« 古代エジプトと古代南米は日本を絡めると繋がりが見える?! | トップページ | 道を選ぶとは。 »

バプテスマを受けるとは?

バプテスマ(洗礼)とは、キリスト教の礼典の一つです。

 

 宗派によって、解釈は様々なようですね。

 

ここでは、聖書に従って意味を考えていきたいと思います。

 

キリスト教におけるバプテスマ自体は、聖書によれば洗礼者ヨハネからイエスが受けた故事に由来するとされます。

 

 そう言えば、ヨハネにバプテスマを受けた人たちもイエスの弟子になるにあたって、バプテスマを使徒から受けなおしていますね。

 

ヨハネのバプテスマも天の神である御父に由来しているのは確かですが、使徒たちはイエスから受けた権能に基づくというところが違っています。

 

この話の前に、まず、イエスのバプテスマで何が起きたのかを、振り返る必要があります。

 

イエスが洗礼者ヨハネのところにバプテスマを受けようとしたとき、ヨハネは、パリサイ人やサドカイ人が大ぜいバプテスマを受けようとしてきたのを見て、彼らに言っていました。

「まむしの子らよ、迫ってきている神の怒りから、おまえたちはのがれられると、だれが教えたのか。」

パリサイ人やサドカイ人がバプテスマを、立場上受けに来たにすぎないと見抜いていたのです。

心から神に清めと許しを求めてきた人以外に、バプテスマを受ける資格がないことを洗礼者ヨハネは言いたかったのです。

 

ここを踏まえて、次の話を聞いてください。

 

マタイによる福音書3 13節から15

そのときイエスは、ガリラヤを出てヨルダン川に現れ、ヨハネのところにきて、バプテスマを受けようとされた。

ところがヨハネは、それを思いとどまらせようとして言った、「わたしこそあなたからバプテスマを受けるはずですのに、あなたがわたしのところにおいでになるのですか」。

しかし、イエスは答えて言われた、「今は受けさせてもらいたい。このように、すべての正しいことを成就するのは、われわれにふさわしいことである」。そこでヨハネはイエスの言われるとおりにした。

 

洗礼者ヨハネの戸惑う姿が、目に浮かびますね。

悔い改めも清めも必要がないはずのイエスが、バプテスマを受けたいと望んでいるのですから。

 

すると、奇跡が起きます。

 

マタイによる福音書3 16節から17

イエスは洗礼を受けると、すぐ水の中から上がられた。そのとき、天がイエスに向かって開いた。イエスは、神の霊が鳩のように御自分の上に降って来るのを御覧になった。

そのとき、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」と言う声が、天から聞こえた。

 

イエスは生まれた時から神の御子であったはずでしょ。

 

それなのに、天の神である御父の声がこう告げたのです。

「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」

 

これは事実上、天の神である御父による新たな教会の設立宣言であって、イエスをその会員第一番に確認したと告げた瞬間と言ってよいでしょう。

 

 天の神である御父は、イエスの下に新たな教会を設けると、宣言したわけですね。

 

洗礼者ヨハネは、天の神である御父がイエスの下に新たな教会を設けるための道を備えるために遣わされた預言者だったわけです。

 

聖書にはこうあります。

 

マタイによる福音書3 1節から3

洗礼者ヨハネが現れて、ユダヤの荒れ野で宣べ伝え、

「悔い改めよ。天の国は近づいた」と言った。

これは預言者イザヤによってこう言われている人である。「荒れ野で叫ぶ者の声がする。『主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ。』」

 

ですから、イエスの下に新たな教会に加わるためにはイエスから召された使徒たちによるバプテスマを受けることが必要だったのです。

 

さて、なぜ、イエスの下に設けられた新たな教会に加わるために、使徒たちからバプテスマを受ける必要があるかを見ていきましょう。

 

マタイによる福音書 10 1

イエスは十二人の弟子を呼び寄せ、汚れた霊に対する権能をお授けになった。汚れた霊を追い出し、あらゆる病気や患いをいやすためであった。

 

バプテスマを受けるとは、罪から洗い清められることですが、洗礼者ヨハネのバプテスマとイエスや使徒たちによるバプテスマの決定的な違いは聖霊が受けられるかどうかなのです。

 

 バプテスマのあとで聖霊を受けられるためには、天の神である御父からイエスの名によって受けた権能のある人が間に立つことが必要なのですね。

 

聖書には、こうあります。

 

