« 三位一体を疑ってみた。 | トップページ | 日本どれだけ中東の飛び地なんですか。 »

聖書は死者の救いのために何をすべきと言っているのか。

イザヤ書 26 19

あなたの死者は生き、彼らのなきがらは起きる。ちりに伏す者よ、さめて喜びうたえ。あなたの露は光の露であって、それを亡霊の国の上に降らされるからである。

 

これはいったい何を意味する聖句なのでしょうか。

 

イエスは救いの計画の対象は、全ての人々であると明らかにしています。

 

マタイによる福音書 28 1820

イエスは彼らに近づいてきて言われた、「わたしは、天においても地においても、いっさいの権威を授けられた。 それゆえに、あなたがたは行って、すべての国民を弟子として、父と子と聖霊との名によって、彼らにバプテスマを施し、あなたがたに命じておいたいっさいのことを守るように教えよ。見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである」。

 

ならば、死者もその救いの計画の対象なのでしょうか。

 

ヨハネによる福音書 5 1926

さて、イエスは彼らに答えて言われた、「よくよくあなたがたに言っておく。子は父のなさることを見てする以外に、自分からは何事もすることができない。父のなさることであればすべて、子もそのとおりにするのである。

なぜなら、父は子を愛して、みずからなさることは、すべて子にお示しになるからである。そして、それよりもなお大きなわざを、お示しになるであろう。あなたがたが、それによって不思議に思うためである。

すなわち、父が死人を起して命をお与えになるように、子もまた、そのこころにかなう人々に命を与えるであろう。 父はだれをもさばかない。さばきのことはすべて、子にゆだねられたからである。

それは、すべての人が父を敬うと同様に、子を敬うためである。子を敬わない者は、子をつかわされた父をも敬わない。

よくよくあなたがたに言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをつかわされたかたを信じる者は、永遠の命を受け、またさばかれることがなく、死から命に移っているのである。

よくよくあなたがたに言っておく。死んだ人たちが、神の子の声を聞く時が来る。今すでにきている。そして聞く人は生きるであろう。

それは、父がご自分のうちに生命をお持ちになっていると同様に、子にもまた、自分のうちに生命を持つことをお許しになったからである。(以下略)

 

ここで注目したいのは、この下りです。

 

よくよくあなたがたに言っておく。死んだ人たちが、神の子の声を聞く時が来る。今すでにきている。そして聞く人は生きるであろう。

それは、父がご自分のうちに生命をお持ちになっていると同様に、子にもまた、自分のうちに生命を持つことをお許しになったからである。

 

つまり、死者であっても救いの計画の対象となると仰っているのです。

 

では、死者の救いは具体的にはどのように行われるのでしょう。

 

コリント人への第一の手紙 15 2529

なぜなら、キリストはあらゆる敵をその足もとに置く時までは、支配を続けることになっているからである。

最後の敵として滅ぼされるのが、死である。

「神は万物を彼の足もとに従わせた」からである。ところが、万物を従わせたと言われる時、万物を従わせたかたがそれに含まれていないことは、明らかである。

そして、万物が神に従う時には、御子自身もまた、万物を従わせたそのかたに従うであろう。それは、神がすべての者にあって、すべてとなられるためである。

そうでないとすれば、死者のためにバプテスマを受ける人々は、なぜそれをするのだろうか。もし死者が全くよみがえらないとすれば、なぜ人々が死者のためにバプテスマを受けるのか。

 

注目したいのはコリント人への第一の手紙1529節にある、死者のためのバブテスマです。

 

キリストが滅ぼされる最後の敵が死であると言っています。

 

しかし、最後の審判のために、全ての死者がよみがえることが聖書には記されているので、ここで言う死は肉体の死ではないことは明らかです。

 

とすれば、ここで言う死とは霊的な死と言うことです。

 

死者のためのバブテスマによって、死者は霊的な死から解放されると言うのです。

 

ならば、世の教会のどこが、死者のためのバブテスマを行っているのでしょう。

 

探すべきは、そういう教会であることは、聖書によって示されていますからね。

|

« 三位一体を疑ってみた。 | トップページ | 日本どれだけ中東の飛び地なんですか。 »

思想」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

聖書・コーラン」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506332/64777865

この記事へのトラックバック一覧です: 聖書は死者の救いのために何をすべきと言っているのか。:

« 三位一体を疑ってみた。 | トップページ | 日本どれだけ中東の飛び地なんですか。 »