« 危機の時こそ冷静さを。 | トップページ | 生粋の日本人にこだわる意味ってあるのでしょうか。 »

やはり宇宙は膨張していない?!

膨張宇宙論でどうしても納得できないことがあるのです。

それは、空間が膨張しているという主張です。
内部構造が今のところ想定されてない電子などのレプトンやクオークには、内部空間を考えなくても良いでしょう。
だが、陽子などのハドロンはクオークが組み合わさって出来ていると見られている以上、内部空間を想定しない方がおかしいはずではないでしょうか。
さらに原子は陽子や中性子と電子から出来ていると見られている以上、これらの粒子の存在の場としての空間がないと考える方が馬鹿馬鹿しいはずではないでしょうか。
もしも空間が膨張しているというなら、ハドロンや原子はどうして膨張していないのでしょう。
ご都合主義にもほどがあります。
ご都合主義と言えば、遠くを見ることは過去を見ることと宇宙論では当たり前のように言われています。
ところが、遠くの方ほど赤方偏移が大きいことがわかると、将来はもっと膨張が加速すると真顔で議論が展開され、遠くを見ることは過去を見ることだからそれ違いますよと、誰も突っ込んでいないように見えるのです。
遠くの方ほど赤方偏移が大きいことは遠くの方ほど膨張が早いことを意味しているなら、遠くを見ることは過去を見ることなはずだから、宇宙の膨張は減速して、今は検出不能なほど遅くなっているという議論が展開されないとおかしくないですか。
さらに言えば、加速度と重力は区別できないとアインシュタインは指摘しています。
ハッブルが観測した赤方偏移の正体が、アインシュタインが放棄してしまった宇宙定数の存在の証拠だったらどうでしょう。
ちなみに、宇宙定数は宇宙項とも呼ばれています。
アインシュタインがあっさり宇宙定数を手放したのは、引力だけでは宇宙は一瞬で縮んでしまうので、引力と大きさが同じで向きが反対の力として苦し紛れに導入したのが宇宙定数だったからです。
それはプランク定数を見出したプランクが、プランク定数を暫定的に導入したに過ぎないと考えていていたことと似ています。
プランク定数は実在すると考えるアインシュタインのおかげで物理学に定着したが、宇宙定数には重力に斥力なんか見つかっていないし見つかるはずもないと誰も救いの手を差し伸べなかったと言う点が違いますけども。
歴史にもしはないが、仮にアインシュタインが、宇宙定数は引力と向きが反対なだけだから加速度と区別がつかないはずでハッブルの発見は宇宙定数の存在を裏付けた、と主張したならその後の宇宙論の展開は大きく変わっていたかもしれません。
今、皮肉なことに膨張宇宙論は再び宇宙定数に注目しだしています。
だが宇宙定数はもともと、定常宇宙論とペアで提起されたのであって、宇宙膨張を論じるためではありません。
膨張宇宙論に合わせて宇宙定数を定義しなおすなら、宇宙定数はかえって宇宙論に新たな混乱をもたらすことになるでしょう。
どこまでもご都合主義な膨張宇宙論に未来があるとは、とても思えません。
裏口から宇宙定数に変装させて招き入れるなんて、姑息過ぎます。
正直にアインシュタインが提起した通りの姿で、宇宙定数をレッドカーペットを敷いて玉座に迎え入れるべきでしょう。
その時は、膨張宇宙論がアインシュタインの定常宇宙論に降伏の白旗を掲げる時ではないでしょうか。

|

« 危機の時こそ冷静さを。 | トップページ | 生粋の日本人にこだわる意味ってあるのでしょうか。 »

天文」カテゴリの記事

物理」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

重力」カテゴリの記事

コメント

これはどうなんでしょう?

http://golden-zipangu.jp/japan-cosmo1025

投稿: | 2016年10月26日 (水) 06時56分

この手の話のあることは承知の上で展開した議論です。

確かに、見事に宇宙項も含めたアインシュタイン方程式から導きだされる予測と一致したと言っていますね。

だが、宇宙の過去を見るために出来るだけ遠方を見るわけでしょ。

遠方に行くほど膨張が加速しているというなら、過去に遡るほど宇宙の膨張は早かった、言い換えれば、時代が下るほど宇宙の膨張は減速していることになります。

さらに、近年、重力赤方偏移についての研究も進みました。

重力赤方偏移が直接観測できる目途は立ちつつあります。

貴方の紹介したこの記事は、アインシュタインの式から導き出される宇宙定数と重力赤方偏移の相乗効果の存在という結論の正しさが証明されたと高らかに宣言したようにしか、私には見えません。

この記事をお読み下さい。
重力赤方偏移そのものは地上では正しさが証明できていたと指摘しています。
天体観測では様々な困難から重力赤方偏移の研究が進んでいなかったが、恒星のスペクトル変化における重力赤方偏移の影響を調べる目途は立ちつつあります。

重力赤方偏移と精密視線速度測定
竹 田 洋 一
〈国立天文台 〒181‒8588 東京都三鷹市大沢2‒21‒1〉
e-mail: takeda.yoichi@nao.ac.jp
http://www.asj.or.jp/geppou/archive_open/2013_106_09/106_581.pdf

「一般相対論の予測する重力赤方偏移は確かに存在し,観測されるシフトの見かけの傾向はアインシュタイン効果と太陽大気の垂直速度場によるドップラー効果が合わさったものとして説明できる」

主系列グループは比較的早期型に近い星を多く含むのでこの青方偏移が重力赤方偏移を打ち消したから検出できなかったと考えられよう.

実際の運動による恒星の視線速度成分をきちんと押さえることができて重力赤方偏移直接検出への道も開けるだろう.

重力赤方偏移(半径R,質量Mの物体から発せられる光はドップラー速度に換算してvg=GM(/ cR)の赤方偏移を示す:ここでGは重力定数でcは光速度)については一般相対性理論に特有の予言というよりも,等価原理のもたらす帰結である.実際太陽スペクトルにおけるこの視線速度の増加(+633 m/s)は1911年の最初の論文でも1916年の完成した理論でも変わっていない.ただ理論の根幹となる原理が絡むことなので,万一これが成立していなかったら一般相対性理論は根底から覆されることになるからその意味でも事は重大だった.

投稿: cova | 2016年11月14日 (月) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506332/64197868

この記事へのトラックバック一覧です: やはり宇宙は膨張していない?!:

« 危機の時こそ冷静さを。 | トップページ | 生粋の日本人にこだわる意味ってあるのでしょうか。 »