« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

なぜ土星の比重は小さく見えるのか考えてみる。Consider why Saturn's density seems small.

土星は木星より弱いとはいえ、かなり強力な磁気を持っています。

興味深いのは、土星の比重は木星より小さいと見られていることです。

土星は磁気双極子という単純な対称形をした固有磁場を持つ点では、木星や地球と同じです。

なんと土星の磁器の赤道付近での強度は0.2ガウス(20マイクロテスラ)であり、木星磁場の約1/20、地球磁場よりも若干弱いのです。

そして、土星の磁気圏は木星よりも非常に小さいのです。

ボイジャー2号が磁気圏に突入した際、内部の太陽風は依然として強く、磁気圏の大きさは土星半径の19倍(110km)の広がりしか持っていなかったと言う観測結果が得られました。

ここで注目したいのは、土星と木星の輪が異なる物質で出来ていると言う事実です。

土星の輪は木星と違って、ほとんどは氷なのです。

水分子には極性があるが、結晶化した氷であればその極性の向きは比較的に揃うはずです。

極性の比較的揃っている氷が強力な磁場の中で回転すると、何が起こるでしょう。

それ自体もわずかとはいえ磁気を帯びた輪が、強力な磁場の中で回転するのと同じ状態にならないでしょうか。

弱いながらも磁気を帯びた氷の輪が磁場の中で回転するなら、磁場はかく乱され土星の赤道付近の磁場が弱められ、磁気圏の見かけの大きさも小さくなっても不思議ではないのではないでしょうか。

近年では、強力な磁場の中で見かけ上の重力の大きさが小さく出来ると言う事実も判明しています。

小規模であれば地上に比較的まとまった時間、無重力状態で実験や研究が可能になりつつあるのです。

天体が丸ごとはいる強力な磁場は、土星や木星に既に存在します。

ならば、土星や木星の見かけ上の質量は小さく見えていても何ら問題はありません。

強力な磁場の中では見かけ上の重力は弱められるわけなので、実際の質量より小さく見えるのは想定内なのです。

あなたはこの推論をどう判定するでしょう。

私は科学のもたらしてくれた情報以外の前提は、なにも使っていないのです。

Although Saturn is weaker than Jupiter, it has a fairly strong magnetism.

Interestingly, Saturn is believed to have a lower density than Jupiter.

Saturn is similar to Jupiter and Earth in that it has a simple symmetric magnetic field called a magnetic dipole.

The strength of Saturn's porcelain near the equator is 0.2 gauss (20 microtesla), which is about 1/20 of Jupiter's magnetic field and slightly weaker than the Earth's magnetic field.

And Saturn's magnetosphere is much smaller than Jupiter.

When Voyager 2 entered the magnetosphere, the solar wind inside was still strong, and observations showed that the size of the magnetosphere was only 19 times the radius of Saturn (1.1 million km).

What I would like to pay attention to here is the fact that the rings of Saturn and Jupiter are made of different substances.

Saturn's ring, unlike Jupiter, is mostly ice.

Water molecules are polar, but crystallized ice should be relatively polar.

What happens when ice with relatively uniform polarity rotates in a strong magnetic field?

Wouldn't it be the same as a magnetic ring, albeit slightly in itself, rotating in a strong magnetic field?

If a weak but magnetic ring of ice rotates in a magnetic field, it is no wonder that the magnetic field is disturbed, the magnetic field near Saturn's equator is weakened, and the apparent size of the next sphere is reduced. Is not it.

In recent years, it has become clear that the apparent magnitude of gravity can be reduced in a strong magnetic field.

On a small scale, it is becoming possible to carry out experiments and research in a weightless state for a relatively large amount of time on the ground.

A strong magnetic field containing the entire celestial body already exists on Saturn and Jupiter.

Then, it doesn't matter if Saturn and Jupiter's apparent mass looks small.

Since the apparent gravity is weakened in a strong magnetic field, it is expected that it will appear smaller than the actual mass.

How would you judge this reasoning?

I don't use any assumptions other than the information provided by science.

| | コメント (0)

改めてイスカリオテのユダの裏切りについて考えてみる。Think again about the betrayal of Judas Iscariot.

