« アーモンドアイ。 | トップページ | あらためて鳥と哺乳類と恐竜を比べてみた。どこへ向かうか、恐竜研究。その7 »

なぜ天皇陛下と呼ばれるか考えてみた。

今回は、なぜ天皇陛下と呼ばれるか考えてみたいです。

まず、陛下のような言い方の違いを見ておきましょう。

陛下=天皇・皇后・皇太后・太皇太后・国王・王妃・皇帝

殿下=皇太子・皇太子妃・太閤・関白

閣下=大統領,総理大臣,その他の国務大臣,軍隊の高官や司令官

貴下=一般人同士が手紙で使う尊称

足下=今は聞かないが、明治時代には「あなた」の意味

面白いことに、どれも「下」がつきます。

 話したいのは、なぜ、天皇陛下なのかでしょ。

そうでしたね。

 天皇・皇后・国王・王妃・皇帝は、なぜ階下の意味の陛下か、ですけど。

天皇階下は天皇陛下の誤植だが、意味は同じです。

陛は、宮殿の階段のことだからです。

 陛下は一般には、階下にいる近臣を通じて奏上する意からと見られていますよ。

もちろん、それもあります。

陛下なのは、地上における神の代理だからでもあります。

 神の宮殿の階下にいるから陛下。

おそらく、そうでしょう。

ほとんどの王は、王権神授説に基づいて地上の統治権を得ているわけですからね。

 天皇は、皇后・国王・王妃・皇帝と違って、天が付きますね。

天は神ですよ。

天帝ではなく、天皇と名乗ることに意味があるわけです。

天帝は、古代中国の祭祀をもとにしてに後世成立した道教における最高神です。

最高の神格でありながら非偶像である天と、偶像である天帝を区別する場合もあります。

天子は、中国や日本で用いられた君主の称号で、天下を治める者で、国王、皇帝、天皇などの別号として用いられます。

王は天、すなわち天帝の子であり天命により天下を治めるとする古代中国の思想を起源とします。

天孫降臨は、神の一族から降臨した、つまり階下=地上に降りたことではないでしょうか。

 天皇は天孫、つまり神の子だから。

君が代を考えた時、挽歌でありながら祝いの歌として扱われる謎を考えてみたでしょ。

 死は、終わりではなく天に昇って神になることと、推理しましたね。

死んで神になれるのは、神の子という位置付けだからでしょうね。

 だったら、天皇ではなく、天子でも良いはず。

ここに、天皇と呼ばれる意味があるでしょうね。

単なる、天帝の子をさす天子ではない、天帝の皇太子だから、天皇ではないでしょうか。

教会は王の破門をできるが、天皇は将軍を首にする側ですよ。

 そういえば、天子は天命によって国を治める権限がある。

天命が改まれば、天子は交代させられるわけでしょ。

 易姓革命ですね。

王朝の交代は、天子の徳がなくなれば天命が別の姓の天子に改まり変わるという中国の政治思想ですね。

日本の南北朝は、将軍による皇位継承への介入はあったけど、破門された天皇はいないはずです。

 天皇陛下とは、神である天の皇太子が天の宮殿で天に仕えているから。

そういうことでしょうね。

陛下を階下にいる近臣を通じて奏上する意と見る場合、奏上する相手を天と見れば、天皇は地上と天の仲介者であるといえるでしょう。

 天と地の仲介者。

 そういえば、イエスは天と地の仲介者である仲保者とされます。

 イエスは自らを人の子と呼び、天皇は現人神とされました。

 一方でイエスは神の子として、やがて神になられるお方と見られるから、言ってみれば皇太子のような立場ですね。

天と地の仲介者というだけなら、国王や皇帝や古代中国の天子も陛下ですよね。

 そうですね。

 ただ、イエスとほかの預言者の差は、聖霊を伴ったかどうかですね。

 天皇と、他の陛下との差は、どうかというと。

天皇の場合、天孫降臨まで遡る必要があるでしょうね。

天孫降臨は、天照大神の孫である瓊瓊杵尊(邇邇藝命)が、葦原中国の統治のために天照大神の命により高天原から地上に降りたとされる日本神話の説話です。

統治のためにという以上、部下を率いていたとみるのは自然と見ますけどね。

 天皇の祖先である瓊瓊杵尊が部下を率いて降臨したとみれば、聖霊を伴ったイエスに近くなりますね。

 天帝の子孫とされる中国の天子と言えども、王朝初代は、天命を受けた時点ですでに仲間がいるはず。

さらに、神である天の後継者に位置付けられて生まれたのは、陛下の中で天皇だけでしょ。

 戦後、天皇は人間宣言によって人になったから現人神ではないという人もいますね。

いわゆる人間宣言と言われるのは、新日本建設に関する詔書の一部です。

朕ト爾等国民トノ間ノ紐帯ハ、終始相互ノ信頼ト敬愛トニ依リテ結バレ、単ナル神話ト伝説トニ依リテ生ゼルモノニ非ズ。

天皇ヲ以テ現御神トシ、且日本国民ヲ以テ他ノ民族ニ優越セル民族ニシテ、延テ世界ヲ支配スベキ運命ヲ有ストノ架空ナル観念ニ基クモノニモ非ズ…。

人間宣言といわれるなかに、朕ト爾等国民トノ間ノ紐帯単ナル神話ト伝説トニ依らないとあります。

また、天皇ヲ以テ現御神トすることに架空ナル観念ニ基クモノニモ非ズとあります。

 神話ト伝説ト架空ナル観念に依らないと言っているので、事実ではないと、一言も触れてはいないですね。

つまり、天皇は今も現人神なのですよ。

人として現れた神、それが現人神です。

 イエスも、ヤハウエが受肉して人として現れた神ですね。

