« スカンジナビアと日本?「シア」「シャ」のある地域 その3 | トップページ | 茶器 »

邪馬台国と神武東征を考えてみた。

邪馬台国論争は畿内VS九州に、実質絞り込まれています。

神武東征とは邪馬台国東征だと、論じる人もいます。

 四国も、邪馬台国論争に参戦してますね。

阿波ですね。

西日本を中心に所在地論争が続く以上、西日本全域が邪馬台国の版図であり、狭義の邪馬台国が畿内だったとみたいです。

邪馬台(yamatai)国といっても、当時の日本語は二重母音で発音されて不明瞭であったとすれば大和(yamato)に容易に転化したかもしれないですね。

邪馬壱(yamaichi)国という人もあるけど、こういう混乱があること自体、本来の発音はどちらでもないことの証明です。

 陳寿の記した「邪馬壹國」と、范曄が記した「邪馬臺國」ね。

 それで、畿内の大和ですか。

そもそも邪馬台は、中国人が自分たちに聞こえた近い音の字を当て字したものなはずですね。

 yamatoが、yamataiやyamaichiに聞き取られた可能性はあり得るかもしれないと。

中国語は、今でも日本語に比べて平唇音の傾向が強いですよ。

一方日本語は、古代になるほど丸唇音の傾向が強かったとみられます。

つまり丸唇音のyamatoは、平唇音的発音ではyamataiやyamaichiに転化してもおかしくないです。

卑弥呼の国は、yamatoだった可能性は考えて良いかもしれないですよ。

 神武の日本で建てた国もまた、yamatoねえ。

もし、邪馬台国のyamataiがyamatoの転化と見てよければ、神武は混乱のさなかにあった縄文の女王国を平定して手に入れたと見る方が自然となるのです。

 女神天照とは、神武が女王国の時代を引き継いだことの反映と見ることも可能となる。

天照は卑弥呼であり臺與である、というのはその意味では正解だと思えますよ。

一つに絞れないということは、裏を返せば複数の理由があったことの反映ではないでしょうか。

邪馬台国が卑弥呼を女王に迎えることは、畿内に彼女がいたことと等号じゃなくてもいいでしょうね。

欲しいのは彼女のカリスマ性と託宣とすれば、卑弥呼は別の地で神殿にいたって良いのです。

巫女ですから。

さらに、その神殿でさえカナンの地に定住以前のイスラエルのような天幕だったかも。

今の神社は、秦氏が建築様式を大陸から持ち込んだものです。

それ以前は固定された神殿などなく、祭りのたびに移動していたはずです。

 『後漢書』では、「倭伝」の57年の記述が倭奴国で、107年には倭国王。

 この107年がキーポイントでは。

 大和で何か、つまりが建国起こり中国に朝貢した。

 そして、70年とも80年間ともいわれる倭国大乱で九州と大和が本格的に争うようになり、180年頃に卑弥呼共立の可能性もあるのでは。

神武は、文字通り解釈すると弥生時代の国王ですよ。

臺與は、神武に力を借りて国をまとめようとしたのかもしれないですね。

神武にとっても臺與を助けることは、邪馬台国の実権を握るうえで好都合だったでしょうね。

今でも天皇即位の際に、神に仕える女性が立ち会う儀式があると言うです。

臺與と神武の関係が、その後の斎王にまで引き継がれたとみれば、合理的な説明になると思うけど、どんなもんでしょ。

神武の太陽神がたとえ男神であっても、巫女 =天照であれば矛盾はないのです。

卑弥呼は、西日本連合国家に祭司王として迎えられたのではないでしょうか。

 カリスマ女王卑弥呼の死後、混乱を納めるべく臺與が呼ばれたが連合国家の総意だったかどうか。

そこで神武が介入、大和朝廷に移行したのかもしれないですね。

日本の先住民だった縄文人の耳垢は、白人や黒人と同様に湿型。

そこに乾型の渡来人が高度文明や技術、専門知識を持ち込む。

卑弥呼も臺與も、鬼道の巫女ですね。

道教のような、陰の力を借りる呪術だったかもしれないです。

鬼は、超自然的力ともに祟り神でもあります。

先住民は、日本全国縄文人ですよ。

卑弥呼も臺與も、縄文人の鬼道の傑出した巫女だったから担ぎ出されたのではないでしょうか。

神武が実在したとしたら弥生時代、だから架空の人物論が出るのですよ。

だったら弥生王朝の初代を、神武と呼んでも問題ないです。

神武で始まり応神で終わったのが、弥生王朝だったかも。

仁徳以降、神の名を送られる天皇も皇后もいないです。

 「神」の文字は、重要よね。
 「武」の文字も。
 考え、名づけた人は賢い。

弥生初代を神武と見るのは、縄文でさえ女王卑弥呼がいたことをみれば不自然ではないのです。

縄文から弥生、そしていわゆる古墳時代、非連続と見るには連続的、連続的と見るには非連続的と指摘されます。

縄文人が食などの生活文化を変化させたという説も、出たことがあります。

隣接地から波状的移動して日本で合流し混淆と言う展開は、解釈としてはあり得ないでしょうか。

 卑弥呼は、240年代に死んだと考えている。 

 臺與は、290年頃に死んだと考えている。

 崇神天皇は、318年に死んだと考えている。

 神武天皇が、はっきりとは分からないけど。

神武は一人とは、限らないかもです。

