« 物資と反物質は右手系か左手系か。 | トップページ | 蓮華座の仏像と陰陽魚太極図。 »

電磁波と重力波はなぜ似た形式の式か。Why are electromagnetic waves and gravitational waves similar in formula?

電磁波と重力波は、似た形式の式になると言います。

式が似た形式になると言うのは、電磁波と重力波は発生し伝播していくメカニズムが似通っていると見るのが自然です。

電磁波は電場と磁場が交互に発生しながら伝播しているわけなので、重力波でも引力と交互に発生し伝播している何者かがあるはずです。

アインシュタインは自らの式が瞬間的に破綻すると気が付いて、引力と大きさが同じで反対向きに働く宇宙項を仕方なく導入しました。

宇宙項は今では宇宙定数と呼ばれるが、引力と大きさが同じで反対向きに働くと言うのは古典力学では作用反作用として知られています。

ならば引力と宇宙定数は作用反作用としてとらえるのは、素直な発想なはずです。

物質の存在が時空を歪めると言うなら、物質は周囲の時空に斥力を及ぼしていると見るべきでしょう。

宇宙定数は物質が周囲の時空に及ぼしている斥力と見るなら、引力はその反作用となります。

電磁波で作用に当たるのは、励起した電場と見るのが無理のないやり方でしょう。

当然、磁場は反作用となります。

電磁波の励起した電場に重力波の宇宙項が、電場から開放された磁場に時空から開放された引力が、それぞれ対応すると見れば簡単に説明が付くのではないでしょうか。

時空を伝播する宇宙項が反作用として引力を発生させて、宇宙をまとめているのではないでしょうか。

引力が加速度と区別が難しいなら、宇宙定数も加速度と区別が難しいはずです。

膨張宇宙論は、宇宙項のいたずらだと見るのが妥当だと私は見ます。

宇宙定数と引力が作用反作用として見て良いなら、ブラックホールの特異点も考えなくてよいはずです。

どうでしょうか。

Electromagnetic waves and gravitational waves are said to have similar formulas.

When we say that the equations have a similar format, it is natural to assume that the mechanisms by which electromagnetic waves and gravitational waves are generated and propagated are similar.

Since electromagnetic waves propagate while alternating electric and magnetic fields, there must be someone who alternately generates and propagates gravitational waves with gravitational force.

Einstein realized that his equation would collapse momentarily, so he reluctantly introduced a cosmic term that had the same gravitational pull and size but worked in opposite directions.

The cosmological term is now called the cosmological constant, but the fact that the gravitational force and magnitude are the same and act in opposite directions is known in classical mechanics as action-reaction.
If this is the case, it should be a straightforward idea to consider attraction and cosmological constant as action and reaction.

If we say that the existence of matter distorts space-time, then matter should be seen as exerting a repulsive force on the surrounding space-time.

If the cosmological constant is seen as the repulsive force exerted by matter on the surrounding space-time, then the gravitational force is its reaction.

The action of electromagnetic waves is probably a method that is reasonable to see as an excited electric field.

Naturally, the magnetic field is a reaction.

It would be easy to explain if we consider that the cosmic term of gravitational waves corresponds to the electric field excited by electromagnetic waves, and the gravitational force released from space-time corresponds to the magnetic field released from the electric field.

Isn't the cosmic term that propagates through space-time generating a gravitational force as a reaction to hold the universe together?

If gravitational force is difficult to distinguish from acceleration, then cosmological constants should also be difficult to distinguish from acceleration.

I think it's reasonable to see expansion cosmology as a cosmic term prank.

If cosmological constants and attraction can be viewed as action-reaction, then we should not have to consider the singularity of black holes.

How about this?

 

|

« 物資と反物質は右手系か左手系か。 | トップページ | 蓮華座の仏像と陰陽魚太極図。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

思想」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

物理」カテゴリの記事

重力」カテゴリの記事

電磁」カテゴリの記事

コメント

違いますよ。電場と磁場の重力版は重力磁場ってのがちゃんとあります。
ファインマン的な観点では磁場は電場の相対論的な効果として存在する二次的な場で重力にも同じようなものがあると仮定すると出てくるのが重力磁場。磁場が電場と対等なのか二次的な影に過ぎないかは専門家でも見解が分かれてます。磁場と電場を対等と考えると磁気モノポールが存在可能ですが発見されそうな実験でも発見されてない。発見されれば対等説に確定しますが今のところ両論併記が適切です。
宇宙項は相対論的に宇宙論を作ると宇宙が安定せず膨らむか縮み定常宇宙論が成り立たないがアインシュタインは定常宇宙論者だったのでなんとかならないかと方程式をいじってでっちあげたけどアドホックに過ぎると後に否定したら、さらに後にやっぱりあるのではとなったもので磁場とは無関係です。

投稿: | 2022年8月11日 (木) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 物資と反物質は右手系か左手系か。 | トップページ | 蓮華座の仏像と陰陽魚太極図。 »