« 法輪を考えてみた。 | トップページ | 神道とシンドウとヒンドウ? »

単弓類をめぐって爬虫類はどうなっていく?

爬虫類をめぐって、興味深いことになっています。

鳥と恐竜の境目はどんどんあいまいなって来ていて、もふもふな鳥のようなT-REXの表現も許容範囲になってきたこと、さらに、鳥と哺乳類の境目も授乳能力をめぐって揺らぐかもしれないことを話していたら、こんな反応がありました。

 

側頭窓の数で分類されるので境界が揺らぐことはないと思います。恐竜は双弓類、哺乳類は単弓類です。

 

こういう指摘だけれど、単弓類は古くは哺乳類型爬虫類に分類されていたのですよ。

 

単弓類は、爬虫類と見れば哺乳類に、哺乳類と見れば爬虫類に、似ているところが気になってしまう大変悩ましい存在なのです。

 

爬虫類型哺乳類に分類されなおしたのは、研究史上極めて最近の事です。

 

つまり、単弓類をどうとらえるかで、哺乳類と爬虫類の境目は簡単に移動するのです。

 

そして爬虫類の中での恐竜の位置付けも、大変に悩ましいことになってきているのです。

 

恐竜は、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類などのうち、どの部類に属するのですか?と言う問いかけに対し、答えは混乱したのですよ。


魚類に分類と言うのは、流石になかったようですけどね。

 

恐竜は単独で分類した方が良いとか、もはや鳥類で良いとか、まだ爬虫類で分類しておくべきだなど、答えがバラバラで、かえって質問者は頭を抱えてしまったのです。

 

恐竜は、爬虫類と鳥類の境目を引っ掻き回す存在となっているのです。

 

そして今や恐竜は鳥と区別がつかないのではないかとなっているのです。

 

一応、爬虫類と鳥類を繋ぐ中間に位置付けてはいますけど。

 

鳥と哺乳類の境目は、かつてはカモノハシが揺るがしたが、決め手となった授乳能力が当てにならない可能性があります。

 

ミルクを作る能力のある素嚢(そのう)は鳥類の特徴の一つだし、鳥類の中には素嚢以外を用いてミルクをだす種もある以上、授乳能力もまた、鳥類の一般的能力に加わるかもしれないわけです。

その素嚢は恐竜にもあるので、素嚢をめぐる議論は当然、恐竜も巻き込んでしまうことになってしまうのです。

 

鳥と恐竜の境目が揺らぎ、鳥と哺乳類の境目が揺らぎ、爬虫類と哺乳類のどちらに分類して良いか悩ましい単弓類があるわけです。

 

今後、恐竜と鳥と哺乳類の境目をめぐる混乱は、さらに深刻になるであろうと言う展望が、近年の進展なのです。

 

爬虫類は哺乳類との単弓類をめぐる混乱だけでなく、恐竜と鳥類の分類の混乱にも巻き込まれていくことになって行きそうなのですよ。

 

面白いことになってきました。

|

« 法輪を考えてみた。 | トップページ | 神道とシンドウとヒンドウ? »

