« 肥満今昔物語? | トップページ | アイヌと沖縄の言葉の太陽を考えてみた。 »

結構気ままに考えてます。

科学と根拠って、どういう関係って思ってますか。

 科学に根拠があるのではない、根拠を求めるのが科学なのだ。
 コメントしてから、こんなこと思いつくのよね。

科学をやっている人って、意外とここのところで勘違いが多いのでは?

 いままでの科学情報にないことと、科学的に説明できないことって、似てるようで大違い。

ところが、いままでの科学情報がないことと、科学的に説明できないことを、つい混同しちゃう…。

 ええ、ついやっちゃうのね。

科学的に説明できないのではなく、科学的な説明をしてこなかったと。

 それもありますね。

 でも、これまでの科学知識や科学情報で説明できなかったことを、これからも説明できないことと混同しているほうが、大きい。

新しい情報や、新しい解釈がでれば、説明可能になる場合もある。

 ええ。

 GHzのレベルになると光や電子でも1クロックあたり数十センチ程しか進めない、っていうのは目からウロコだった。
 確かに割ってみれば、すぐ分かることなんだけど。
 コンピューターではよくギガって使うから慣れてしまってるけど、実際は10^9っていう途方もない数なことを思い知った。

科学って、見方を変えると面白いですね。

 今まで気が付かなかったことに気づくと、説明可能になることってあるのよね。

猫が神秘的とされてきたことも、説明できるでしょうかね?

古代人はフラクタル猫を見抜いていたとか?

 ああ、これね。

 「フラクタル猫の衝撃は異常」http://japan.digitaldj-network.com/archives/51547527.html
 
 なぜ猫、ネコ科にフラクタルを適応すると異常なオーラが出るのか、他の対象にかけてもここまで変なオーラでないんだよね。
 
フラクタルは、全体と部分の相似形に注目してます。

まさに、天にあるように地にも、でしょ?

 イエスは猫をメタファーにしてる…。

 絶対なんかあるね。

㈱光エネルギ応用研究所って、名だたる会社と取引のあるすごい技術の会社なのに、社長兼社員が一人だけです。

 ホームページがありますね。
 http://www.realabo.jp/index.html

 確かに2010年4月現在、代表者と社員数の欄は内尾舜二が1名になってますね。

 従業員数もないから、確かに社長兼社員が一人だけねえ。

多くの大企業が、彼に何かあったら、企業に影響がある技術に支えられているってヤバクないですか?
 
 ヤバイかも…。
 
 ちょっと、あのねえ。

 今回、話が飛びすぎでは。

たまには雑談風も良いでしょ。

 いつもでしょ。

そうだったですか。

ポチッとよろしく!

|

« 肥満今昔物語? | トップページ | アイヌと沖縄の言葉の太陽を考えてみた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506332/48471152

この記事へのトラックバック一覧です: 結構気ままに考えてます。:

« 肥満今昔物語? | トップページ | アイヌと沖縄の言葉の太陽を考えてみた。 »