« 重たい電子なのか重たく見えているだけの電子なのかどちらでしょうか。 | トップページ | 「猫じゃ踊り」幻影。 »

上に立とうとするならどうある方が良いでしょう。

やはり、上に立とうと言う人は、優しさでも、素直さでも、ぶれてないですよね。
凄いなって人ほど、素直だし、謙虚だし、優しいですよね。
人を馬鹿にしたり、見下したりすることはないですよ。
からかうくらいはご愛敬ですよね。
孤独だからこそ、安らぎが欲しいから、周囲を和ませたいんでしょうね。

でないと、疲れるでしょうから。

逆に言えば、優しさでも、素直さでも、ぶれる人は上に立っちゃ駄目だし立たせちゃ駄目となるでしょう。

間違えて立たせたら、本人も周囲も不幸ではないでしょうか。

人を馬鹿にしたり、見下したりすることと、からかうことの区別もつかない人は駄目でしょうね。

そういう人は、イエスマンや友人知人に囲まれないと、居心地が悪くなるでしょうね。

寂しい人ですよね。

|

« 重たい電子なのか重たく見えているだけの電子なのかどちらでしょうか。 | トップページ | 「猫じゃ踊り」幻影。 »

思想」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

自分のやすらぎのために部下と接するというのも上の者の態度としてどうなのかとは思う。
時には嫌われる覚悟で厳しいことも言わなくちゃいけない場合もあるだろうし

投稿: deefe | 2018年6月29日 (金) 21時42分

もちろん、時には嫌われることを覚悟して厳しく接する必要もあるでしょう。

その時には、相当、恨まれも憎まれもするでしょうね。

でも、だからこそ上司には愛が求められるのです。
部下の成長を望むからこそ、あの厳しさがあったのだと、後から気づいてもらえることもあるでしょう。

ここで甘やかしたら、この部下は駄目になると心を鬼にする場合もあるでしょう。

上司は孤独であり疲れるのです。

部下同士がうまくいき、部下との関係がうまくいけば、それは常に緊張を強いられている上司にとって、心の安らぐ光景でしょ。

部下にとっても、安らぎの時間で力を蓄えられてこそ、いざと言うときに力を発揮できる。

そう思いませんか。

投稿: cova | 2018年7月 7日 (土) 08時17分

 猫の覗き見さんへ
『上に立とうと言う人は、優しさでも、素直さでも、ぶれてないですよね。凄いなって人ほど素直だし謙虚だし優しいですよね。人を馬鹿にしたり見下したりすることはないですよ。からかうくらいはご愛敬ですよね。孤独だからこそ安らぎが欲しいから周囲を和ませたいんでしょうね』この御意見、全く同意できます。
 このテーマとは若干ずれるかも知れませんが、山本五十六の名言集に『やって見せ、やらせて見せて、・・・、褒めてやらねば人は動かじ』というのがあります。上に立つには「ぶれない」「人を見下さない、優しさ、素直さ」事は勿論ですが、相手の良い所をまず褒めておいてから『こうしたらもっと良くなるのではないか、合理的ではないのだろうか』と話すゆとりも上に立つ人には必要なのではないでしょうか。
 そんなことを改めて想う、今日この頃です。7/7コメント返信に感謝しつつ。敬拝
 

投稿: 大山宏 | 2018年7月 7日 (土) 21時39分

心のゆとり、そうですよね。

そのためにも、まず、愛でしょ。

嫌だと思える相手を前にして、心は落ち着けないですよね。

投稿: cova | 2018年7月 8日 (日) 00時00分

猫の覗き見さんは男性?それとも女性?年齢はお幾つぐらいなのでしょうか?
こんな質問を発したのには訳があるのです。私があなたのブログに最初に接した時、あなたを『女性だ』と思って「猫の覗き見さんを貴女と呼んでいた」のでした。その内に男性らしいと思えて来たので、「猫の覗き見さんを貴方と呼び直した」のでした。今回「まず、愛でしょ。」の言葉に接し、『やっぱり女性なのかな…?』なんて思ってしまいました。質問すべきことではないかも知れませんが、そろそろ教えてくれませんか?
 ちなみに私は「イエスキリストが古今東西で最高の超能力者である」と今も信じている隠れキリシタンです(自称38才です。顔j写真はプロフィールをご覧ください。)

投稿: 大山宏 | 2018年7月20日 (金) 21時16分

気になるようなので、お答えします。

男性ですが、なんでそんなことにこだわるのですか。

真理を求めて好奇心旺盛に心の世界を旅をするのに、年齢も性別も関係あるでしょうか。

投稿: cova | 2018年7月23日 (月) 09時46分

教会を覗いて見てごらんなさい。20人の人がいて、男性は1人か2人です。男性と女性は基本的に人種が違う?みたいですよ。
あなたのブログに接して、『私と似たような人が居いるんだ!』ってついつい思ってしまったのです。最初に「貴女」と当て字してしまったことのお詫びかたがたコメントしました。気を悪くしないでください。
 哲学・心理学・物理学を統合した学問(哲心物理学)には興味はありませんか?そんな研究が可能な時代に突入した様子ですね。

投稿: 大山宏 | 2018年8月 3日 (金) 00時57分

諸科学の枠や壁を越えた研究、必要でしょうね。

私は、ジャンルの壁を意識したことはありません。

好奇心の赴くままに、探求しています。

そんな自身の好奇心のあり方を、好奇心の赴くままに出没する猫に重ね合わせてこのブログのタイトルにしました。

投稿: cova | 2018年8月 8日 (水) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506332/66882903

この記事へのトラックバック一覧です: 上に立とうとするならどうある方が良いでしょう。:

« 重たい電子なのか重たく見えているだけの電子なのかどちらでしょうか。 | トップページ | 「猫じゃ踊り」幻影。 »