イスカリオテのユダは、金貨30枚でイエスを売ってしまったのです。

なぜでしょうか。

おそらくユダの心には、ヨセフの前例があったのではないかと思われるのです。

イスラエルの民の苦難を救うヨセフのような役割をイエスは果たすために来られたと、イスカリオテのユダは勘違いしているのかもしれません。

あるいは、出エジプトのモーセのような存在と思ったのかもしれません。

それは多くのイスラエルの民の勘違いでもあったはずです。

しかし実際には、予想に反してイエスは十字架にかかってしまうのです。

弟子達に合わせる顔がないと感じたユダは、自ら死を選んだのでしょう。

謝ろうにも当のイエスは、十字架にかかって死んでしまうからです。

ユダにとって会うことがかなわない場所におられる十字架の刑を控えているイエスは、死んだも同じなのですから。

もはや弟子達に自分を取り成してくださると期待できる存在は、この世にいないとユダは悲しんだのでしょう。

イスカリオテのユダは、心から懺悔して自らの命を自らの贖罪のために差し出すのです。

犯してしまった過ちの大きさ、取り成してくれる存在の見えない絶望の中で、ユダは自ら命を絶ったのでしょう。

十字架の上で、自分が何をしているかわかっていないのだから許してくださいとイエスが御父に執り成した中に当然イスカリオテのユダも入っているのです。

そう言えば、イエスはイスカリオテのユダについて、生まれてこなかった方が良かったとおっしゃっています。

自分が人の子として生まれた目的の一番大きなものが、全人類のために御父に対して贖罪の子羊として自らを捧げものとする事なのです。

そのためには、誰かが裏切ってイエスを処刑したがっている人達に渡す必要があるのです。

イスカリオテのユダがイエスに抱いていた勘違いしているイメージが、あだになってしまった事をイエスは嘆かれたのではないでしょうか。

ヨセフのようにローマで奴隷になり、その能力を買われてユダヤ人のために働く人になると期待したのでしょう。

イエスはそれがわかっているのでしょう。

イエスはそんなイスカリオテのユダの弱さを、嘆かれたのではないでしょうか。

そしてもはや私達は、自らの過ちの償いのためにイスカリオテのユダの真似はしないで良いのです。

改めて御父が救いの計画を立ててくださった御心に、感謝です。

今回は、十分に理解されているとは言い難いイスカリオテのユダの裏切りについて考えてみました。

Judas Iscariot sold Jesus for 30 gold coins.

 

Why.

 

Perhaps there was Joseph's precedent in Judas's heart.

 

Judas Iscariot may have misunderstood that Jesus came to play a role like Joseph to save the suffering of the Israelites.

 

Or maybe you thought you were like Moses in Exodus.

 

It must have been a misunderstanding of many Israelites.

 

But in reality, contrary to expectations, Jesus is crucified.

 

Judas, who felt that he had no face to match his disciples, probably chose to die himself.

 

To apologize, Jesus will die on the cross.

 

Jesus, who is about to be sentenced to the cross in a place that Judas cannot meet, is the same as he died.

 

Judas would have been sad that there was no one in the world who could expect his disciples to take over himself.

 

Judas Iscariot repents from the bottom of his heart and offers his life for his atonement.

 

Judas would have died himself in the magnitude of the mistakes he had made and the invisible despair of the existence that would make up for it.

 

On the cross, Judas Iscariot is naturally included in Jesus' intercession with his Father, asking him to forgive him because he does not know what he is doing.

 

By the way, Jesus said that Judas Iscariot should not have been born.

The greatest purpose of being born as a child of man is to dedicate himself as a lamb of atonement to the Father for all mankind.

 

To do that, someone needs to betray and give Jesus to those who want to be executed.

 

Perhaps Jesus lamented that the misunderstood image that Judas Iscariot had in Jesus had become a nickname.

 

He would have expected to be a slave in Rome, like Joseph, to be bought for his abilities and to work for the Jews.

 

 

Jesus knows that.

 

Maybe Jesus lamented Judas Iscariot's weakness.

 

And we no longer have to imitate Judas Iscariot to atone for our mistakes.

 

I am grateful to the Father for making a plan of salvation again.

 

This time, I thought about the betrayal of Judas Iscariot, which is hard to understand.

 

| | コメント (0)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »