« 小林氏。 | トップページ | 神棚とイエス? »

徐福。

年代的にも秦氏以前に日本にいたとされる物部氏(もののべうじ)こそ、徐福の子孫なのではないでしょうか。

 その話、飛鳥昭雄がしてるでしょ。

それで、考えて見たいことがあります。

徐福(じょふく)は、斉国の琅邪(ろうや)の出身といわれるのです。

 別名は、徐巿(じょふつ)ね。

中国の、秦の時代(紀元前3世紀頃)の方士です。

 さて、時代があうかどうかよ。

日本書紀によると応神天皇14年に弓月君(ゆづきのきみ)が、朝鮮半島の百済から百二十県の人を率いて帰化し秦氏の基となったというのです。

 弓月君は、新撰姓氏録では融通王でしょ。

伽耶とも書かれる加羅、または新羅から来たのではないかとも考えられています。

 新羅は、古く辰韓つまり秦韓と呼ばれ秦の遺民が住み着いたとの伝承があるでしょ。

日本書紀には、次のようにあります。

応神天皇十四年、弓月君が百済から来て、天皇に奏上した。
「私の国の百二十県の人民が帰化を求めています。しかし新羅人が拒んでいるので、みな加羅国に留まっています。」
天皇は葛城襲津彦(かつらぎのそつひこ)を遣わして、加羅国の弓月の民を召されたが、三年を経ても襲津彦は帰らなかった。
応神天皇十六年、天皇は平群木菟宿禰(へぐりのつくのすくね)、的戸田宿禰(いくはのとだのすくね)を加羅に遣わした。
天皇は精兵を授けて、命じた。
「襲津彦が帰らないのは、きっと新羅が邪魔をしているからだ。お前達は速やかに赴いて新羅を撃ちその道を開け。」
木菟宿禰らは精兵を進めて新羅の国境に臨んだ。
新羅王は恐れて、その罪に服した。
二人は、弓月の民を率いて襲津彦と共に帰ってきた。

弓月君は一説には、五胡十六国時代に氐族の苻氏が建てた前秦の王族ないし貴族が戦乱の中、朝鮮半島経由で日本にたどり着いたと言う説もあります。

物部氏は、河内国の哮峰にニニギノミコトよりも前に天孫降臨したとされるニギハヤヒミコトを祖先と伝えられる氏族です。

 天孫降臨も、徐福も、日本で言えば弥生時代でしょ。

 河内国の哮峰って、今の大阪府交野市あたりとか。

そう見られています。

物部氏は、連の姓(かばね)です。
八色の姓の改革の時に、朝臣姓を賜ったのですね。

 穂積氏、采女氏をはじめ、同族枝族のすこぶる多いことが、その特徴として知られているでしょ。

物部氏は、元々は兵器の製造や管理を主に管掌していたのです。
しだいに、大伴氏とならぶ有力軍事氏族へと成長していったのです。
五世紀代の皇位継承争いにおいて軍事的な活躍を見せ、雄略朝には最高執政官を輩出するようになったのです。

 一方では、神道の祭祀も司っていたでしょ。

そうですね。

蘇我氏とは、国家祭祀で対立したとする見方もあります。

 ニニギノミコトが高千穂山に降臨したという、「天孫降臨神話」はどうでしょ。

実は、物部氏の伝承がルーツだとする説もあります。

ニニギノミコトは『古事記』では、神武天皇の神武東征において大和地方の豪族であるナガスネヒコが奉じる神として登場します。

 ナガスネヒコの妹のトミヤスビメ(登美夜須毘売)を妻とし、トミヤスビメとの間にウマシマジノミコト(宇摩志麻遅命)をもうけたでしょ。

『古事記』ではウマシマジノミコトは、物部連、穂積臣、采女臣の祖としています。

 「蓬莱山=高千穂山」であれば、「徐福=物部氏の祖先」という説は成り立つかも。

そうですねえ。

 尾曲がり猫分布の謎は、突然変異説で、この事実が説明できますか?

突然変異じゃ、無理でしょ。
ところで猫の話に、変えたいのですか。

 猫、好きですもの。

 悪い?

