« 中国史も、書き換えられるか。 | トップページ | 縄文を世界から見直してみた。 »

国分寺の陰に秦氏あり?

日本の氏族の一つである中村氏は、郡や荘園の中心や地域の中心村落が中村と呼ばれ、そこを領したりそこに住したりした人々が中村を号した事にその名を由来するのです。

源平藤橘の出自から出自不詳まで幅広く存在し、中村姓は現在日本全国で25万世帯以上、人口にして100万人以上いるのです。

日本史上著名な一族は、以下の通りです。

中村連は、大和国忍海郡中村郷から興った中臣氏族。

出羽国の中村氏のうち仙台藩に勢力を持っていた人々で、清和源氏新田氏のうち新田義宗の裔と称した一族。

下野国の一族のうちの宇都宮氏家臣で、伊達氏の祖とされる藤原北家山蔭流伊佐氏、とくに常陸国の同族であるという伝承を持つ。

相模国の一族で、流れには、相模国の中村氏 、土肥氏、桓武平氏系の土屋氏、小早川氏などを輩出した。

因幡国の国人一族で、山名氏家臣、家宰を務めた一族。

播磨国で中世の波賀城城主となった、村上源氏赤松氏流の一族。

伯耆国の国人一族で、系図では南条氏の庶流と名乗っている羽衣石城の南条氏に仕えた一族。

米子藩主となった、豊臣氏家臣中村一氏の一族。

宇喜多氏の一族、坂崎直盛を祖とする中村氏。

九州千葉氏の流れである長崎氏の一族、大村藩の桓武平氏千葉流長崎氏の中村氏がある。

主な中村氏の出自として、あげられるのは、源氏、平氏、中臣氏または藤原氏、橘氏です。

はかには、上毛野氏、名張氏、楠田氏、伴氏、紀氏、菅原氏、多々良氏、秦氏、惟宗氏、阿蘇氏などがあげられるのです。

中村氏の起源とされる源氏には、清和源氏の流れと宇多源氏佐々木氏族の流れがあるのです。

清和源氏の流れはさらに、頼光流多田氏族、舟木氏族、新田氏族、武田氏族、小笠原氏族、土岐氏族、満快流。

武田氏族からはさらに、栗原氏流が分かれるのです。

中村氏の起源とされる平氏の大半が桓武平氏で、良文流中村氏族、良文流秩父氏族、大掾氏族、伊佐氏族、千葉流長崎氏族などがあげられるのです。

中村氏の起源とされる中臣氏は、中臣氏族中村連、中臣姓和田氏族、荒木田氏族などがあげられるのです。

中村氏の起源とされる藤原氏は、北家と南家があるのです。

藤原北家はさらに、山蔭流伊佐氏族、秀郷流結城氏族、利仁流井口氏族に分かれるのです。

藤原南家はさらに、巨勢麻呂とも呼ばれる藤原巨勢麿流、工藤氏族に分かれるのです。

中村氏の起源とされる橘氏は、橘姓渋江氏族を務めた一族です。

中村氏の起源に源氏と平氏が名を連ねるが、いずれも天皇家の出だし、皇室の血縁に藤原氏が深く関わることから、ここは一つの纏まりと見て良いでしょう。

また、藤原は中臣に遡るので、ここも纏められるのです。

 源氏、平氏、中臣、藤原で、一つの纏まり。

藤原氏についても、秦氏の一族と指摘する声があるので、秦氏も加えて良いでしょうね。

中臣氏や藤原氏が出てくる以前、秦氏は宮廷で一大勢力だったからです。

 源氏、平氏、中臣、藤原、秦氏で、一つの纏まり。

 残るは橘氏ですね。

橘氏は、古代日本に活躍した氏族の一つです。

 いわゆる四姓、源平藤橘の一つでしたね。

和銅元年(708年)、県犬養宿禰三千代が元明天皇から橘宿禰の氏姓を賜ったことを淵源とするのです。

その子、葛城王が橘諸兄へ改名した後、諸兄の子孫は橘氏を称したのです。

諸兄は、初め橘宿禰の姓を受け、その後、橘朝臣の姓を賜与されました。

平安時代に入ると、橘氏の多くは橘朝臣を称し、平安時代中期まで代々公卿を輩出したが、その後は橘氏公卿が絶え、以後振るわなかったようです。

橘三千代ともいう県犬養三千代は、奈良時代前期の女官だったのです。

天智4年(665年)ころから天平5年1月11日(733年2月4日)の人と見られているのです。

出仕時期から天智4年(665年)出生の可能性が考えられているが、出生年月日は不明です。

橘三千代は、『新撰姓氏録』『尊卑分脈』によれば父は県犬養東人とされるが、東人の事跡は不明で母も不詳だそうです。

県犬養氏は屯倉を守護する伴造氏族のひとつで、壬申の乱では県犬養大侶が天武天皇となった大海人皇子に近侍し、天武13年(684年)に宿禰姓を賜った中堅氏族です。

伴造(とものみやつこ)とは、連(むらじ)とも重なり、また連の下でヤマト王権の各部司を分掌した豪族です。

