« やはり、日本人は西方から来た? | トップページ | 国分寺の陰に秦氏あり? »

中国史も、書き換えられるか。

Record Chinaで、この記事がありました。

4000年前の新石器時代に文字を使用、広西の古駱越人=文字史書き換える発見―中国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111226-00000005-rcdc-cn

配信日時:2011年12月26日(月)10時1分
拡大写真
24日、新華ネットの報道によると、中国の駱越人は4000年前に文字を持っていて、チワン族の祖先である古駱越人は文字を持っていなかったという学説が誤りだったことがわかった。

2011年12月24日、新華ネットの報道によると、中国の駱越人は4000年前に文字を持っていて、チワン族の祖先である古駱越人は文字を持っていなかったという学説が誤りだったことがわかった。

駱越文字の発見は中国の文字史を書き換えるもので、駱越文化が中華文明の重要な源の一つだったことが証明された。

広西駱越文化研究会が先ごろ明らかにした。

中国史学界はこれまで、チワン族の祖先は文字を持っていかなったという学説で一致していた。

広西駱越文化研究会の謝寿球(シエ・ショウチウ)会長は次のように述べた。

研究会の専門家は大量の証拠を集めて、古駱越人が4000年前に表意文字を作り出していたことを立証した。

この駱越文字は新石器時代早期に使われ始め、大石サン(金+産)文化(4000~6000年前)には盛んに使われるようになり、中原の甲骨文字と水族の水書の起源の一つになった。

広西駱越文化研究会の専門家は今年10月、広西チワン族自治区百色市平果県馬頭鎮の感桑大石サン祭祀遺跡で古代文字が記された数十点の石板と大石サン(スコップのような形をした石)の破片を発見した。

12月19日、専門家は再び現場での調査を行った。

その結果、文字が記された最大の石は長さ103センチ、幅55センチで、表面に数百個の文字や符号が記され、多くが占いと祭祀の文章だった。

大まかな統計によると、石に記された文字は1000個あまりに達している。

文字が記された石片のそばに大石サンが置かれていたことから、これらの石片文字は大石サン時代のものと考えられている。

そのため、感桑大石サン祭祀遺跡の古駱越文字は中国で見つかった最も古い文字の一つといえる。

研究会の専門家は昨年11月、大明山で大型の古駱越祭祀基壇を発見し、基壇上に図案や符号が記されていたのを発見した。

広西博物館の元館長で、広西文物鑑定委員会主任の蒋廷瑜(ジアン・ティンユー)氏によると、これらの図案や符号は、新石器時代の古駱越人が祭祀の際に用いた符号だったという。

その後、研究会の専門家は南寧市の武鳴県、隆安県、百色市の田東県などの駱越祭祀遺跡で石器、玉器、骨片に描かれた古代の文字や符号を大量に発見した。

これらの符号は、単独で用いられるだけでなく、複数の組み合わせでも用いられており、専門家によって古代の文字であることが確認された。

中国に関しては、類似した記事は以前にもありました。

中国最古の文字か?4000年前に刻まれた謎の記号―河南省
配信日時:2008年12月10日 23時25分

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=26578

5日、宋豫秦教授率いる調査隊は河南省具茨山に刻まれた謎の記号に関する調査を終了、その年代が4000年前であることを突き止めたという。

一部では伝説の帝王・禹が残したものとの見方もでている。

写真は岩に刻まれた謎の記号。

2008年12月5日、北京大学環境科学・エンジニアリング学院の宋豫秦(ソン・ユーチン)教授率いる調査隊は河南省具茨山に刻まれた謎の記号に関する調査を終了、その年代が4000年前であることを突き止めたという。

一部では伝説の帝王・禹が残したものとの見方も出ている。9日、大河網が伝えた。

具茨山の岩壁に刻まれた謎の文字は1988年に発見された。

発見したのは当時18歳の少年、劉俊傑(リウ・ジュンジエ)。

これまでに5つの峡谷から3000以上の記号を発見、撮影してきたという。

発見から20年、これまで岩壁に刻まれた記号はその意味、成立年代のすべてが謎のままだった。

今回の調査では地層から判断して4000年前のものと推定され、一つの謎が解けたこととなった。

円や四角を組み合わして作った記号は中国の他地域では見られないもので、明らかに文化的背景を有したものと推定される。

ある研究者はこの記号は夏王朝の創始者、伝説の帝王・禹が残した黄河治水の図であり、中国最古の文字の可能性もあると指摘した。(翻訳・編集/KT)

石や岩に描かれた文字については、ギリシア語で石を意味するペトロと彫刻を意味するグリフから、ペトログリフと呼ばれます。

ペトログリフとは、意匠、文字が、象徴となる岩石や洞窟内部の壁面に刻まれ彫刻のことなのです。

中国の文字の歴史が書き換えられた発見だけに、今後の研究に注目したいです。

|

« やはり、日本人は西方から来た? | トップページ | 国分寺の陰に秦氏あり? »

中国」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506332/53617604

この記事へのトラックバック一覧です: 中国史も、書き換えられるか。:

« やはり、日本人は西方から来た? | トップページ | 国分寺の陰に秦氏あり? »