« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

日本はもっと説明と説得の重要性を肝に銘じるべき。

日本は、どれだけ調査捕鯨の成果の公表と販売益をどう活用してきたかの釈明をしたかを問われていると、意識すべきでしょう。

日本の調査捕鯨は「科学研究目的ではない」と、何故判断されてしまったのか、もっと深刻に受け止めないといけないのではないでしょうか。

説明責任を十分果たしてこなかったつけが、回ってきたと気づくべきではないでしょうか。

日本的発想に頭のてっぺんまでどっぷりつかってしまってることに気が付かなかない限り、なんで調査捕鯨を巡る裁判で日本は訴えられ負けてしまったか、永久に理解できないだろうと、暗澹たる気持ちになります。

日本人にありがちな発想は、世界では通用しなかったのですがね…。

調査捕鯨に中止命令=「科学研究」逸脱-日本が敗訴・国際司法裁
時事通信 3月31日(月)18時54分配信

 【ハーグ時事】日本が南極海で行っている調査捕鯨は国際法違反だとして、オーストラリアが即時中止を求めて起こした訴訟の判決が31日、オランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ)であった。ペテル・トムカ裁判所長は、日本の調査捕鯨は「科学研究目的ではない」と述べて豪州の主張を支持。合法的活動だとの日本の訴えを退け、日本に調査捕鯨の許可取り消しと、現在の形での捕鯨活動中止を言い渡した。日本は捕鯨政策で大転換を迫られることになった。

31日、日本の調査捕鯨問題で判決を下す国際司法裁判所(ICJ)判事ら=オランダ・ハーグ(EPA=時事)

南極海調査での捕鯨頭数

〔写真特集〕クジラ 海の王者

 裁判は一審制で、上訴はできない。日豪ともに判決を受け入れる方針。日本がICJの裁判で当事国になったのは初めて。(2014/03/31-19:40)

「調査捕鯨」

 クジラの生息数や生態などの科学的調査を目的とした南極海や北西太平洋での捕鯨。国際捕鯨取締条約に基づき、日本は1987年からミンククジラなど5種を捕獲。今回の訴訟は南極海での日本の調査捕鯨が問題視された。現時点で日本のみが実施している南極海は、2005年に863頭あった捕獲数が反捕鯨団体シー・シェパードによる妨害行為の影響で、12年は103頭に減少している。「保護すべき野生動物」とする反捕鯨国は「調査捕鯨は事実上の商業捕鯨」と主張し、中止するよう求めている。(了)(2014/03/31-17:51)

日本はどれだけ世界に捕鯨について理解を求めるための説明と説得をしてきたでしょう。

説明と説得をしないのは出来ないとみなされ、自らの行為に道理がないと認めるに等しいとみるのが欧米など意識なのです。

日本は、世界に対するアッピールが弱いし下手くそすぎます。

どうやれば世界を説得できるか考えようと、意識してる人が日本の指導者層の中にどれだけいるでしょう。

日本人は、言わなくてもこれくらいわかるだろうという意識や、言わなくてもわかってくれという意識が、強すぎないでしょうか。

世界は、言わなきゃわからん、言わないのは意見がないのと同じだ、が当たり前なのですよ。

言いたいこと、言うべきと思ったことは、口に出して、ちゃんと言葉にして伝えるのが、ちゃんと言葉にして伝えられるのが、人間と他の生き物との決定的な違いと言うのが欧米人の発想ですから。

グローバル人材とは説明力と説得力のある人と思うべきではないでしょうか。

言う意思も能力もないと思われたら、欧米人には人とは認識してもらえない位に思っておいた方が良いですよ。

人は神の似姿として、創造されたと聖書の冒頭にあります。

創造論を有り得ないと、馬鹿にしてかかってるように見える人でさえ、潜在意識に刷り込まれているのが欧米人と覚悟しておいた方が、良いかも知れません。

日本は、技術や美術では、優れたものを世界に大量に発信してきました。

だがどれだけ、グローバルスタンダードを勝ち取ってきたでしょうか。

世界は言わなきゃわからん人ばかりが、住んでいると思った方が良いのです。

説明力と説得力は最大の武器なのです。

説明力と説得力の必要性と重要性を知らなきゃ、日本は負け続けますよ。

冗談抜きで。

権利は、戦いとるものであり守るべきものなのです。

このことを、日本はもっと知るべきです。

言いたいことがあるはずなのに言わないのは言えないのと同じであり、相手の言い分に同意してると同じとみるのが世界なのですよ。

世界は、アッピールがすべてなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内部留保にはメタボの基準ってないの?

