« ブロード | トップページ | ロマと演歌とカンツォーネ? »

桃太郎はなぜ犬と猿と雉をつれていたか。

桃太郎は、鬼退治に犬と猿と雉を連れて行きます。

 奈良の田原本町に、桃太郎出生の地と言われる場所があるよ。

 そこに住む犬を飼う一族の犬飼部と、鳥を飼う一族の鳥飼部、猿を飼う一族の猿飼部を連れて、岡山を纏める為に力を尽くした吉備津彦命が、桃太郎伝承の元という説によるそうね。

 そして鬼は、温羅という人物が正体だったというのよ。

その話は、聞いたことがあります。

 事実でしょうかね。

桃太郎の鬼の原型の一つとされる温羅は、大陸から進んだ技術や文物をもたらしたとして、地元の人々は今も慕っています。

人身御供をやっていたことを朝廷が咎めたことなどが、成敗された理由とされているようですね。

でも、古代には神に対する大事な祈祷の際に人身御供を行うことはしばしばみられます。

 ただ、朝廷は人身御供していなかったかと言うと…。

日本武尊が東征の折、相模から上総に渡る際、東京湾が大荒れたという言い伝えならありますけどねえ。

 妃の弟橘媛は、海神の怒りを鎮めるため,自ら荒海に身を投じて海を鎮めたのでしたね。

上総に上陸した日本武尊は、丘から海を見つめ「君さらず袖しからみに立浪のその面影を見るぞ悲しき」と詠み、しばしこの地を去ろうとしなかったそうです。

いつしか、日本武尊が海を見つめた地は「君去らず」と呼ばれ、転じて「きさらず」になったというのです。

ただし、弟橘媛は自ら身を差し出したので、これを人身御供と呼んで良いかどうかは意見は分かれるかも。

それに、ヤマタノオロチ伝承に見られるように人身御供を朝廷は咎める傾向がみられます。

 そてはそうとして、なぜ、犬飼部と鳥飼部と猿飼部を連れて行ったかが、謎として残りますね。

犬・猿・キジ=地・人・天の構図かもしれないですよ。

 でも、桃は道教でどうだとかイヌサルキジは陰陽五行でウシトラである鬼に対抗するんだとかいろいろあるけど、のちのこじ付けの域を出る説明は少ないよね。

鬼(oni)は、陰(on)の転化という説がありますよ。

 そういえば、そうでしたね。

桃太郎の出生に関しては、桃から生まれたとする場合や、桃を食べた老夫婦が若返って子供を産んだとする場合があります。

 イザナギがイザナミに桃を投げ、イザナミが死なせる以上に誕生させるという場面を連想できますよね。

桃太郎の成長過程については、お爺さんとお婆さんの期待通り働き者に育ったとする場合や、三年寝太郎のように力持ちで大きな体に育つが怠け者で寝てばかりいるとする場合があります。