恐竜」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

生物」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

鳥と爬虫類はほぼ同種で、
鳥とティラノちゃんは親戚関係で、同じ獣脚類。
恐鳥類なんて見たら一目瞭然で、
ダチョウの足もティラノザウルスにソックリです!
飛ぶ為に軽量化され嘴になったのです。
正確に言えば共通祖先から文化し、一方はティラノサウルスレックスになり一方が鳥になったということでしょう。
また鳥類と哺乳類の違いを考えるときに重要なのが呼吸のシステムで肺の効率化の為に気嚢システムを持つ鳥類及び恐竜と横隔膜を持つ哺乳類という違いがあるのです。
これは気嚢のほうが優れており、12000メートル上空を鳥が飛行している事例やアネハヅルなどがモンゴルや中央アジアの草原地帯からヒマラヤ越えをする点を見ても裏付けられるでしょう。呼吸システムが効率化されたのは気嚢については知識不足でいえませんが横隔膜に関しては諸説ありますが超大陸パンゲアが形成されスーパープルームによってペルム紀大絶滅が発生、それ以前に全盛期だった仰られるように爬虫類型哺乳類、まぁ単弓類のほうがしっくりきますがそれを生き延びた小型の我々の祖先などは酸素濃度が急激に低下した為、横隔膜を発達させたのだろうと考えます。また気候変動によって温暖な気候によって恐竜が繁栄し、我々哺乳類につながる単弓類がそれまでの栄華を思い出しながらも恐竜の支配に耐え抜き、これも諸説ありますが小惑星衝突によって恐竜が滅亡したのちに大きく繁栄したと言えそうです。哺乳類は長いこと大型爬虫類に脅かされ彼らの活動しない夜を主戦場としていた為、後に果物の実り具合を判断する必要に迫られ3種類の色覚を獲得する必要があった霊長類を除き全ての哺乳類は色盲です。
また恐竜滅亡後の哺乳類の動向を説明させてください。
トガリネズミに似た原始的な哺乳類が生活していたと考えられますが、大陸がゴンドワナとローラシアに分化する過程で形態は同じように見えても遺伝的に異なる種に分かれていきます。哺乳類とは一般的に有胎盤類つまり真獣類について話させていただく為、有袋類やカモノハシはちょっと私の知識不足もあって説明不足になるのですが申し訳ありません。さて胎盤を有している真獣類は大きく分けて3つか4つに分けられます。なぜ3か4かは直後に説明しますが、異節類・アフリカ獣類・北方獣類の三者で、つまりゴンドワナ大陸から分裂し現在のユーラシアや北米大陸の基礎を作ったローラシア大陸で遺伝的に分化しながら恐竜滅亡により適応放散したのが北方獣類で、ゴンドワナ大陸では、その後も南アメリカとアフリカ大陸が分裂し南アメリカは異節類、アフリカではアフリカ獣類が確立します。南アメリカは変わった動物が多いですよね?ナマケモノ、アリクイ、アルマジロなど、これらが異節類で、アフリカではハイラックス・ゾウ・マナティーなどでハイラックスとゾウは似てないので驚かれるかもしれませんがゾウとマナティーなどのカイギュウ類は似てるのでなるほどですが、アフリカ獣類が確立されます。
ローラシア大陸では我々霊長類及び皮翼目などツパイなどのグループは真主齧上目、これまでの文章以前に私が言わなかった全ての真獣類つまり犬猫牛馬イノシシ、カバ、クジラ、鹿、コウモリ全てはローラシア獣類ですが、ローラシア獣類と真主齧上目は近縁関係なので北方獣類に統合できるのです。
またオーストラリア大陸や南米に有袋類がいる理由も大陸移動と関係してると言えます。オーストラリアには真獣類もいたようですが有袋類が生存競争で勝利したようです。
有袋類と真獣類(有胎盤類)のメリットデメリットを押さえておきます。以下のURLですhttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12131654482
我らほ乳類 2億2000万年の戦いでも指摘されていましたが、有袋類は胎盤類よりも幼い豆粒のような状況で出産させられ乳首をくわえ続ける生活が脳の発育にデメリットだと言われています。
その動画も検索すれば動画が出てくるので暇なときにでもご覧になられるのをお勧めします。
さてアフリカがユーラシアと陸続きになりマンモスがユーラシアや北米に行き、北米と南米が陸続きになる事でそれまで有袋類のサーベルタイガーのティラコスミルスが有胎盤類のスミロドンに生存競争で敗れ絶滅します。
大陸が新たに衝突する過程で強い生物が新天地で旧勢力を圧倒するのですが、
やはり袋は胎盤よりも基本的には不利だと言えるかもしれません。

投稿: イルミナティ支配の終焉 | 2017年2月17日 (金) 15時34分

“ニワトリの指に恐竜の名残 鳥類・獣脚類説を裏付け”と言う記事が以前ありました。

共同通信配信時、興味深い記述があったが、ほとんどのメディアは見落としていました。

それがこのくだりにあります。

 チームは、卵の中でニワトリの指が形成される過程を、3本のうち最も外側の指に着目して詳しく調べた。

指のもととなる軟骨が、初期には薬指の位置にあるが、発達とともに次第にずれ、どの指になるかが決定する段階では中指の位置に移動することを発見した。

 さらにこの指は、マウスの中指の作られ方と一致することも判明。

3本は中指と、人さし指、親指と判断した。

 約150年前に見つかり最古の鳥とされる始祖鳥の場合も、恐竜と指が似ていることから、現存する鳥類と指の形態が異なるのかどうか議論が続いていた。

この中の、「さらにこの指は、マウスの中指の作られ方と一致することも判明。」の一文はほとんどのメディアは無視していたのです。

マウス、つまり哺乳類の中指の作られ方と鳥の中指の作られ方は一致、そして恐らく恐竜とも一致すると言うのです。

そして鳥にも恐竜にも、ミルクを出す能力のある素嚢(そのう)があるのです。

そして爬虫類にも赤ちゃんを産む種類がみつかっているが胎生は主に哺乳類の特徴とされることを思えば、爬虫類と哺乳類と鳥類と恐竜の境目は、これから先、さらに揺らぐ展開は大いにあり得るのです。

私の議論はここに注目して作り上げています。

投稿: cova | 2017年2月23日 (木) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506332/64860273

この記事へのトラックバック一覧です: 単弓類をめぐって爬虫類はどうなっていく?:

« 法輪を考えてみた。 | トップページ | 神道とシンドウとヒンドウ? »