« 三星堆を作ったのはドイツ人のご親戚? | トップページ | 内部留保の溜まり過ぎはメタボと同じ? »

やはり宇宙は膨張してない?

膨張宇宙論には、どう考えても納得できないことが多いのです。

膨張していると言いながら、太陽系も銀河系も、大きさは安定しています。

これはどう考えても、矛盾しているのです。

アインシュタインは自らの重力理論では宇宙が潰れてしまうので、宇宙定数を導入しました。

引力と大きさは同じで、方向が反対なのが宇宙定数です。

万有引力と言う以上、ミクロからマクロまで、文字通り万物に大きさの差こそあれ、あるはずなのです。

大きさが同じで方向は反対な宇宙定数も、 ミクロからマクロまで、文字通り万物に大きさの差こそあれ、あるはずなのです。

アインシュタインは、膨張宇宙論が出るや、即座に宇宙定数を捨てて乗り換えました。

膨張宇宙論では、将来は素粒子の段階まで宇宙はバラバラになると予想しているが、この根拠はおそらくこの辺りにもあるのかも知れません。

   赤方偏移が見つかったが原因はドップラー効果なはずだから、宇宙は膨張していると見ないとおかしいと言う議論になり、遡れば一点に集まってしまうはずとなったわけです。

   そして、ビックバンですべての素粒子が誕生したと言う理論に展開してきたのでした。

   ならば将来は、すべての素粒子は再びバラバラになると、予想できるとされるのです。

だが、 太陽系も銀河系も、大きさは安定しています。

膨張していると言うなら、過去から現在に至るまでなぜ大きさは一定なのか、説明できないとおかしいです。

遠くを見ることは過去を見ることと、宇宙研究者は言います。

オリオン座のベテルギウスはいつ超新星爆発しても、おかしくないそうです。

すでに爆発しているが、情報はまだ届いていないという人もいます。

なのに、遠方のデータはものすごい勢いの加速を示しているからと、将来宇宙膨張はさらに早まるという人が出てきました。

観測データに忠実なら、宇宙の膨張は減速していると見た方が自然ではないでしょうか。

ダークマター(暗黒物質)やダークエネルギー(暗黒エネルギー)の存在も、指摘されています。

展開いかんによっては、将来、宇宙は収縮に転じるという事になるかも知れないのではないでしょうか。

さらにプラズマ宇宙論では、 ダークマター(暗黒物質)やダークエネルギー(暗黒エネルギー)の想定は必要ないと言います。

 同じデーターを見ているはずなのに、奇妙ですね。

重力については、重力赤方偏移も観測されています。

1984年、宇宙科学研究所(ISAS)のX線観測衛星てんまが、中性子星の強い重力による重力赤方偏移を世界で初めて捉えたと報じています。

重力赤方偏移は、一般相対論から導き出されていた星の表面から重力に逆らって光を放つと、 その光はエネルギーを徐々に失って行き、振動数は元よりも低くなる現象のことです。

ヨーロッパ宇宙機関の観測でも、重力赤方偏移は見つかっています。

てんまの方は、X線バースト中に、中性子星の強い重力場で赤方偏移したと考えられる、鉄の吸収線を発見だったのです。

つまり、間接的な観測だったわけです。

それに対して、ヨーロッパのX線観測衛星は直接、重力赤方偏移を観測していたようです。

XMM-Newton望遠鏡、中性子星による重力赤方偏移を観測
【2002年11月7日 ESA News】
http://www.astroarts.co.jp/news/2002/11/07neutron_star/index-j.shtml

ESA(ヨーロッパ宇宙機関)のX線観測衛星XMM-Newtonが、中性子星の強い重力による「重力赤方偏移」現象を世界で初めて捉えた。

中性子星は、太陽の8倍以上重い星が一生を終える際に超新星爆発を起こした後に残る、ひじょうに高密度の天体である。

その内部は普通の天体とは大きく異なった特殊な状態になっており、密度や温度はビッグバンによる宇宙誕生直後の宇宙の状態と似ていると考えられている。

今回XMM-Newtonが観測したのは、中性子星から放射される光が星の強い重力を受けてエネルギーを失う「重力赤方偏移」と呼ばれる現象である。

重力赤方偏移の量を調べることによって中性子星の質量を推定することができ、その質量と大きさから中性子星の密度、別の言い方をすれば中性子星の内部の状態、を知ることができるというわけだ。

今回のような観測を重ねることで、中性子星の内部、さらに初期宇宙のようすについてもっと多くのことがわかるようになるだろう。

起きている現象を比べてみても重力と加速度のどちらの影響を受けているか区別できないはずなので、観測されているすべての赤方偏移も 重力赤方偏移と見たって良いはずではないでしょうか。

  遠心力も加速度の仲間なので、宇宙ステーションで見かけ上の重力を発生させる方法として遠心力を用いる構想も以前からありますね。

その上に、青方偏移も見つかっています。

アンドロメダ銀河のスペクトルは、青方偏移しているという観測結果が報告されています。

秒速300kmで、こちらに近づいてきているそうです。

この青方偏移は、ほとんど無視されているようです。

これで、聖書の創世記の宇宙創成の話を非科学的と笑っているのですから、笑いたくなります。

|

« 三星堆を作ったのはドイツ人のご親戚? | トップページ | 内部留保の溜まり過ぎはメタボと同じ? »