 桃栗三年というから、桃太郎まさに三年ね。

鬼退治とは、作物の収穫と同時に害虫や害獣退治ではないでしょうか。

財宝とは、豊かな実りでしょうね。

 小さい子供が水に流されるとか流れ着くという内容の民話や神話は、洋の東西を問わず非常に多いという指摘もあるね。

この種の話は、記紀神話にもありますね。

聖書のモーセも有名です。

 水辺に流れ着いたという事を重視しており、桃は重要では無いという人もいるよ。

なぜ桃かを、無視したらまずいです。

桃は、腰に形・色・硬さが似ています。

 桃と腿、音が似てますね。

 股には、mataのほかにmomoという読みもあるね。

子孫繁栄・豊穣祈願の願望が反映・投影されていると思うのです。

それと、犬と猿と雉は戌と申と酉とみれば十二支で西方に当たり、東方の生に対し、死に配当されます。

陰(on)の力である鬼(oni)は、この場合大地の生命力でしょうね。

繁殖と生命の象徴としての“桃”太郎が、死に配当される戌と申と酉を伴うのはまさに収穫ですよ。

そして、田畑の豊かな実りは、しばしば黄金にたとえられます。

 黄金の“黄”は、気になるね。

 “黄”と“鬼”、どちらも音は“ki”よ。

面白いことに、桃太郎は黍団子を持参しています。

 あるいは稷とも、書きますね。

 黍は、日本では五穀の1つとされるね。

 穀物の1種で、イネ科の一年草でしょ。

黍は、秋に花が咲き、黄色い実がなるけど、実が黄色であることから、「黄実(きみ)」→「きび」となったとするのが有力な語源説です。

 まさに、黄金の穂波ねえ。

黍は、生長すると1メートル程度になり、夏から秋にかけて茎の先に20センチメートル程度の穂ができ、垂れ下がります。

インドが原産と推定されるが、原種になった野生植物が発見されていないので、詳しいことはわからないそうです。

 インドは、日本人の起源の一つと見られているね。

その黍が、桃太郎に出てくるのはなぜか、気になりますね。

 インド北部に接するチベットは、日本とともに古代中東の遺伝子が多く残る地域でしょ。

黍は、中国の華北地方では、粟とともに古代の主要穀物です。

日本には縄文時代に渡来した粟より遅く、弥生時代に中国から渡来したと考えられています。

 弥生時代、神武が実在としたら弥生時代になるというでしょ。

 桃太郎の話、神武東征と何か繋がりがあるのかしら。

陰陽に通じる思想家である方士だった徐福に、神武を重ねる見解もあるから無関係ではなさそうですね。

黍の実は粟より少し大きいが、粟同様、うるち種ともち種があります。

 そういえば、黍も粟もイネ科でしたね。

黍は一年草なのにたいし、粟と稲は多年草ですけどね。

ただし稲は食用化の過程で、一年草になったものもあるし、多年型でも2年目以降は収穫量が激減するので、年を越えての栽培は行わないのが普通です。

それで、稲は栽培上は一年生植物として扱うのですけどね。

黍は、実をそのまま炊いて粥にして食用にしたり、粉にして餅や団子などにしたりします。

岡山県の吉備団子も、元々は黍団子の一種で、その名の通り黍粉を原料としていました。

吉備と黍の語呂合わせから吉備団子と書かれるようになり、現在では、黍粉を使わずに白玉粉などで作られることも多いそうです。

 江戸時代末期になって登場した吉備団子ではない。

桃太郎伝説に登場する黍団子は、もちろん黍で作られた団子です。

 黍団子を投げてこそいないけど、節分の豆撒きも連想できますね。

黍団子を分けてもらった犬と猿と雉とともに、桃太郎は鬼ヶ島に乗り込むからです。

 節分も、桃も、春に関係しますね。

春は、農耕にとって種蒔きや田植えの季節ですからね。

 そうなるとやはり、桃太郎は子孫繁栄・豊穣祈願の願望が反映・投影されていると思えますね。

そうですね。

追記

猿と鳥と犬は、人と天と地を表し、世界の象徴と言いました。

十二支では、猿と鳥と犬は、申と酉と戌となります。

申酉戌は、方位でいえば西に、季節でいえば秋に、配当されます。

西は死に東は生に配当されるので、作物の死である収穫となります。

季節的にも、秋は収穫の季節なので今回の議論となりました。

猿と鳥と犬には裏鬼門説があるが、鬼門は丑寅(艮)、裏鬼門は未申(坤)なので、少々無理があります。

なお、儒教的解釈では、猿は智、雉は勇、犬は仁を表すともされているそうです。

桃太郎はこの3匹のお供を連れて家に帰ることで、智・勇・仁というかけがえのない宝も手に入れたとされています。

どちらの説も全体を解釈するのに無理があるので、今回は採用しませんでした。

|

« ブロード | トップページ | ロマと演歌とカンツォーネ? »

歴史」カテゴリの記事

インド」カテゴリの記事

チベット」カテゴリの記事

陰陽・弁証法」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桃太郎はなぜ犬と猿と雉をつれていたか。:

« ブロード | トップページ | ロマと演歌とカンツォーネ? »