 皇太子扱いとしても、実質的に神として振る舞っておられる。

 天皇もまた、皇太子扱いとしても、実質的に神として振る舞っておられた。

現人神の思想は、古くはエジプトのファラオ、さらにはスメルにまで遡るといえますね。

 日本に、古代中東の遺伝子があるでしょ。

 スメラミコトと呼ばれるので、スメル渡来説がある。

 中東の古代遺跡には、菊花紋そっくりの紋章がある。

この紋章はいまでも、古代からの王家の紋章だと言って誇らしげに掲げる人がいますね。

神話の構造が、太陽神を中心にした三神構造で、動物神を含む八百万の神なのは古代エジプトに似ています。

 女神とされる天照には、男神である天照国照彦天火明奇櫛甕玉饒速日命がもともとの祭神だったというから、さらに古代エジプトに似てきますね。

これらのことを重ね合わせると、天皇が現人神とされることは非常に興味深いでしょ。

日本は、古代中東の文化が、数千年の時間を超えて引き継がれている国なのでしょうね。

 だから、日ユ同祖論が後を絶たない。

そういうことでしょ。

日本人は中東から東回りと西回りで来たと見る方が、説明できることが多いです。

 日本人中東起源説こそ、真相に思える。

日本人中東起源説は、年代を下れば日ユ同祖論やスメル渡来説と重なります。

 遡れば重ならない。

当たり前だが、これが大切な点ですよ。

 定性的類似は、間違えなくある。

あとは、年代を特定できる資料と情報を集めればどちらか決着がつくわけですね。

|

« アーモンドアイ。 | トップページ | あらためて鳥と哺乳類と恐竜を比べてみた。どこへ向かうか、恐竜研究。その7 »

中国」カテゴリの記事

思想」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

民俗」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

That addresses seevarl of my concerns actually.

投稿: Trix | 2011年7月17日 (日) 21時16分

Curious what a place.

投稿: cova | 2011年7月18日 (月) 08時01分

時代変わって
点脳屁以下

投稿: | 2012年5月22日 (火) 04時34分

でも、日本が古代の天皇即位以来、天皇の所有下にある国という位置付けは変わってません。

日本とは日出る国という意味である共に、古来太陽を神として崇めてきた日本は太陽神のお膝元の国という意味にも、とれます。

そして、天皇は太陽神の末裔という位置付にあります。

言い換えれば日本とは、天皇陛下のお膝元の国、という意味の国名ともとれるのです。

大日本帝国から日本国に国名は変わったように見えても、天皇を中心とした日本という点では、古代から連続性があるのですよ。

中国が国名も支配民族も、ころころ変わったのとは、対照的なのです。

古代から一つの皇統が連綿と続いている国は、良いか悪いかはさておき、日本くらいのものです。

それだけは、覚えておいた方が良いですよ。

日本は、もしも天皇制を廃したら、古代からの連続性は途切れ、まったく別の国家になると言いえるでしょう。

投稿: cova | 2012年5月22日 (火) 23時07分

いずれ地球は、イエスが統治する日の栄の王国(神の御国)となります。

日本は、日の栄の王国の雛型なのではないでしょうか。

投稿: ペプシコーラ | 2012年7月11日 (水) 09時58分

日本は、日の栄の王国の雛形という意味も込められた名前とみるのも、面白いですね。

イエスは義の太陽とされる存在です。

天皇は神道の最高祭司であり、神の道を整えることが務めと言えますから。

その祖先神であるアマテラスの本地が大日如来、すなわち大いなる太陽の如く来られると呼ばれることと合わせると、矛盾はないですね。

だから、フランシスコ・ザビエルは大日を誤訳として血相変えて訂正しまくったのでしょうね。
ザビエルはなぜ、大日と言う訳にあわてたのか?
http://cova-nekosuki.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-7c95.html

投稿: cova | 2012年7月11日 (水) 10時27分

天皇陛下は、日の栄の王国を統治するイエスの雛型なのではないでしょうか。

投稿: ペプシコーラ | 2012年7月12日 (木) 19時21分

天皇陛下と日本の関係は、日の栄の王国を統治するイエスと、相似形にみえますね。

予型とか雛形に見えちゃうのは、仕方ないでしょうね。

投稿: cova | 2012年7月13日 (金) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506332/51756095

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ天皇陛下と呼ばれるか考えてみた。:

« アーモンドアイ。 | トップページ | あらためて鳥と哺乳類と恐竜を比べてみた。どこへ向かうか、恐竜研究。その7 »