思想」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

物理」カテゴリの記事

聖書・コーラン」カテゴリの記事

重力」カテゴリの記事

コメント

 私は宇宙は膨張も収縮もしていないと思います。ビッグバンもなかったでしょう。
 アインシュタインだか、誰かのテンソルによる宇宙方程式もそれが2階微分方程式であるなら扱うべきではないと思います。2階微分方程式からは収縮膨張を波動的に繰り返したり、漸近線まで永遠に変動続くような解しか得られませんから永遠に不変であるべき安定しそうな宇宙には使うべき数式ではありません。
 重力波、ヒッグス粒子も地動説の公転運動に要する重力の伝搬瞬時説とは矛盾の内容があります。
 天文学はあり得ない矛盾を平気でうそぶいています。

 重力は伝搬時間を要するのか要さないのか、それは未だ私にもわからないのですが、天文学者は重力の伝搬時間はどんなに離れていても瞬時といったり、逆に、伝搬時間を要するはずの重力波といったり天文学説は矛盾だらけだと思います。

 特に私には赤方偏移が宇宙の膨張の証拠とも思えません。青方偏移だってあるならなおさらです。
 ある星の光から赤方偏移が後退運動によって起きるとしたら、その星から発した分光の輝線系列(バルマーや、リュードベリほか)が同一の係数(Redshift)倍に周波数が伸びるべきです。その疑問で東京天文台に尋ねました。回答に論文のある1ページを貰いました。PC1247+3406:An Optically Selected Quasar with a redshift of 4.897 Schneider, D.P.,et al., 1991,The Astronomical Journal, Vol.102,pp837-840の839頁です。私の疑問の答えとなるべき表がありました。表2にRedshiftの項がありました。4.936+-0.001 4.913+-0.006 4.888+-0.003と4ケタで3種の数がありましたが、表1の4.897+-0.011とも違うようで4ケタというよりたった有効桁2ケタでの一致の程度のようです。この値から株価の高値安値終値のグラフ形式でエクセルに4値をグラフにしたら、一致しているとはいえそうもないグラフが現れました。
 2ケタの一致程度しかもともと精度が無いの観測値なら一致しているという立場もあり得ますが、誤差幅が0.006で4ケタの有効桁という観測値なら全く不一致を意味します。

 Redshiftの不一致の程度からは後退運動しているとも言えそうだし、後退運動していないとも言えそうです。赤方偏移の値が4.99+-0.11以内にすべて集まっていれば、一致しているとわたしも納得できたのですが、結局まだ疑問は解決できません。
 天文台の手紙には「後退速度に応じた赤方偏移の観測によって宇宙膨張を研究する手法が確立しております。」と書かれていました。こんなこと一致した証拠もなしにうそぶくんです。天文学っていい加減ですね。相手にするのも面倒です。

投稿: 伴 公伸 | 2014年8月27日 (水) 17時01分

無視したらおかしいと思えるデータが無視されていましたか。

やはり、膨張宇宙論は変ですね。

投稿: cova | 2014年8月28日 (木) 10時12分

重力と宇宙の膨張 については、現在のところビッグバン理論が完全に正統派であるかのような扱いになっていますが、銀河の回転曲線問題をダークマターやダークエネルギーという未だ存在の証明もされてないモノを持ち出して解決しようとするその態度は、ケプラーの理論以前に蔓延してた「周天円理論」の如くに見えて滑稽な印象を受けます。
このコメントのアドレスに入れたURLは私のページではなく、うつぎれい氏の「万有引力定数 G の持つ物理次元には宇宙膨張の原理と重力の原理が共に秘められてる。」という内容のサイトのものですが、この「 G の値が実は単位質量あたり、単位時間あたりの空間素 ( 空間の最小単位 ) の湧き出す空間増殖加速度を示している」という指摘は、本当は宇宙論と物理学にとって画期的なものなのではないか?とも思っています。

投稿: 多田冬彦 | 2014年10月 7日 (火) 02時32分

興味深い意見と情報、ありがとうございます。

やはり、ビックバンには無理がありますよね、

投稿: cova | 2014年10月15日 (水) 17時42分

こんにちわ。
1年ぶりの追加情報です。
昨2015年末から今年初めにかけて、同じうつぎ氏が「光にも静止質量があることを証明する簡単な実験方法の提案」と「ブラックホールは恐らく存在しない。或いは周囲に重力波及ぼせない」という2つのページを公表しました。 URL欄にその目次を入れときます。

アクセスは増えてるそうですが、どうしてこれが大騒ぎにならないのか、ちょっと不思議な気がします。

氏がUFOやかぐや月面写真の宇宙人基地の証拠などについて色々書いてる為にトンデモさん扱いされてしまってるのでしょうか?

投稿: 多田冬彦 | 2016年1月21日 (木) 19時47分

光の質量については、わたしも考察しています。

光には本当に質量がないか。 http://bit.ly/tH6ISF

そして、光の質量について賛意を表してくださる方もあります。

だが、残念ながらまだ少数派です。

投稿: cova | 2016年1月25日 (月) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506332/59997839

この記事へのトラックバック一覧です: やはり宇宙は膨張してない?:

« 三星堆を作ったのはドイツ人のご親戚? | トップページ | 内部留保の溜まり過ぎはメタボと同じ? »