠とした林氏は、源平争乱期、平家の軍と戦って名をあらわしました。
承久の変で宮方に属して勢力を失墜、南北朝期の内乱で嫡流は没落してしまいます。
しかし、一族は加賀から越中に広まり、北陸地方に繁衍しました。

江戸幕府の儒官として有名な林羅山の先祖は加賀の人といい、利仁流林氏の分かれであろうと思われます。

秀郷流藤原氏にも、林氏が見えます。
秀郷六世の孫で上野国住人行房が、林六郎を名乗っています。

 藤原氏系林氏では藤原南家工藤氏流、肥後の菊池氏族などがいるでしょ。

清和源氏では源満快の後裔伊那為扶の孫快次が林二郎を称し、小笠原清宗の二男光政が信濃国林村に住して林を称しています。

 小林氏の元のひとつとされる知久氏は、清和源氏満快流でしょ。

 ここでも、つながる。

幕末、請西一万石の藩主でありながら脱藩して徳川家のために戦った林忠崇は、小笠原光政の後裔で最後の大名となった人物としても有名です。

また、村上氏族の上野康宗の流れからも林氏が出ています。

いずれも、信濃から発祥した林氏です。
 
 長野県で五位を占める林さんは、これら林氏の子孫かも知れないですね。

 ここでも小林氏と林氏が、信濃でつながるのか。

でも、小林氏と林氏、比べてどうなると…。

追記

小林の「小」は「オ」と読んで接頭語を表すから、本来は「林」と同じ意味を持つとの情報もあり、林氏と小林氏の系譜が絡まり合っているように見えるのもこのあたりに原因があるのかも知れません。

ポチッとよろしく!

|

« 胡瓜封じ | トップページ | 徐福。 »

民俗」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小林氏。:

« 胡瓜封じ | トップページ | 徐福。 »