« 宇陀と辰砂と秦氏? | トップページ | 熊野本宮大社はキリスト教の教会? »

天狗の団扇はイエスをあおぐ?

天狗の団扇は9枝のメノラーが起源かという、疑問を言う人がいます。

普通、メノラーといえば7枝を連想するが、9枝のメノラーもあるからです。

そして、天狗の団扇の羽も9枚だと。

9枝のメノラーはヘブル語で「ハヌカ」と呼ばれ、ハヌカの祭日にのみ用いられるといいます。

「ハヌカ」と呼ばれる9枝のメノラーは、ユダヤのマカベア家が、紀元前165年にギリシア・シリアに対して勝利したことを祝って作られたそうです。

 9という数は、カッバーラで十戒を授けてくださったヤハウエを表したとかでしょうかね。

一応、こういう説明がありますね。

ギリシア・シリアに対して勝利した際に、1日分の油しかなかったのに、7枝のメノラーのともし火が8日ももった奇蹟にちなんでいる。

9番目の枝は、他の枝を照らすために設けられた。

天狗の寺にある羽扇は、9枚が多いようです。

ただ、天狗の団扇には9枚以外にもあるのですよ。

例えば11枚。

中には、17枚というのもあるようです。

 そういえば、19枚というのも見た覚えがありますね。

しかし、共通するのは奇数枚ということですよ。

 カッバーラでいう陽の数ですね。

扇は奥義に通じるという暗示があることは、いえるでしょうね。

陰陽では、奇数が陽ですから。

 11枚、陰でいうと12は12支族ですね。

11自体は11面観音を指すという解釈も、有り得ますよ。

 11は生命の樹のセフィロトの数、という解釈も、できますけど。

問題は、17枚や19枚ですよ。

 17枚は16を暗示していると見れば、16弁菊花紋。

 これとそっくりなもの、故フセイン大統領の腕輪にありましたね。

 イラクに古代から伝わる王家の紋だと、言ってたでしょ。

 天狗に古代イスラエル人とかユダヤ人説が出ることと合わせると、面白いですよ。

 これを菊花紋ではなく太陽と見れば、イラクのような中東の王家はエジプトのように地上の太陽神として自らを位置づけていたことになるでしょうね。

19枚が、問題でしょ。

 19が20を暗示していると見れば、生命の樹と死の樹のダートを除いたセフィロトの数。

間の18は、どうなりますか。

 10は十字架で、8は磔刑の後昇天して隠れたイエスとか。

 8は陰で、陰は隠れを表すから。

そう解釈したら、天狗はキリスト教徒ユダヤ人がモデルという説になるでしょ。

天狗にはユダヤ人モデル説があるから。

 八咫烏は天狗の最高位という情報もあるようですけど。

 一般には、天狗の上位は大天狗とされるけど。

八咫烏は太陽に住むとされる鳥ですね。

もし、天狗の扇が太陽神崇拝を暗示するなら、有り得るでしょうけどね。

 カラス天狗がいるでしょ。

 カラス天狗は八咫烏と天狗を繋ぐ存在とか。

それではまるで、御父と御子と聖霊の絶対三神でしょ。

 だって、扇は奥義に通じ、ユダヤ教の奥義はカッバーラでしょ。

そうきますか。

|

« 宇陀と辰砂と秦氏? | トップページ | 熊野本宮大社はキリスト教の教会? »

民俗」カテゴリの記事

聖書・コーラン」カテゴリの記事

イスラエル・ユダヤ」カテゴリの記事

コメント

天狗の団扇について
楽しく読まさせて頂きました

有り難うございます

投稿: ryuji_s1 | 2011年8月27日 (土) 09時28分

それはどうも、ありがとうございます。

投稿: cova | 2011年8月27日 (土) 12時38分

covaさん
丁寧にコメント有り難うございます

投稿: ryuji_s1 | 2011年8月27日 (土) 13時11分

どういたしまして。

投稿: cova | 2011年8月27日 (土) 15時21分

covaさん
素敵なコメントを頂き有り難うございます

投稿: ryuji_s1 | 2011年8月27日 (土) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天狗の団扇はイエスをあおぐ?:

« 宇陀と辰砂と秦氏? | トップページ | 熊野本宮大社はキリスト教の教会? »