内部留保は、生体で言えば皮下脂肪みたいなもんで、適度に必要とは思うのですよ。

だが、この間急速に増えた分は通常の必要分をはるかに超えているでしょう。

投資に回せないから内部留保になるってことは、余り増えたらメタボですよね。

通りで経済という名の血流が滞るわけですね。

 日本では非正規は、大半が低賃金労働者でしょ。

低賃金労働者は慢性金欠が多いですよね。

お金って経済で言えば赤血球みたいなもんだと言えるでしょ。

言って見りゃ金欠労働者の増加は、経済の貧血とどう違うのでしょうか。

貧血気味を放置したら無理が効くわけないですよね。

 だから消費税増税で廃業が増加するわけでしょうね。

もちろん、生理学や病理学の例えがすべてにきれいに当てはまるわけじゃないですけど。

だが、相似形な部分も多いので、例えた方が分かり易い場合は大いに例えるべしではないですか。

残念ながら経済の研究者で生命科学に詳しい人は少ないのが実態でしょうね。

例えれば分かり易い場合は多いはずですけどね。

内部留保で賃上げが共産党の言い分と言う人は後を絶たないが、その人は首相も共産党と言いたいのでしょうか。

首相、内部留保での賃上げ「これからもお願いする」
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL240OT_U3A021C1000000
/

2013/10/24 14:35

 安倍晋三首相は24日午後の参院予算委員会で、企業の内部留保を活用した賃金引き上げについて「これからもお願いする」との方針を示した。共産党の小池晃氏への答弁。

 賃金や雇用改革を官民で話し合う政労使会議で麻生太郎副総理・財務・金融相が経済界に対して同様の要請を行ったとも説明した。その上で「デフレ経済から脱却できるかもしれないと多くの企業が考えられる状況になったので、しっかりと(内部留保を)人材に充ててもらいたい」と述べ、今後も経済界への働きかけを行う姿勢を強調した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

内部留保に回す分を前年度より減らして賃金引き上げに当てるというと厳密かつ正確にはなるが、論旨がぼやけやすくなります。

分かり易さを優先するから、内部留保を活用して賃上げを、と言う議論になるわけですね。

議論は時として、誤解を恐れずに厳密さを犠牲にすることになります。

本質を優先するからです。

内部留保は賃上げの原資にできないと言う場合、多くは活用と取り崩しを混同し容易に換金や現金化できないという主張だが、前年度より賃上げの原資に回す分を増やし内部留保に回す分を減らすだけで良いと言うことですね。

現金や換金性の高い分を言うのは、動かしやすいからに過ぎないのですよ。

 ちゃんと聞いてから反論して欲しいですね。

わたしが内部留保の問題を取り上げるのは、批判に反論したいからであり、また、どうやって反論したらいいか困ってる人に最低限の理論武装をして欲しいからです。

効果的反論には、本丸とも言うべき要所要点急所をつけばいいのではないですか。

新たな用途や必要が出れば前年度と同程度の額は内部留保に回せなくなる事態は、これまでにもあったはずでしょ。

ましてや、従来の規模を上回る額で溜まり続けている内部留保の総額を適正規模に抑える努力をするのは当然ではないでしょうか。

だから、賃上げ原資への活用を提起するのです。

内部留保で賃上げをと言うと、会計のプロ集団からは内部留保の多くは容易に換金や現金化できないからデマだと突っ込む人がどうしても出るのです。

前年度実績に照らして内部留保に回されるであろう分から賃上げの原資は捻出可能なはずであり、だから1%程度回せと提起するのですよ。

 それ位出せるはずでしょう。

内部留保で賃上げをと言う背景には、近年急激に増加した部分の多くが換金性が高いこともあるわけです。

だが、すでに内部留保になってるモノを取り崩さなくても、これからの会計処理でこれまで内部留保に回されていた分のうちから賃上げ原資に振替えられる分があるはずと言うことです.

