« 政党政治ってなに? | トップページ | アメリカ保守派を考えてみました。 »

中田氏を考えてみました。

ふと、気になって中田姓の人たちの顔を眺めてみたのです。

女性男性問わず、ひとつの傾向に気がついたのです。

モンゴル風の顔もなければ、尖った顎も、見当たらない。

 「豊かな頬、長い顎」、そう見える。

目も、くりっとした丸い感じより、どちらかと言えば切れ長、でしょ。

 ギリシャ風…。

足指が、どうかは知らないけど。
日本人は、いろいろな血筋が混ざってます。
ローマ風の足指も、ありえるからです。

ただ、中田姓の女性タレントに色白の評判がある人は多いようですね。

 色黒と呼ばれる人も、色が白い分かえって黒さが気になるとも、言えますね。

“nakata”あるいは“nakada”という、読みはどこから来たのでしょうか。

“hakata”と、“nakata”あるいは“nakada”、似ていると思えないでしょうか。

 そうなると、“hakata”の語源は気になるところ。

博多を含む北九州には、秦氏の一大勢力があったでしょ。

 “hakata”と“hata”、転化はありえるでしょうね。
 “hata”は、もともと“hada”だから、“hada”から“hakata”の転化もありえるのでは。

中田姓が昔からいたであろう地域と、秦氏の勢力分布はもっと調べると面白いでしょうね。

“nakata”あるいは“nakada”と、“hakata”と“hata”あるいは“hada”、無関係とは思えないです。

 そういえば、名前の知られた中田姓の人たち、関東が結構いますねえ。

 甲信越も、含めて…。

それと、“nakata”あるいは“nakada”の読みがある苗字には、中田の外、仲田、半田とか、あるでしょ。

 中田、仲田、半田、複数の字が当てられてますねえ。

つまり、“nakata”あるいは“nakada”の音がまずあって、漢字は後からついてきたということでしょうね。

しかも半田の読みには、“nakata”あるいは“nakada”のほか“handa”もあるのです。

 中田、仲田、半田、みんな秦氏の一族である可能性は見て良いでしょうね。

 そういえば愛媛出身のピアニストに、仲田姓の人がいますねえ。

 オフシャルサイトで顔を見たら、まさに、今話題にしている「豊かな頬、長い顎」、そう見える。

愛媛を探ったら、愛媛って秦氏との関連が思った以上に強そうですね。

 “handa”からは、“hanada”、“haneda”も、ありえるかもね。

そうですねえ。

“handa”からは、“kanda”、“kanada”、“kaneda”も、ありえるでしょうね。

 陸奥亮子の出自である金田姓を重ねると、面白いかもね。

わかった範囲で見ると、金田姓は千葉や長野につながっているようです。

 千葉一体も、秦氏の勢力下だったですよね。

中田、仲田、半田、これらの姓と秦氏の繋がりもありそうに見えてきますね。

ポチッとよろしく!

|

« 政党政治ってなに? | トップページ | アメリカ保守派を考えてみました。 »

民俗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中田氏を考えてみました。:

« 政党政治ってなに? | トップページ | アメリカ保守派を考えてみました。 »