« 特異点は避けられるか? | トップページ | 猫とイエスと安らぎと。 »

グローバルな人材って?

こういう記事が夕刊フジ2015年12月24日に載りました。

古舘伊知郞キャスターが「報ステ」を来年3月で降板すると電撃発表。高視聴率の一方で「偏向」の批判も。
立場をはっきり言わないで右から左に流すだけなら、広報と変わらないってこともっとみんなは考えた方が良いと思いますけど。
意見を聞けば自分の意見を言わざるを得なくなるのが、そんなに怖いのかしら。
人の意見を知りたければ自分も意見を言うのが世界の当たり前なんですけど。
マルコによる福音書第11章27から33節にこういう話があります。
一行はまたエルサレムに来た。イエスが神殿の境内を歩いておられると、祭司長、律法学者、長老たちがやって来て、言った。
「何の権威で、このようなことをしているのか。だれが、そうする権威を与えたのか。」
イエスは言われた。
「では、一つ尋ねるから、それに答えなさい。そうしたら、何の権威でこのようなことをするのか、あなたたちに言おう。 ヨハネの洗礼は天からのものだったか、それとも、人からのものだったか。答えなさい。」
彼らは論じ合った。「『天からのものだ』と言えば、『では、なぜヨハネを信じなかったのか』と言うだろう。
しかし、『人からのものだ』と言えば……。」彼らは群衆が怖かった。
皆が、ヨハネは本当に預言者だと思っていたからである。
そこで、彼らはイエスに、「分からない」と答えた。
すると、イエスは言われた。
「それなら、何の権威でこのようなことをするのか、わたしも言うまい。」
「では、一つ尋ねるから、それに答えなさい。そうしたら、何の権威でこのようなことをするのか、あなたたちに言おう。 ヨハネの洗礼は天からのものだったか、それとも、人からのものだったか。答えなさい。」
この聖書の言葉と似たような言葉は、日本人が欧米人に意見を聞けばたいてい聞くことになります。
意見も言わないっていうのは、世界じゃ「まったく同意見です異論ありません」と言ってると見なされます。
人に意見を言うなと言うのは、「同意しろ。異論を言うな」と強制してるのと同じですよ。
ジャーナリストはいらん、広報が居れば良いと言うのとどう違うのかしら。
立場のない意見や質問なんてない。
偏っているのが当たり前なんで、問題は、どこに偏っているか、何ではないかしら。
偏ってる=異論、偏ってない=同調、そういう見方自体も偏ってるって気が付いてない時点で怖いです。
日本はよく、失敗できない社会と言われます。
それって、実はこういうことではないかしら。
失敗できない社会=個性派をフォローする手段を知らない社会。
出る杭は打たれるっていうから、皆没個性になって、個性を発揮した人のフォローが出来る人が育ってない。
それが今の日本なんじゃないかしら。
感じで判断してるから、情報は欲しいが意見はけむったい。
感覚で同調しやすい意見には群がるが、ちょっと考えないとわからない場合は遠巻きにみてるか、素通り。
日本って、そういう人多いんじゃないかしら。
グローバル化を言うなら、まず、意見を言える人を育てなきゃダメと思いますけど。
どんなもんでしょう。

|

« 特異点は避けられるか? | トップページ | 猫とイエスと安らぎと。 »

思想」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

聖書・コーラン」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506332/62931420

この記事へのトラックバック一覧です: グローバルな人材って?:

« 特異点は避けられるか? | トップページ | 猫とイエスと安らぎと。 »