 体の例えで言えば、新たに摂った栄養で賄えば、体脂肪は減らさないで良いとなるでしょうね。

溜まりすぎた体脂肪は適正なところまで、減らすのが好ましいように、内部留保もどれくらいが適正なのか考える方が良いでしょうけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

太陽に着陸した!?太陽は本当にガス天体か。その4

秒刊SUNDAYと言うサイトに、驚くべき記事が掲載されました。

飛鳥昭雄や三神たけるやムーの愛読者が大喜びしそうな、内容です。

この記事がもし事実なら、太陽に関する一切の定説が覆ることでしょう。

まず、太陽の熱に耐え得る素材もしくは太陽の熱から守る手段を開発できたならば、それは、太陽の温度は耐え得る素材や手段を開発し得る範囲である可能性を示しています。

さらに、 「太陽」に着陸成功を発表!黒点のサンプルも持ち帰る、とあるがこれは太陽がガス天体ではなく乾いた表面を持っていると言ってるのに等しい表現です。

私はかつて、ペテルギウスには乾いた表面があるのではないかと述べました。

ベテルギウスの瘤はガスの塊で説明できるか

また、太陽はガス天体ではないとも、繰り返し述べてきました。

太陽は本当にガス天体か。その1

星は氷から生まれた?太陽は本当にガス天体か。その2

プラズマは液中で発生する。太陽は本当にガス天体か。その3

太陽も、乾いた表面を持つ天体と見た方が良いようです。

2014年03月02日15:28
北朝鮮が人類史上初の「太陽」に着陸成功を発表!黒点のサンプルも持ち帰る
カテゴリ:海外ニュース
http://livedoor.blogimg.jp/yukawanet/imgs/e/2/e2f9a571-s.jpg

驚くべきニュースが海外で話題となっております。朝鮮中央通信によると北朝鮮が「人類初の太陽への着陸」に成功し、人間をそこに立たせることができたと発表。しかもそれにかかった時間はたったの4時間だったといいます。地球から太陽まで4時間でついたというのです。事実かどうかは定かではありませんが、もしこれが事実だとすればとんでもないテクノロジーを北朝鮮は手に入れてしまったようです。

http://livedoor.blogimg.jp/yukawanet/imgs/7/d/7d8dbbef-s.png

―太陽に4時間で到達し特殊な防御スーツで熱から身を守る

さて、真実かどうかはさておきまして海外のIT系サイト「tweaktown.com」の報道によりますと、太陽に向かった英雄の名前は17歳の「フン」さん。たった4時間で太陽に到達し今朝の3時に出発したのだという。朝鮮中央通信によると「人類初の太陽着陸だ」と主張し彼を英雄とたたえているのだといいます。

※ちなみに現在の最先端の技術で太陽に到達した場合7か月かかるようです。

しかし太陽に直接近づけば、人体は瞬時に燃え尽きてしまうのではないかという懸念もありますがその点は心配なく、熱を遮断する特殊なスーツで身を守ったのだといいます。

確かにこれが事実であればとんでもない技術とテクノロジーを北朝鮮は手に入れてしまい「核弾頭ミサイル」などを恐れている場合ではありません。この技術を軍事活用されたらとんでもないパラダイムシフトが発生し、世界は北朝鮮の技術に屈するでしょう。


―すばらしい!黒点サンプルも持ち帰る!

更に素晴らしいことに、黒点のサンプル?(直訳)も持ち帰るのだという。黒点自体に物理的な「モノ」と呼べるものがあるのかどうかはわかりませんが、万が一持ち帰ることができれば「はやぶさ 帰還」の比ではないほどの功績であることには間違いありません。

北朝鮮へ「黒点」を見に行こうというツアーが組まれるほどの人気が出るのは間違いないが、黒点もそれなりに「熱い」。せっかくはるばる来た客がアッチッチ!とならないような対策と、念のため放射能に汚染されないような対策が必要だ。


―また、記事が「虚構」ではないの?

報道をしているのはGoogleニュースにも提供しているIT系サイト「tweaktown.com」ですが、北朝鮮の報道そのものが虚構という場合はその限りではございません。我々ができることはただ一つ。今世紀最大の素晴らしいプロレスごっこに世界のメディアを上げ付き合ってあげることです。


※追記:メール等でご意見いただきました。
 本当は着地できていないのではないかという意見のほうが多いようです。

http://bit.ly/1dOJEia

(ライター:たまちゃん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »