« 河童。その3 | トップページ | これも、猫っかぶり? »

井戸茶碗を疑ってみる。

茶器の名器中の明記とされるのが、「井戸の茶碗」です。

井戸茶碗 は、高麗茶碗の第一とされるのですね。

 大井戸、青井戸、小井戸、小貫入、井戸脇などがあるでしょ。

井戸型という共通の形で、胴の荒いロクロ目、総釉、井戸釉と言われる枇杷 (ビワ)色の釉薬などが特徴ですね。

 井戸の名については、諸説有りますよね。

見込みが深いところから、井戸の名がつけられたという説もあるのです。

でも、奈良興福寺の寺臣、井戸氏所持の茶碗が当時名高く、これから起こったものという説が一般的です。

 井戸の名の起こりであるこの茶碗は、のちに筒井順慶に伝わって、深めで高台が高いので筒井の筒茶碗といわれたのでしょ。
 略して筒井筒と呼ばれ、井戸の中の名碗となって いますよね。

そうですね。

茶碗では、室町時代前半まで、中国産の「唐物(からもの)」が最高と考えられてきたです。

さらに茶人たちが理想とする茶碗を求め、朝鮮の茶碗に注目したのですね。

 その中で最高の茶碗とされたのが「井戸の茶碗」だった。

これは、韓国では民衆の安物の量産品ですね。

釉薬(ゆうやく)のかけ方も乱暴だが、素晴らしい形を持つのです。

 数をこなす中で熟練した人たちによって、無造作に作られたからでしょ。

意図せずに生まれたその姿を、茶人たちは「わび」の美として評価したのですね。

 自由奔放な造詣の美、伸びやかな美しさ、それは自然の形が本来持つ美の世界。

無邪気さと言う点で、幼子の愛らしさにも通じるでしょ。

 井戸茶碗は、古来高麗茶碗の王といわれ格別貴ばれていますね。

俗に一井戸二楽三唐津というように、茶碗を通じての最上とされるのですね。

講談やこの噺の落語にまで取り上げられて、茶碗といえば井戸の名を連想するほどに有名になっています。

 そうそう、「井戸の茶碗」は落語の題目になっていますね。

角川「茶道大辞典」には、大井戸の代表作は「喜左衛門井戸」、「筒井筒」、「細川井戸」、「加賀井戸」、「越後」、「有楽井戸」等が記されています。

 「細川井戸」は、この噺の井戸茶碗ではないかと見る人もいますね。

井戸茶碗は、特にその名品は、その姿が堂々としていて、作行きが優れ、枇杷色の釉(うわぐすり)も美しいですね。

 竹の節高台(こうだい)やカイラギなど、茶碗としての見所を兼ね備えている点にも、目を留めたいね。

あの、なんともいえない高台の出っ張り具合は、確かに竹を連想できるかも。

 自由ではつらつとした動きのある高麗茶碗である井戸が、評価された時代背景もあるでしょ。

天目(てんもく)や砧青磁(きぬたせいじ)茶碗に飽いた室町の堺の茶人たちには、新鮮だったのです。

 天目も、砧青磁も、茶碗形の整った、色目も美しい茶器ですけどね。

さりげなく飾り、さりげなく見る分には良いけど、時々見る分には見とれるけど、見続けると飽きる。

 茶器は、ある意味で普段使いの器でしょ。

 だから、見飽きない奥深さが欲しい。

なんとも贅沢な、悩みですねえ。

 高麗茶碗の良さというか、味わいというものは井戸茶碗に尽きるといわれていますね。

飾り気のない素朴な姿、全く華美でない渋い落ち着きのある釉色、茫洋とした大きさと、捉えどころのない風格が感じられる茶碗ということです。

 茶人たちが高麗茶碗に求めた美しさは、まさに、日常のさりげない行為であった茶の中に美を見出した茶人の気持ちにぴったりと重なった。

ところで、この井戸茶碗、どこの食器に似ていると思いますか。

 まさか、古代イスラエル。

 言いたそうな顔してますよ。

そうなんですねえ。

 井戸茶碗に日本人が違和感を覚えないのは、日本の茶碗に形が似ているからでも、あるでしょ。

古代の器は数あるけれど、意外と似たものはないのが、普段使いの器です。

 そういえば、葉っぱを食器に使って手掴みで食べる文化もあるでしょ。

ところが、古代イスラエルには、古代日本の器に似通った普段使いの器が見つかるのですよ。

 遺伝子で見ても、日本とチベットに古代中東の遺伝子が残っているといいますね。

朝鮮半島経由で、古代中東の人々が日本に来ているのでしょうかね。

 縄文人の血を色濃く引くアイヌの生活文物も、古代イスラエルに似てるでしょ。

アイヌのそっくりさんは、古代アメリカに住んでいて、フランスやスペインの石器と一緒に骨が出ました。

 縄文人って、中東から地中海、さらにアメリカを通って、日本に南の島伝いに来たのかしら。

古代アメリカから、縄文土器のそっくりさんも出てきたし。

 そうそう、井戸茶碗の話でしょ。

 名前が気になる。

井戸の名は、見込みが深いところからというのは、湯呑みで浅かったらどうするって気がするのですね。

 杯(さかずき)にして、酒でも呑みますか。

そんなに浅い湯呑み、ないでしょ。

 奈良興福寺の寺臣、井戸氏から来たと言う方がもっともらしいけど。

なぜに井戸氏か、気になりますね。

 なにか、特別な井戸かしら。

 井戸自体は、どこでも掘るでしょ。

井戸で有名人といえば、聖書の中でイエスがサマリア人の女性に「ヤコブの井戸」の水を求める話が知られているようですね。

 ヨハネによる福音書の、4章7節から26節ね。

ユダヤを、ヘブル語でィエフダー(יהודה)と呼ぶでしょ。

ィエフダーから転化して、イダ、イドとなった可能性は見ても良いのでは。

 だったら、エダ、ヒダ、ヒタ、ハダ、ハタ、イデ、ヘダ、トダ、キダ、キタなんかもあるでしょ。

それいったら、ヒエダ、ハイダ、イイダ、イイデ、アイダ、エンドウ、アンドウ、トイダ、トワダなど転化しそうな名前もあげることになるのでは。

 井戸茶碗の話だったはずですけど。

井戸だけに、掘り下げてみたくなったのです。

 そういえば、申翰均さんという人の『井戸茶碗の謎』という本がバジリコ社から出てます。

 この人の説では、雑器ではなく、祭器だったというのです。
 なかなか興味深い説でした。

いまだ窯すら限定できず、韓国では同種のものさえ発見されないって、ありますね。

 いよいよ、韓国より西方の可能性が出てきますね。

情報を探したら井戸氏の出自は、『寛政重修諸家譜』には藤原式部公卿宇合の六代の孫とあります。

 藤原といえば、秦氏の一族説があり、秦氏にはユダヤ人説がありますね。

いよいよ、井戸茶碗西方渡来を疑いたくなったです。

ポチッとよろしく!

|

« 河童。その3 | トップページ | これも、猫っかぶり? »

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井戸茶碗を疑ってみる。:

« 河童。その3 | トップページ | これも、猫っかぶり? »