伴造には、秦氏、東漢(やまとのあや)氏、西文(かわちのふみ)氏など代表的な帰化氏族があるのです。

他に、弓削(ゆげ)、矢集(やずめ)、服部(はとり)、犬養(いぬかい)、舂米(つきしね)、倭文(しとり)などの氏があるのです。

彼らは、連、造(みやつこ)、直(あたい)、公(きみ)などの姓(かばね)を称したです。

 帰化氏族には、さまざまな名があげられるが、なんといっても代表格は秦氏でしょ。

 何しろ帰化氏族の中でも、最大勢力であり、ほとんど古代における帰化氏族の代名詞的存在だから。

細かいところを気にする人は多いだろうけど、実質的に伴造すなわち秦氏だったと言えるかも。

 そうなると、橘氏も秦氏の流れである可能性が、大いにある。

 源氏、平氏、中臣、藤原、秦氏、橘氏で、一つの纏まりと見て良いかもしれない。

 ところで、なにが言いたいの。

全国につくられた、国分寺や国分尼寺の中で最大級として真っ先に思い浮かぶのが、東京都国分寺市の武蔵国分寺と、宮城県仙台市の陸奥国分寺だそうです。

 仙台と言えば、伊達氏を思い出すのですけど。

伊達氏は、鎌倉時代から江戸時代まで東北地方南部を本拠とした一族で、藤原氏の藤原北家山蔭流と称するから、今回取り上げた中村氏と同族と言えるでしょう。

その陸奥の地域で、中村氏は大きな勢力を張っていたようなのです。

 陸奥国分寺の担当地域の面積は大きいから、規模が大きいのも当然に見えますよ。

それは、そうでしょうけどね。

 担当した地域の面積の割に大規模な武蔵国分寺の位置付けがいかに大きかったか、わかりますね。

武蔵国分寺がいかに重要視されたか、再建の歴史からも見て取れると指摘する声もありますね。

ちなみに、国分寺は僧寺、国分尼寺は尼寺と略されるのです。

そのうちの武蔵国分寺跡にいったことがあるが、近接する国分尼寺が普通の国分寺や国分尼寺の大きさなのに対し、創建当時の武蔵国分寺は国分尼寺の約4倍の規模だったといえるのです。

具体的に言えば、国分寺の方は短いところで三町半、長いところでは四町あったのです。

国分尼寺も縦横がそれぞれおおよそ一町半だったというから、十分大きいですけどね。

 実際は国分寺も国分尼寺も、敷地は長方形でしょ。

ええ、南北のほうがいくらか長いです。

武蔵の国界隈を含む関東と言えば、古代において秦氏の一大勢力があった地域です。

全国各地につくられた国分寺や国分尼寺は、僧寺に僧20人、尼寺に尼僧10人を、それぞれおき、欠員が出たら補充することとされました。

国の命令で営まれた寺なので、当然国家公認の僧でなければならないです。

公認は、戒律を守った証として戒壇で得度することで得られたのです。

その国家公認の戒壇が、奈良の東大寺、大宰府の観世音寺、下野国の薬師寺の三つで、天下の三戒壇と呼ばれました。

 下野国は今の栃木にあたる…。

北九州も、古代には秦王国があったと指摘されますね。

 稲荷神社について調べると、秦氏の氏神であったこと、伏見稲荷大社が総本社となっているが、宮城県、栃木県、愛知県など全国に広がることが、記される。

 天下の三戒壇はいずれも、秦氏の勢力が強かった地域ですね。

 最大級の国分寺で思い出される陸奥国分寺の宮城と、三大戒壇の一つがあった栃木が、稲荷の目立つ地域に入ってますよ。

そして、東京都国分寺市の武蔵国分寺の地元も秦氏の勢力が強かったので八幡神社が多いですよ。

 陸奥国分寺の界隈にも、秦氏縁の八幡神社が見つかりますね。

他の国分寺についても、確かめる必要はあるけど、近くに八幡神社が見つかる可能性は考えて良いかも。

かりに、八幡神社が見えなくとも地名にある場合もあるから、そこも注意してみたいです。

一見すると秦氏の姿がないように思える場合でも、歴史を遡ると秦氏の影が見えてくる可能性もあるでしょうね。

宮城の辺りも秦氏の一大勢力があった土地であり、ほとんどの国分寺や国分尼寺も、秦氏の勢力が強かった土地を中心に建てられたと見ても良いかもしれないですね。

|

« 中国史も、書き換えられるか。 | トップページ | 縄文を世界から見直してみた。 »

歴史」カテゴリの記事

仏教」カテゴリの記事

神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国分寺の陰に秦氏あり?:

« 中国史も、書き換えられるか。 | トップページ | 縄文を世界から見直してみた。 »