ヨハネによる福音書 15 16

あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだのである。そして、あなたがたを立てた。それは、あなたがたが行って実をむすび、その実がいつまでも残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものはなんでも、父が与えて下さるためである。

 

聖霊を受けさせることができる権能を授かるには、神から召されなければならず、それには神に召された預言者の存在が欠かせません。

 

イエスも、救世主(メシア あるいは キリスト)として召されただけでなく、預言者としても召されています。

 

しかし、バプテスマを受けることは、単に、教会員としての確認の儀式をうけるにとどまらない意味をもっているのです。

 

それを、次に見ていきましょう。

 

ローマ人への手紙 6 3節から4

それとも、あなたがたは知らないのか。キリスト・イエスにあずかるバプテスマを受けたわたしたちは、彼の死にあずかるバプテスマを受けたのである。

すなわち、わたしたちは、その死にあずかるバプテスマによって、彼と共に葬られたのである。それは、キリストが父の栄光によって、死人の中からよみがえらされたように、わたしたちもまた、新しいいのちに生きるためである。

 

バプテスマを受けるとは、実は、イエスとともに贖罪の死と復活をしているのだということです。

 

イエスの贖罪の死と復活により、永遠の過去から永遠の未来までの全ての人に、罪からの清めが神から認められるわけですね。

 

ただしそれには、バプテスマを受ける必要があるわけです。

 

バプテスマを受けることにより清められたので、その人の一生の罪は神の御前でなくなったので、たとえ何年も道に迷って神から離れてしまったとしても、悔い改めて神の導きについていく道を選ぶなら、神は許してくださる。

 

ルカによる福音書15章にある、有名な放蕩息子の譬えをみれば、よくわかることと思います。

 

全ての人は神から見て、みな、放蕩息子ですから、神は戻ってきてくれた人々をみな「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」として、心から受け入れてくださいます。

 

そして、心の迷いによって神のもとを離れ何年も彷徨っていたとしても、天の神である御父は、一度バプテスマによって我が子として受け入れた人々に再びバプテスマを受けることはもはや求めません。

 

 バプテスマを受けることで、人は一生の罪からの清めが受けられるわけですね。

 

ただしそれには、絶えず悔い改めを忘れないことと、象徴としてイエスの血と肉の証を受ける聖餐式に努めて参加することが求められていますけどね。

|

« 古代エジプトと古代南米は日本を絡めると繋がりが見える?! | トップページ | 道を選ぶとは。 »

思想」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

民俗」カテゴリの記事

聖書・コーラン」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

食文化」カテゴリの記事

コメント

洗礼は、クリスチャンにとって、然程重要ではありません。

ファンダメンタルな教会(中国)などでは、リスク回避から、洗礼をしない例も沢山あります。

そもそも、イエスはヨルダン川があったので、


イエスを信じれば救われます。


実際、十字架で、イエスの脇のバラバは、イエスを信じると告白しただけで、「パラダイス」を約束されました。


アスペルガーゆえ、文章のまとまりのなさ、お許しください。

あなたに即決祝福がありますように。

投稿: 阿部田 | 2016年7月 3日 (日) 21時57分

あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだのである。この言葉は、とても大切です。教会を建てるかどうかは、その人の心次第なのです。心に教会を建てるのです。神様が悔い改めを促されることがあります。心を清く神の方向を向いて生きていく人を神様が選ぶのです。形ではなく、拝んでいれば選ばれる訳ではありません。魂の清らかさが大切なのだということです。教会もキリスト様も一人一人の清らかな心にあるのです。そして、キリストさまを通じて神様が伝えてくださったことは、愛つまり福祉です。キリストさまは、行動することを伝えました。建物を建ててそこで祈ることを伝えたのではありません。福祉の展開で奇跡を行われたのです。福祉的な行動や心こそ大切なのです。アッシジのフランチェスコやマザーテレサのように自分の幸せは他者の幸せから与えられるという愛です。形だけではないのです。祈りだけではだめなのです。福祉こそ愛なのです。大切な人を自宅で介護し、自宅で看取ってあげたいと思うような思いが増えたらきっと神様は喜んでくださるだろうなぁ。在宅支援も沢山あるのですよ。福祉は、愛です。あなたの傍に愛がありますように。

投稿: 奇跡は真実 | 2016年7月 8日 (金) 00時28分

阿部田さん、奇跡は真実さん、神から認められることが何よりも大切であること、まことにその通りですね。

イエスの祝福によって救われた多くの人の話が、聖書にあるのも事実です。

では、バプテスマは必須ではないのでしょうか。

洗礼者ヨハネはイエスについて、聖霊と火によってバプテスマを施す方であると告げています。

つまりイエスは神の御子として、自らを遣わされた天の神である御父から認められた権能によって、聖霊と火によってバプテスマを施されたとみてもよいのではないでしょうか。

だが、そのイエスでさえ、弟子たちとともに水によるバプテスマを施されていたと聖書にはありますよね。


ならば、水によるバブテスマをなぜイエスは洗礼者ヨハネから受けたのか、ここを考える必要があるでしょう。

洗礼者ヨハネはイエスに、私こそあなたからバプテスマを受ける必要があると頼んでいます。

だがイエスは、今はなすべきことをさせてもらいたい、とヨハネに応え、水によるバプテスマを受けられました。

そして、聖霊が天から下り、御父は「私の愛する子、私の心にかなうものである」と告げられたのです。

最後の晩餐が聖餐式の起源であるなら、イエスの受けたバプテスマは、教会員としての確認の儀式の起源ではないでしょうか。

投稿: cova | 2016年7月12日 (火) 10時08分

バプテスマを受けることで、人は一生の罪からの清めが受けられるとは限らないと思います。
すべては、心の問題です。形ではないのです。
神様が見ているのは、福祉的愛の行動だと思います。祈っている形だけではだめなのです。聖餐式に努めて参加することだけでは、だめなのです。イエスさまは、弱い立場の人の所へ出向いて行かれたのです。愛の行動を実践されたのです。イエスさまが伝えたのは、福祉です。宗教儀式という形ではないのです。バプテスマを受けていない人であっても、仮に無宗教の人の所にでも、神は、これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者とお思いになられたら、聖霊をお遣わしになると思います。

投稿: 奇跡は真実 | 2016年7月19日 (火) 21時06分

奇跡は真実さんは、この聖句をどう解釈なさいますか。

ローマ人への手紙 6章 3節から4節

それとも、あなたがたは知らないのか。キリスト・イエスにあずかるバプテスマを受けたわたしたちは、彼の死にあずかるバプテスマを受けたのである。

すなわち、わたしたちは、その死にあずかるバプテスマによって、彼と共に葬られたのである。それは、キリストが父の栄光によって、死人の中からよみがえらされたように、わたしたちもまた、新しいいのちに生きるためである。

彼の死にあずかるバプテスマを受けたとあるのは、何を意味すると解釈なさいますか。

彼とはキリスト・イエスであり、彼の死とは十字架での死を意味するのではないでしょうか。

そしてこう続きます。

キリストが父の栄光によって、死人の中からよみがえらされたように、わたしたちもまた、新しいいのちに生きるためである。

これは、キリスト・イエスの十字架の死とよみがえりと、水によるバプテスマで水に沈み水から出ることは、神によって与えられた新しいいのちに生きるためのものとして、神の御前に等しいものとされたということではないでしょうか。

イエスの十字架での贖罪の死は永遠の過去から永遠の未来にわたる全ての人のための贖罪であり、バプテスマはその人の一生分の罪の贖罪ではないでしょうか。

だが人は過ちを犯し続ける存在でもあるので、神はイエスの十字架での贖罪の血と肉の記念として聖餐式を安息日の大切な儀式として備えられたのでは、ないでしょうか。

聖餐式は、イエスの譬えにある帰ってきた放蕩息子のために開かれた食事に比すことはできないでしょうか。

人は過ちを犯しても悔い改めと神の許しを請うために、安息日に教会に集い聖餐を受けるのではないでしょうか。

もちろん、バプテスマを受け、聖餐を受けたとしても、それで良しとして良いわけではないということはその通りです。

口先だけで神を崇める者より、行いが神の御心と御言葉にかなうものが良しとされるのも、おっしゃる通りです。

だが、そのことと、バプテスマの重要性を軽んじて良いことは違うのではないででょうか。

バプテスマのヨハネからバプテスマを受けた人たちでさえも、イエスの教会に加わりなおすためにバプテスマを受けたし、なによりもイエスご自身がバプテスマを受けておられる事実をどう解釈なさいますか。

投稿: cova | 2016年7月21日 (木) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506332/63710847

この記事へのトラックバック一覧です: バプテスマを受けるとは?:

« 古代エジプトと古代南米は日本を絡めると繋がりが見える?! | トップページ | 道を選ぶとは。 »