« たまには政治に文句言います。 | トップページ | 中国は分裂前の古代国家か。 »

聖徳太子と陰陽と鳥?

2001年と、ずいぶんだけど、聖徳太子関連の文物を集めた展示をみました。

いまさらだけど、そのときの覚書をもとに話を展開してみたいです。

さすが、聖徳太子ですねえ…。

いやはや…。

またぞろ、仏画・仏像に奥深さを見た気がしたのです。

仏陀が四人の僧に囲まれるばかりか、その上に生命の樹の形を意識したとしか言いようの無い並び方で僧侶たちが描かれたものがあったです。

中には、仏陀の、四人どころか六人に囲まれたものもあったです。

四人ならメルカバー、六人と言えば六芒星としか言いようがないです。

六芒星とすれば、下向きの女性原理と上向きの男性原理の“和”であり、その中に立ち得るのは陰陽太極を連想させられる御父の御子であるのでしょうか

なぜ、御父に陰陽太極を連想させられるかというとです。

御父は、単数の神を表すエルじゃなく、複数の神々を表すエロヒムと呼ばれるからです。

エロヒムとエロス、なんとなく、音が似てるでしょ。

陽の御父と陰の御母で、エロスとかです。

なんとなく、思っちゃったのです。

でも、仏像でふっと思ったことがあるのです。

襞とか飾りに関してです。

仏教衣装で、肩から下げるタイプのものがあるのです。

それだけなら、古代ギリシャ・ローマだってってかです。

わざわざ留め金を使って下げているのです。

その位置は、ほぼ心臓の前です。

そこから腰にかけて、襞が広がっているのです。

十二支でいうと寅にあたる、旧暦なら一月に対応する、方向に見えるのです。

その目で見ると、半伽思惟像は右手を頬まで上げ、左手は左膝に乗せた右足の足首を押さえているから右手から左手にかけて右回りの流れが感じ取れそうなのです。

この右向きの流れは、十二支、暦、五行循環に共通しているのです。

聖徳太子展で、いろいろ陰陽道を連想するものを見たけど、ほかに目に付いたものがあるのです。

鳥なのです。

正確には、鳥を模した造詣なのです。

仏像がかぶっている冠の多くが鳥の形を模して、作られているのです。

さらに、ちょっと思いがけないものを見たのです。

四天王なのです。

それぞれのシンボルを持って、ただ立っているだけでこれといったポーズをとっていないのです。

かといって冠も特に鳥に似た形も、していないように感じられたです。

なにげなく、衣、それも袖の裾をさりげなく眺めてあっけにとられたのです。

四天王の体全体が、鳥の形をあらわしていたのです。

鳥仏師と呼ばれた鞍作鳥(くらづくりのとり)って、たしかこの時代の人…ですねえ。

なるほど、“鳥”仏師と言われるわけだと、妙に納得したです。

 鞍作鳥、鳥仏師といわれてましたよね。

 そういえば、正倉院御物の装飾も、やたらと鳥が目立つという声を聞いたことがあるのです。

 神社に鳥居、神輿に鳳凰、奉納舞にも鳥の飾りが目立つような…。

日本にもある、古代エジプトの太陽の船に似た絵にも鳥が乗ってるのです。

鳥に注目すると、面白いですね。

あ、それから、聖徳太子ご幼少の像も、たくさん出ていたのです。

ちょっと面白いものが、あったです。

中には、着せ替え人形になったのもあったのです。

写真だけだったけれども、その着せ替え人形に衣を着せた後、頭から上着を被せてあるのです。

これは後ろや横から眺めると、兎の形になるのです。

この兎は、もちろん、月の兎かも知れないです。

 聖徳太子は面白話がいっぱいですよね。

 懐かしい、日本史を思い出しました。

 確かに聖徳太子は、ご幼少のころの像が多いですね。 

 広隆寺見に行った時も、聖徳太子の幼少の絵がたくさんありました。

 「日の出処の天子」読んでて<厩戸の王子>って知りました。

 不思議です。

聖徳太子、確かにご幼少のころを表す像が多いです。

 釈尊の「天上天下唯我独尊」の像も、幼児像ですね。

 イエスは母子像という形で、幼児像が多いです。

日本には、泣き相撲や、稚児舞のような、童子祭祀は多いです。

仏やイエスの童子像や、童子祭祀とのなんらかのかかわりは、疑って良いかもしれないですね。

|

« たまには政治に文句言います。 | トップページ | 中国は分裂前の古代国家か。 »

歴史」カテゴリの記事

聖書・コーラン」カテゴリの記事

仏教」カテゴリの記事

生物」カテゴリの記事

陰陽・弁証法」カテゴリの記事

コメント

I was sierously at DefCon 5 until I saw this post.

投稿: Bono | 2012年12月 6日 (木) 19時37分

It does that mean?

投稿: cova | 2012年12月 7日 (金) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖徳太子と陰陽と鳥?:

« たまには政治に文句言います。 | トップページ | 中国は分裂前の古代国家か。 »