« 宇宙誕生から14億年の時点でバルジや円盤を備えた銀河が存在していたのをビックバンはどう説明? | トップページ | 改めてイスカリオテのユダの裏切りについて考えてみる。Think again about the betrayal of Judas Iscariot. »

愛と謙虚と忍耐こそが平和を築く。Love, humility and patience build peace.

山上の説教とも言われる山上の垂訓は、新約聖書の『マタイによる福音書』第5章から7章と『ルカによる福音書』第6章にある、イエスが山の上で弟子たちと群集に語った教えのことだが、本気でこれが実践できるなら確かに世界は平和になるでしょう。

敵を愛し迫害する者のために祈りを出来るかどうかが、鍵を握るのです。

要は相手の気持ちや立場にどれだけ立って考えられるがが、問われるのです。

自分だけでなく相手にも譲歩の余地を残した妥協案を先に出せた方が、交渉で大きく点を稼げるのです。

下手な真似をするよりそこで手を打った方が、互いの損が少ないからです。

これが本気でやれれば、相手に誠意は伝わるでしょう。

戦争とは力ずくで臭い物に蓋をする真似であって、問題の解決ではなく先送りに過ぎないのです。

しかも恨みや怒りや疑心暗鬼でこじれにこじれた状態で先送りする、最悪のやり方なのです。

相手が変わるのをただ待つより、こちらが積極的に相手の事情を思いやった対応をするしかないでしょう。

もちろん原則は譲らないで、です。

どんなに譲歩や思いやりがあろうと、占領下や格下の立場では屈辱でしかないでしょう。

譲歩や思いやりが平和の営みとなるのは、対等平等の関係にある場合だけなのです。

もつれやこじれを力ずくで抑え込むと、事態を余計にややこしくするのです。

無理に解こうとするより、愛と寛容と忍耐によって時間をかけて新しい関係を築くしかないでしょう。

問題は、誰が真っ先に手を上げるかなのです。

真っ先に手を上げたものが徹底的に謙虚になって、事態を収めるしかないのです。

聖書でイエスは、上席に座りたいならまず末席に座るように勧めると言います。

もしその人が本当に上席に相応しいなら、周りが上座に招いてくれるのです。

自分よりも上席に座る人がいても十分に敬意を払われたことになり、恥をかかないのです。

謙虚になれば、周囲が敬意を払ってくれるのです。

マタイによる福音書 6章

19 「あなたがたは地上に宝を積んではならない。そこでは、虫が食って損なったり、盗人が忍び込んで盗み出したりする。

20 宝は、天に積みなさい。そこでは、虫が食って損なうこともなく、盗人が忍び込んで盗み出すこともない。

The Sermon on the Mount is the teaching that Jesus told his disciples and the crowd on the mountain in Chapters 5-7 of Matthew 5-7 and Luke 6 of the New Testament. However, if this can be done seriously, the world will surely be peaceful.

The key is to be able to pray for those who love and persecute their enemies.

The point is, how much you can think from the feelings and position of the other person, but it is a question.

If you can come up with a compromise that leaves room for concessions not only for yourself but also for the other party, you can earn a lot of points in negotiations.

This is because there is less loss to each other if you take action there rather than imitating poorly.

If you can do this seriously, your sincerity will be conveyed to the other party.

War is a brute force imitation of covering odors, not a solution to a problem, but a postponement.

What's more, it's the worst way to put off in a state of grudge, anger, and suspicion.

Rather than just waiting for the other party to change, we will have no choice but to actively consider the other party's circumstances.

Of course, don't give up the principle.

No matter how concessions or compassion you may have, it will only be a humiliation in an occupied or subordinate position.

Concessions and compassion are peaceful activities only when there is an equal and equal relationship.

Suppressing tangles and twists with force makes things even more complicated.

Rather than trying to solve it, you will have to spend time building new relationships with love, forgiveness, and patience.

The question is who will raise his hand first.

The one who raises his hand first becomes completely humble and has no choice but to put things in order.

In the Bible, Jesus recommends that if you want to sit in the upper seat, you should sit in the last seat first.

If the person is really suitable for the upper seat, the people around him will invite him to the upper seat.

Even if someone sits higher than you, you will be respected enough and you will not be ashamed.

If you are humble, your surroundings will respect you.

Matthew 6

19 Lay not up for yourselves treasures upon earth, where moth and rust doth corrupt, and where thieves break through and steal:

20 But lay up for yourselves treasures in heaven, where neither moth nor rust doth corrupt, and where thieves do not break through nor steal:


 

|

« 宇宙誕生から14億年の時点でバルジや円盤を備えた銀河が存在していたのをビックバンはどう説明? | トップページ | 改めてイスカリオテのユダの裏切りについて考えてみる。Think again about the betrayal of Judas Iscariot. »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

思想」カテゴリの記事

聖書・コーラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇宙誕生から14億年の時点でバルジや円盤を備えた銀河が存在していたのをビックバンはどう説明? | トップページ | 改めてイスカリオテのユダの裏切りについて考えてみる。Think again about the betrayal of Judas Iscariot. »