« 核融合を疑ってみる。 | トップページ | 聖書もコーランも、猫の教典?ムハンマドは何教徒?その2 »

東北訛りとイギリス?

東北訛りは、イングランド北部訛りが似てる気がするという人がいるのです。

 東北の先住民であるアイヌは、縄文人の直系子孫と見られているから。

ええ。

アメリカのケネウィックで見つかったアイヌに似た古代人骨は、イギリス人的だったのですよ。

その古代人骨と傾向が似ている人物の出身地は、ケルトの多い地域です。

グレートブリテン島北部は、ケルトの多い地域ですよ。

 秋田と津軽と下北は、別言語っぽい。
 秋田で、津軽人の通訳使えないようだし。

東北内でも、通じないんですか。

 ええ。

東北も、歴史をたどると結構ややこしいのですよ。

今は青森県にふくまれる津軽と下北は、明治まで別の藩だったですから。

詳しく言うと青森県史だけで、話が終わっちゃいそうだから省きますけど。

 そういえば、秋田も別の藩…。

東北は、なかなか大和政権に従わなかったですからねえ。

大和政権は、西日本から大勢つれていって東北の押さえにしたからです。

 その人たちの言葉が、東北に入って変化させている…。

そう見るのは、自然でしょうね。

さらに、京言葉が地方に伝わっていくわけですよ。

 京言葉の変化のあとは、方言に年輪のように残っているというわけ。

国の境を浮かび上がらせるように、年輪状の分布が見られます。

 そういう歴史が、東北の言葉とヨーロッパのつながりを見えにくくしているのね。

 でも、幕末の日本を見たヨーロッパ人が日本人にブリテンと似た人々がいるという声と、みごとに対応しますね。
  
 東北訛りとイングランド北部訛りが、古代から千年以上たっているのに似てる気がするというのは。

あらためて、イギリスが東北とストーンサークルを共有する事実が日本古代史研究に持つ意味の大きさを感じますね。

ポチッとよろしく!

|

« 核融合を疑ってみる。 | トップページ | 聖書もコーランも、猫の教典?ムハンマドは何教徒?その2 »

歴史」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

イギリス」カテゴリの記事

アメリカ」カテゴリの記事

ケルト」カテゴリの記事

コメント

食生活で形成された頭蓋骨と気候の類似性?

投稿: 亀頭 | 2010年5月11日 (火) 20時13分

てゆうか、味の好み自体が一つの文化では?

投稿: cova | 2010年5月11日 (火) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北訛りとイギリス?:

« 核融合を疑ってみる。 | トップページ | 聖書もコーランも、猫の教典?ムハンマドは何教徒?その2 »