 尾曲がり猫が、九州と台湾のあいだに連なる西南諸島では沖縄の島々には少ないのね。

 南西諸島を北上して鹿児島に近づくほど、尾曲がり猫の出現度が多くなるの。

 とくに尾曲がり猫が多いのは九州などの南西部で、全体的に、東北地方に行くにしたがって、出現度は少なくなります。

 どうしてこうなるのでしょう?

この分布は、品種改良によって米つくりの北限が北へと広がる以前の米作地帯とほぼ重なるはずですよね。

日本に米つくりを伝えた人たちは、九州に上陸し、北へ北へと広がっていったのです。

 彼らによって、米つくりが伝え得た地域でもあるのでは?

尾曲がり猫は中国では沿海部に多いので、米の伝播ルートとの関連が期待出来そうに見えます。

中国沿岸部というのは、朝鮮半島の南からインドシナの北の範囲です。

この奥地に広がる地域は、実際、日本の米文化のルーツとして研究者達から注目されている地域でもあります。

 日本に米を伝えた人たちに連れられて渡来したのは、尾曲がり猫であった。

 そう考えた方が、自然な分布ではありませんか。

一方、中国では、内陸部は直尾猫ばかりで、福井県から京都府、奈良県にいたる地域にはたいへん多く、これらの地区には尾曲がりが少ないそうです。

こちらの方は、経文と一緒に来た猫たちの仲間かも知れないですね。

 尾曲がり猫や、米作りの伝播ルート、そしてその後の分布を重ねると、徐福や物部が匂ってくると思うけどねえ。

でも、尾曲がり猫とマンクスの伝承はどうなります。

 インドや日本から、フェニキア人がマン島につれていったという、伝承でしょ。

 インドと日本には、日本語タミル起源説があるはず。

確かに、インド人から同胞に間違いないと断言されて否定しても納得してもらえずに困った人の話って、あります。

 でも、日本の稲作起源とされる江南地域と、インド北部は近いでしょ。

遺伝子で見ると、チベットと日本は古代中東の遺伝子を共有してると出ています。

 インドのタントラも、中国の陰陽も、弁証法思想なのは共通でしょ。

 八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を 

 この歌を、シュリーヤントラで解けると推理したの、あなたでしょ。

古代インドには、ペルシャ人と近縁の民族が入っていますよね。

ペルシャにも、二元思想のゾロアスター教があります。

 ゾロアスター教の神、太陽神と同一視する説のあるミトラがいて、岩から生まれるでしょ。

女性神とされる天照大神には、実は男性神天照国照彦だったという説があるから似てきます。

 すると、中東の民であったフェニキアが尾曲がり猫を連れて出発したのがインドか日本というのは、単なる伝承と笑えないのでは。

でも、そうなると徐福は中東に遡る人物だったのかと、なるのでは。

 あ、そうか。

想像するのは、自由ですけどねえ。

 話しは飛ぶけど、直尾猫は、秦氏と言って果たして良いのかどうかが、疑問ですけどね。

直尾猫と秦氏はルート的には、面白いですけど。
天孫だって、疑っても良いのでは。

ポチッとよろしく!

|

« 小林氏。 | トップページ | 神棚とイエス? »

歴史」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

インド」カテゴリの記事

陰陽・弁証法」カテゴリの記事

コメント

「徐福検定」を立ち上げました。http://www15.ocn.ne.jp/~nestplan/jyj/index.html
「徐福検定」は受験料無料で、いつでもどこでも受験出来ることが特徴です。
「徐福検定」は徐福伝説の「啓蒙」を目的としています。繰り返すことで学習が進み必ず全問正解→認定書を取得できます。自分でプリントすれば認定書も無償で取得できます。
「徐福検定」の上級編出題と広告を募集しています。
同じシステムで作成した「七夕検定」には上級編(国際編)があります。http://www.yuko.ne.jp/tanabata/
参考にしてください。
『徐福さん』&☆天の川☆より

投稿: 徐福友好塾 | 2010年2月14日 (日) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徐福。:

« 小林氏。 | トップページ | 神棚とイエス? »