襲名されたとしたら、長期にいたって不自然ではないですよ。

外国でも、断続的とはいえ何世ってあります。

 ほかの天皇は、どうでしょうね。

不自然に長い寿命の天皇であれば、襲名はありえたかもしれないですね。

神の王朝であってみれば、ないとはいいきれないです。

もちろん、今後の研究では世襲を想定しなくてもよくなる可能性は、あるかもしれないです。

年代はまだまだ、推定ですから。

 「はつくにしらすすめらみこと」という諡号が、神武と崇神の二人の天皇にあるのは、どうなのかしら。

ヤマトタケルのミコトの話から言っても、時間がかかったはずです。

 神武天皇が、初めて大和を制定した。

 そして、崇神天皇が始めて日本を制定した。

 日本、といっても西日本でしょうけど。

神武東征伝承を、どうとらえるでしょうか。

邪馬台国は、西日本を一応治めていたはずです。

神武は、その西日本を服属させた実績を引っ提げて、畿内に乗り込んだと見る方が自然ではないでしょうか。

神武東征は、出発が九州とされます。

西日本を抑えて畿内に乗り込んだ神武が、カリスマ巫女である臺與を前面に立てて邪馬台国を服従させたのかも。

 地元の神を利用して統治する例は、外国にもありますね。

アイヌも琉球も、縄文の末裔とされます。

言い換えれば、倭人伝の南方的な記述は、九州だけとは言い切れないのです。

縄文時代=熱帯ジャポニカ、弥生時代=温帯ジャポニカという説も出たが、弥生中期の青森県田舎館村にある高樋遺跡から出土した炭化米が熱帯ジャポニカ米という展開になりました。

 弥生時代でさえ、熱帯ジャポニカが栽培できる陽気だったのね。

倭人伝を文字通り読むと、邪馬台国は沖縄だったという議論になります。

 畿内説は、方向を変えて考えた説でしょ。

だとしたら、邪馬台国の南も、邪馬台国の東でないと、話が合わないのです。

 つまり、西日本の邪馬台国VS東日本の狗奴国の構図になる。

これがヤマトタケル伝承にも、反映されたと見たいです。

乾式が最も高いのは京都、次いで岐阜、大分、愛媛、福井……。

逆に最も低いのは岩手、次いで沖縄、広島、宮城、山梨……。

耳垢の乾型は西日本で特に多いという傾向。

乾型は近畿地方で圧倒的に多く、さらに四国北部、九州東部へとつながる臨海地域にも集中。

 先に列島に居た縄文人は、半島から移住してきた弥生人に東西に追いやられたはず。

 葦原と呼ばれる葦が生え土壌が肥えているところと海や山に分かれているところ、生活区の違いでしょ。

 少しは揉めたかもしれないけど、譲り合い分かれていった…。

大陸から来た渡来人は、中央権力があった近畿地域を目指したのでしょうね。

そのルートに沿う形で、乾型遺伝子が多く残ったのかも。

 渡来人が高度文明や技術、専門知識などとともに東進したか。

 日本の先住民だった縄文人の耳垢は、白人や黒人と同様に湿型。

 乾式の最も低いのは岩手、次いで沖縄、広島、宮城、山梨……。

つまり日本にいる、ソース顔とかバタくさい顔は、縄文系ってことです。

縄文顔を今に引き継ぐアイヌをみた欧州人がなんで日本に欧州人がいるかと、驚いた原因がこれです。

乾型遺伝子の出現率が最も高いのは中国北部やその周辺で、たとえば中国山西省や韓国大邱市は100%です。

耳垢の乾型は、西日本で特に多いという傾向が見えるわけです。

乾型は近畿地方で圧倒的に多く、さらに四国北部、九州東部へとつながる臨海地域にも集中しているといいます。

北方民族がきた結果だが、騎馬民族かどうかが焦点でしょうね。

|

« スカンジナビアと日本?「シア」「シャ」のある地域 その3 | トップページ | 茶器 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

よく勉強されていますね 
面白いですよ

投稿: トラ | 2011年4月15日 (金) 16時04分

情報は集めていくと、面白いことが見えてきますよね。

投稿: cova | 2011年4月16日 (土) 17時16分

古代の話はわからないですが、中国の人は
「イチ」と聞こえても「壱」の字は
当てないと思います。
少なくとも「イー」と「チー」の二文字。

単に臺を壹と間違えただけでしょう。
(あるいはあえて変えたか)

ついでに臺は発音でも無いと思います。
臺国で、王国みたいな意味合いかと。
あえて「臺」という高貴な字を使ったという
ことは、天皇家は古中国の天子の血でも
引いてる(ことになってる)のかもですね。
男系血統にやけに拘る理由にも納得できます。

投稿: | 2013年11月21日 (木) 22時19分

「臺」という高貴な字、興味が持てる情報をありがとうございます。

天皇家は古中国の天子の血、そういえば地上における太陽神、とされます。

つまりなんらかの神権を保持する家系と見ても、面白いかもしれません。

投稿: cova | 2013年11月23日 (土) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 邪馬台国と神武東征を考えてみた。:

« スカンジナビアと日本?「シア」「シャ」のある地域 その3 | トップページ | 茶器 »