« はたらくという言葉を考えてみた。 | トップページ | 働くの語源は西方にあり?英語VS日本語 その7 »

ヒッグス粒子は重さの決定者なのか?

2013年10月8日各メディアはノーベル物理学賞受賞は、ヒッグス粒子発見に貢献したピータ・ヒッグス氏とフランソワ・エングレール氏と伝えました。

今回は産経ニュースから引用します。

ヒッグス氏らにノーベル物理学賞 「ヒッグス粒子」の存在予言
2013.10.8 20:02 [ノーベル賞]
http://sankei.jp.msn.com/science/news/131008/scn13100820030000-n1.htm

ピータ・ヒッグス氏(右)とフランソワ・エングレール氏(AP)

 スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2013年のノーベル物理学賞を、物質に質量をもたらす「ヒッグス粒子」の存在を理論的に予言した英エディンバラ大名誉教授のピーター・ヒッグス氏(84)と、ブリュッセル自由大名誉教授のフランソワ・エングレール氏(80)に授与すると発表した。

素粒子物理学の大きな謎を解明した功績が評価された。

 ヒッグス粒子は全部で17種類ある素粒子のうち唯一、未発見だった最後の粒子。

1964年、ヒッグス氏はこの粒子の存在を予言し、エングレール氏は物質に質量が生じる仕組みを説明する理論を発表。

極微の世界の基本法則である素粒子の標準理論を完成に導いた。

 スイス・ジュネーブ郊外にある欧州合同原子核研究所(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を使った国際チームの実験で昨年7月、ヒッグス粒子とみられる新粒子が見つかり、今年3月に発見が確定。

わずか半年後の異例のスピード受賞は、科学史に残る大発見を裏付けるものとなった。

 ヒッグス粒子の性質を詳しく解明すれば、現在の標準理論を超える新たな物理学が生まれ、物質や宇宙誕生の理解が飛躍的に進むと期待されている。

 LHCは各国から計数千人の研究者が参加した巨大プロジェクトで、日本も東大チームなどがデータ解析や装置建設で貢献した。

 授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金計800万スウェーデンクローナ(約1億2200万円)が贈られる。

受賞の栄誉は素直に称えたいと思います。

だが、ヒッグス粒子と重力の関係とか、どう説明するのでしょう。

重力の大きさは重さに関係なく、同じ大きさだからといって、ヒッグス粒子の正体はヒッグス場と言うなら、重力場との関係が問題と思うのですよ。

ヒッグス場やヒッグス粒子は重さを与えてると言うが、どうやって、どの粒子がどの大きさの重さとヒッグス場やヒッグス粒子は判断してるのでしょう。

 ヒッグス場と粒子は相互作用し、その相互作用で重さは決まると言ってるようですね。

ヒッグス場やヒッグス粒子は重さを決めてるんなくて、潜在的な重さを顕在化させてると言う方が、本当じゃないのでしょうか。

無重力下で量りは使えないが、加速度で重さは調べられるのですよ。

 加速度は重力と区別できないはずですね。

つまり、重力加速度は潜在的な重さを顕在化させてると言っても良いのでは、ないでしょうか。

 これは見かけ上、重さを与えているように見えると思うのですが。

ヒッグス場やヒッグス粒子は重さを与えてると言うが、どうやって、どの粒子がどの大きさの重さとヒッグス場やヒッグス粒子は判断してるのでしょうね。

 相互作用の大きさで決まるとしても、その相互作用の大きさはどうやって決まるかですよ。

ヒッグス場やヒッグス粒子に、決定権があるとでも言うのでしょうか。

重さを与えてると言うなら、与える重さを決めている基準は何なのでしょう。

  ヒッグス場やヒッグス粒子は重さを決めてるんじゃなくて、潜在的な重さを顕在化させてると言う方が、本当じゃないでしょうか。

ヒッグス粒子・ヒッグス場が重さを与えてると言うなら、粒子の重さをどうやって決定してるか、それを突きとめるのが次の課題になるはずです。

今後の展開を、注目したいですね。

|

« はたらくという言葉を考えてみた。 | トップページ | 働くの語源は西方にあり?英語VS日本語 その7 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

物理」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

重力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506332/58346496

この記事へのトラックバック一覧です: ヒッグス粒子は重さの決定者なのか?:

« はたらくという言葉を考えてみた。 | トップページ | 働くの語源は西方にあり?英語VS日本語 その7 »