« 徐福は一体何しに日本へ来たのか。 | トップページ | 七福神と天の大時計? »

平等と公平や公正はどういう関係か。

平等=同じ、この解釈自体は正しいですよね。

確かに、条件は揃えないといけないですからね。

でもみんな、ここで思考が止まっているのではないでしょうか。

問題は、何のために条件を揃えるのかではないでしょうか。

公平や公正の実現のためではないでしょうか。

不平等=不公平=不公正は、避けたいですよね。

だったら、公平や公正=平等じゃないのですか。

違うでしょうか。

公平や公正は、間違った平等感から見ればえこひいきに見えかねないですよね。

公正や公正の実現のためには、ハンディキャップへの理解を広げる必要があるのです。

ハンディキャップとは、条件を揃えるための配慮なのです。

条件を揃える=平等を実現するための配慮が、公平や公正なのです。

ここが意外と理解されていないのでは、ないでしょうか。

視力の低い子をみんなと同じ条件で席替えした結果、一番後ろの席になったとして、それは平等でしょうか。

平等を隠れ蓑にした、事実上のいじめではないでしょうか。

視力の低い子がみんなと同じように見えることが平等なら、最前列にすることが公平であり平等ではないでしょうか。

違うでしょうか。

平等か公平かどちらが大事か聞くのは、ナンセンスではないでしょうか。

実力差がある者同士が何の配慮もなく対戦すれば、結果は見るまでもないでしょうね。

ハンディキャップを認めるのは、お互いが平等に楽しめるためですよね。

ハンディキャップ=公平は、お互いが平等に楽しめるための配慮ですよね。

この対戦を公式記録とするかは、また別の問題でしょうけど。

平等と公平、果たしてどちらかを重視するかの選択でしょうか。

常に、みんなを同じように扱うこと=平等なのでしょうか。

条件を揃えることが平等とみれば、個々人それぞれに細やかな配慮をしないと条件は揃わないではないでしょうか。

平等実現のための細やかな配慮=公平であるなら、平等と公平は両立する。

どうでしょうか。

違いますか。

|

« 徐福は一体何しに日本へ来たのか。 | トップページ | 七福神と天の大時計? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

思想」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 徐福は一体何しに日本へ来たのか。 | トップページ | 七福神と天の大時計? »