« 謙虚ってどう言うことか。 | トップページ | なぜ、卑弥呼と邪馬台国が日本の史書にないのか? »

やはり日本の神社はただものではない?!

日本の神社は古代イスラエルの神殿とは、構造、神職の衣装、参拝法があまりにも似ているとは指摘されます。

 

だが、ここに驚くべき記録があります。

 

その一部を紹介します。

 

毎日新聞 2004521

 「明治神宮の森にキリスト教の賛美歌 創建以来初」

 

明治神宮の森に21日、創建以来初めてキリスト教の賛美歌が響きわたった。

米国ブリガム・ヤング大ハワイ校の合唱団50人が奉納した。

アロハシャツ姿で神道の儀礼に従ってお祓いをし、学長夫妻らが本殿で玉串をささげた。

団員は中庭で2拝2拍手1拝して2曲を歌い、参拝客も驚いて足を止めた。

2年前、明治神宮の関係者が、同校を経営する教会の視察に訪れ、交流が深まった。

外山勝志宮司は「歌をささげることは世界平和を祈ることと同じです」と述べた。

 

産経新聞 2007430

 「書評」

 

末日聖徒イエス・キリスト教会の十二使徒定員会会員、ヘンリー・B・アイリング長老が、4月26日に明治神宮を表敬訪問した。

教会の十二使徒が公式に明治神宮を表敬訪問をしたのは、教会歴史の中で初めてのことだ。

アイリング長老は七十人定員会会長のD・トッド・クリストファーソン長老、アジア北地域会長のデビッド・F・エバンズ長老と共に、明治神宮の外山勝志宮司と会談を行った。

会談に先立ち、アジア北地域会長会夫妻、日本、韓国、ミクロネシアのすべての伝道部会長夫妻、日本宣教師訓練センター所長夫妻らが共に参詣した。

明治神宮側より歓待された一行は、明治神宮の歴史に触れ、神楽を鑑賞し、日本文化を学ぶ機会を持った。

 

そして、当の明治神宮の公式ホームページは、こう記します。

 

20.3.1更新

 

218日、アメリカ・ソルトレイクからモルモン教十二使徒・オークス氏が表敬されました。

 

お祓いを受けた後、内拝殿で玉串を捧げて正式参拝。

 

その後、巫女による神楽「倭舞(やまとまい)」を観賞し、神道文化に触れられました。」

 

末日聖徒イエス・キリスト教会は、自らをイエスキリスト時代の教会が回復されたとしています。

 

自らをイエスキリスト時代の教会が回復された組織と位置付けている末日聖徒イエス・キリスト教会の指導者達が、明治神宮でお祓いを受けた後、内拝殿で玉串を捧げて正式参拝と言う滅茶苦茶大変なことをしたのです。

 

末日聖徒イエス・キリスト教会は、現代の生ける預言者である大管長に導かれた教会であるといいます。

 

末日聖徒イエス・キリスト教会、初代大管長ジョセフスミスは御父と御子から直々に教会の組織をするように召されたといいます。

 

その教会の指導者達が、明治神宮でお祓いを受けた後、内拝殿で玉串を捧げて正式参拝したのです。

 

日本の神社は、二本の柱が立つ鳥居、一般の参拝所、拝殿、本殿からなります。

 

古代イスラエルの神殿は、二本の柱、一般の参拝所、聖所、至聖所からなります。

 

どちらも、神職は房の付いた衣装を着て木の枝を参拝に用います。

 

清めに塩を用います。

 

古代イスラエルの神殿には契約の聖櫃アークがありましたが、日本の神社にある神輿はアークにあまりにも似ています。

 

聖書の教えも神道も、神の道を説きます。

 

世界の始まりを、神道は三柱の神からといい、聖書は御父と御子と聖霊のお三方と言います。

 

現世にかかわる神を、神道は太陽神である天照大御神とし、キリスト教はイエスとするが義の太陽として太陽神的な扱いです。

 

面白いことに女神天照大御神に対して男伸天照国輝彦こそが、本来の太陽神であったという指摘があります。

女神天照大御神は、男伸天照国輝彦の巫女であったのかもしれません。

 

あまりにも似ている神道とキリスト教、あまりにも似ている神社と古代イスラエルの神殿、その日本の神社でイエスの時代の教会を復活したという教会の指導者達が玉串を捧げて正式参拝、榊を聖書の時代のヒソブの代わりとして正式参拝したというのです。

 

明治神宮で正式参拝した末日聖徒イエス・キリスト教会の指導者達は、日本の神社を古代イスラエルの神殿の代わりに使って差し支えないと宣言したに等しい行為なのです。

 

これ、ある意味、日ユ同祖論より強烈なメッセージです。

 

自らをイエスキリスト時代の教会が回復された組織と位置付けている末日聖徒イエス・キリスト教会の指導者達が、日本の神社はイエス・キリストの神殿と事実上認定したに等しいのです。

 

神輿は契約の聖櫃アークのレプリカと見ても差し支えないと、宣言したに等しいのです。

 

神社の神職は古代イスラエルの神殿で仕えていた神職と見ても差し支えないと、宣言したに等しいのです。

 

そして末日聖徒イエス・キリスト教会の指導者達は、やがて日本に大いなる時がくると預言しているのです。

 

えらいことになりました。

 

全国に何万とある神社が、キリスト教の神殿扱いですよ。

 

しかも、古い時代神仏習合であったことを思えば、思いがけない寺社がある日突然ってことも考えておいたほうがいいかもしれません。

 

古い寺にはしばしば神仏習合時代の名残りがあります。

 

これから先、何が起こるかわかりませんよ。

 

キリスト教には日本布教の初期、イエスを大日になぞらえようとして、大日が皇祖神天照大御神と習合しているので慌てて撤回した過去がありますから。

|

« 謙虚ってどう言うことか。 | トップページ | なぜ、卑弥呼と邪馬台国が日本の史書にないのか? »

民俗」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

聖書・コーラン」カテゴリの記事

神道」カテゴリの記事

イスラエル・ユダヤ」カテゴリの記事

コメント

尼崎に伊佐具神社がありますよ。 ヤコブ・アブラハム・イサクの神って旧約に度々登場しますよね。

偉大な預言者モーセの神社はないでしょ! でも、それは、えべっさん。 十戒の「戒」と「戎」は違う文字ですが、神からもらった石板は2枚。 打ち砕いた最初の石板を含めると「廿」(にじゅう)になりますね。

飛鳥昭雄氏が、なぜ戎神社に一言も触れないのが、不思議ですよね。


投稿: ガォ☆ | 2019年3月 6日 (水) 21時12分

十分に証拠を握ってから、、どん!と出す気なんでしょうか(笑)

投稿: cova | 2019年3月 7日 (木) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり日本の神社はただものではない?!:

« 謙虚ってどう言うことか。 | トップページ | なぜ、卑弥呼と邪馬台国が日本の史書にないのか? »