« 自己責任論よりも支え合いのバトンリレーを。 | トップページ | 東京スカイツリーは東京に立つ巨人なのか。 »

罪を憎んで人を憎まずが問われる時代。

渋谷のハロウィンが過激を通り越して、ほとんど暴動に近くなってきたことが問題となっています。

 

もちろん、ルールやマナーを守って、ハロウィンを楽しんでいる人達もたくさんいるし、おそらく、その人達の方が多数派でしょう。

 

余りにも暴走してしまった一部の人たちのために、圧倒的多数の参加者がとばっちりを受けてしまうとしたら、気の毒としか言いようがありません。

 

渋谷のハロウィンで傍若無人な行動を起こしていたような人達は、自分がやっていることが悪いとわかっていないと思うのです。

 

どういう事を、どういう場所や場面でやって良いのか悪いのか、まずその判断が出来るような再教育をしてからでないと、いくら罰しても時間と労力のむだでしょう。

 

刑は、とにかく罰すれば良いと言うのではなく、再教育に重点が移ってきたのではないかと思うのです。

 

近年、依存症や疾病など刑の前に治療が必要な場合があると理解が広まってきました。

 

そして現代、刑の前に再教育が必要な人達が増えてきていないでしょうか。

 

或いは、刑即ち再教育にするべきか、悩ましい事ではあります。

 

私が懸念するのは、犯罪に対する苛立ちから厳罰化を望む動きが強まる事です。

 

刑の目的が再犯防止であり、その手段として再教育の重要性と有効性が確かめられつつあるように思えます。

 

再教育と人道的な扱いと、厳罰を求める世間との意識の落差をどう縮めていくのかいけるのか、要注目でしょう。

 

刑が再教育の性格を強めれば強めるほど、社会復帰支援プログラムの充実も必要となります。

 

それには、地域住民の理解と協力が必要であるとともに、受刑者の再教育に取り組む施設と地域の取り組みへの社会全体の理解も不可欠でしょう。

 

罪を憎んで人を憎まず、この立場に私達がどれだけ立てるかも問われるでしょう。

|

« 自己責任論よりも支え合いのバトンリレーを。 | トップページ | 東京スカイツリーは東京に立つ巨人なのか。 »

心と体」カテゴリの記事

思想」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506332/67329293

この記事へのトラックバック一覧です: 罪を憎んで人を憎まずが問われる時代。:

« 自己責任論よりも支え合いのバトンリレーを。 | トップページ | 東京スカイツリーは東京に立つ巨人なのか。 »