« 行政と民主主義について想ってみた。 | トップページ | まな板とイエス? »

本当に流動性が必要なのは、どっちか?

うちは経済状況は悪くない、将来性があると言えない業種や企業は、転職転業のハードルが下がった社会では淘汰されやすくなるでしょうね。

説得力を持って夢や展望、いかに社会貢献してるかを語れる企業や業種が生き残るでしょうね。

そういう企業や業種が、面白い商品やサービスや技術を生み出せるでしょうね。

 今の日本、そういう企業や業種は、どれだけあるのでしょうね。

説得力を持って夢や展望、いかに社会貢献してるかを語れる企業が少ない、転職転業支援システム未成熟、こんな日本で解雇規制緩和すれば、社会保障費用ばかり膨れ上がって増税圧力になるでしょうね。

社会保障費削れば、医療や治安の費用が膨れ上がり増税圧力になるでしょうね。

 社会保障はそもそも、治安の必要から始まったはずですよね。

雇用を流動化したければ、転職や転業支援のシステムを民間活力も使いながら充実させるでしょうね。

中途採用でも不利にならない賃金体系に移行するでしょうね。

転職転業のハードルが下がれば、先細りになりそうな業種や企業から脱出組はごそごそ出るかも知れないですよ。

 逆にうちは将来展望があるとアッピール出来ない業種や企業が、淘汰されるかもしれませんね。

残業当たり前の日本で、定時帰宅促進すると賃下げになるでしょうね。

 一企業にとっては人件費圧縮だが、みんながやると市場収縮になるでしょうね。

政治主導で最賃引き上げと解雇規制すれば、労働生産性向上に成功した企業から収益率アップが始まるでしょうね。

 個々の企業や業種にあった方法の模索を支援するビジネスも、興るかも。

日本は、このままほうっておいたら人口減少に歯止めがかからない国になるでしょう。

つまり、今要るのは転職転業支援システムの早急な充実で、淘汰されるべき企業や業種を炙りだし易い環境を作り、人材の有効活用を図ることではないですか。

再就職や再就業のあてがない失業者を巷に溢れされ、賃下げ圧力にすることじゃないのでは。

 でも、働き方も、変わる必要あるかも。

真面目が悪いわけじゃないが、やみくもな精神論でははっきり言って人間らしい働き方とは言えないでしょうね。

 少なくとも、現代の働き方ではない。

頑張るだけなら、牛や馬でもできるし、牛や馬だって、少しは要領よくやろうとするのではないでしょうか。

天才とは1%のひらめきと99%の汗というが、報いられる努力は適切な気付きと指針があってこそではないでしょうか。

 くそ真面目にやるだけなら、機械化すればよい。

極端に言えば、そうなるでしょうね。

 ひらめきと創意工夫や柔軟性があってこそ、人がやる価値があるわけでしょうね。

今の日本、思い切った発想の転換が要るのかも知れないですね。

 いつだって、時代に合わせて変わらないといけないのは同じでしょ。

そうでしたね。

問題は、いつ、どういう方向に、どうやって変わるかですね。

 それが出来ないと、未来は見えない。

そうなのでしょうけどねえ。

|

« 行政と民主主義について想ってみた。 | トップページ | まな板とイエス? »

思想」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506332/57384166

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に流動性が必要なのは、どっちか?:

« 行政と民主主義について想ってみた。 | トップページ | まな板とイエス? »