« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年11月

ホログラフィック理論は本当か。 Is the holographic theory true?

ブラックホールを議論する際に、二次元モデルは愛用される。
Two-dimensional models are favored when discussing black holes.
だが本来の重力は四次元時空の現象なので、どこまでも沈み込む時空などあり得ないことだ。
However, the original gravity is a four-dimensional space-time phenomenon, so it is impossible for a space-time to sink forever.
ブラックホールの周囲の時空は、時間が永遠に近く引き伸ばされた極限状態まで圧縮されていると見る方が自然だ。
It is more natural to view the space-time around a black hole as compressed to the extreme, where time is stretched out to near eternity.
時間は重力が大きくなるほど遅れるのが相対性理論から導き出される答えであるが、最先端技術の光格子時計でも実験で確かめられている。
The answer derived from the theory of relativity is that time slows down as the gravity increases, but this has been confirmed by experiments with the latest optical lattice clock technology.
ブラックホールから光でさえも脱出不能とされているけれど、重力の大きさゆえにブラックホール本体にたどり着くまでに永遠に近く時間がかかるのでいつ復路に行き着くのか予測不能と言う方が妥当である。
It is said that even light cannot escape from a black hole, but because of the magnitude of gravity, it takes almost forever to reach the black hole itself, so it is more appropriate to say that it is unpredictable when it will return.
ブラックホールに飲み込まれた物質の情報はもちろん保存される、ブラックホールに飲み込まれた状態でいる限り破壊されることはない。
Of course, the information of matter swallowed by the black hole is preserved, and it cannot be destroyed as long as it is swallowed by the black hole.
極限にまで圧縮されるので原型を留める事はないが、素粒子の姿まで失われるわけではないのだ。
It's compressed to the limit, so it doesn't retain its original form, but it doesn't mean that even the form of elementary particles is lost.
ブラックホールに閉じ込められた物質や情報は、ブラックホールが崩壊するまで解放される事はない。
Matter and information trapped in a black hole cannot be released until the black hole collapses.
ブラックホールが放出しているエネルギーは熱と電磁波があるが、情報が得られるのは電磁波だけである。
The energy emitted by a black hole consists of heat and electromagnetic waves, but information can only be obtained from electromagnetic waves.
だが電磁波から得られる情報は、発生源の状態や種類までである。
However, the information obtained from electromagnetic waves is limited to the state and type of the source.
厳密にはブラックホール本体から熱が、ブラックホールの周囲から電磁波が出てくるのだが。
Strictly speaking, heat is emitted from the black hole itself, and electromagnetic waves are emitted from the surroundings of the black hole.
ホログラフィック理論は魅力的仮説ではあるが、仮説でしかないことを記憶しておくべきなのだ。
Holographic theory is an attractive hypothesis, but it should be remembered that it is only a hypothesis.
ブラックホールに飲み込まれた物質の同行者の時間は永遠に近く遅れるが、ブラックホールの外から見たらその物質は永遠に時空の地平線に留まるように見える。
The time of the companion of matter swallowed by the black hole is almost forever delayed, but when viewed from the outside of the black hole, the matter seems to stay on the space-time horizon forever.
それは時空の歪みが極限まで行った結果であり、外からの観測者から見た時空が極端に引き伸ばされたために時間の経過がもはや測定不能になったからに過ぎないのであって何ら新しい理論を投入する必要などないのだ。
It is the result of the distortion of space-time to the limit, and it is only because the passage of time is no longer measurable because the space-time seen from the observer from the outside is stretched so much that no new theory is introduced. You don't have to.
量子論の人達は相補性で説明可能と言いたいようだが、相対性理論の原則を貫き通すだけで説明可能になるのだ。
Quantum theorists seem to want to say that it can be explained by complementarity, but it can be explained simply by sticking to the principles of relativity theory.
むしろ問題は、相対性理論の専門家がブラックホールにおびえ過ぎる事にある。
Rather, the problem is that relativity experts are too frightened of black holes.
それはいつまでたっても、扱いやすいからと二次元モデルに甘えていることに原因がある。
The reason is that it still relies on 2D models that are easy to work with.
現実の重力は、4次元の時空の現象であるにもかかわらずだ。
This is despite the fact that real gravity is a four-dimensional space-time phenomenon.
次から次へと新しい説明を採用してどんどん理論を複雑にしているさまは、天動説の末期症状を連想させる。
Adopting new explanations one after another and making the theory more and more complicated reminds us of the terminal phase of the Ptolemaic theory.
ここら辺で、もっとシンプルな理論を追求した方が良い。
Here it is better to pursue a simpler theory.

| | コメント (0)

重力波分光学は可能か。 Is gravitational wave spectroscopy possible?

重力波の検出は、すでに出来ている。

Gravitational waves have already been detected.

問題は、日常的に発生している微小な重力波の検出が困難な事である。

The problem is that it is difficult to detect minute gravitational waves that occur on a daily basis.

レーザー干渉計型重力波検出器では、まだ大きなイベントによる大きな重力波しか検出出来ていないのである。

Laser interferometer-type gravitational wave detectors can only detect large gravitational waves caused by large events.

ならば、発想の転換が必要ではないだろうか。

If so, isn't it necessary to change the way of thinking?

微小な重力波を、圧力の伝播として検出を試みるのである。
I propose a plan to detect minute gravitational waves as pressure propagation.

量子論を援用すれば、微小な重力波の検出可能な素子を作れるのではないか。

With the help of quantum theory, it may be possible to create devices that can detect minute gravitational waves.

微小な重力波による圧の変化も検出出来る圧電素子が開発出来るなら、不可能ではないはずである。

If we can develop a piezoelectric element that can detect changes in pressure caused by minute gravitational waves, it should not be impossible.

電子の波としての性質を、微小な重力波の検出に使えるのではないか。

It may be possible to use the properties of electrons as waves to detect minute gravitational waves.

電子の波の揺らぎとして、微小な重力波の検出を出来る可能性はないだろうか。

The possibility of detecting minute gravitational waves as electronic wave fluctuations is worth investigating.

レーザー干渉計型重力波検出器を望遠鏡とすると、微小重力波検出器はさしずめ分光光度計に当たるだろう。

If the laser interferometric gravitational wave detector is a telescope, the microgravitational wave detector would be a spectrophotometer.

もし可能になるならば、重力波分光学とでも言いえる新たな分野が開拓される事になる。

If it becomes possible, it will open up a new field of gravitational wave spectroscopy.

| | コメント (0)

膨張宇宙論は現代の天動説であり定常宇宙論こそが現代の地動説だ。 Expanding cosmology is now the standpoint of the Ptolemaic theory, and stationary cosmology is the standpoint of the modern Heliocentric theory.

膨張宇宙論が現在の天動説、ダークマターやダークエネルギーが現在のエカントや周転円と見る事が出来る。

Expanding cosmology can be seen as the current Ptolemaic theory, and dark matter and dark energy as the current ecant and epicycle.

エカントは、 天体の見かけの速さの変化を円運動で説明するために、古代ギリシャ天文学で用いられた、数学的な概念である。

Ecanto is a mathematical concept used in ancient Greek astronomy to describe changes in the apparent speed of celestial bodies in terms of circular motion.

周転円は、回転する円の周囲を回転する小さな円で惑星の不規則な動きを説明するためにプトレマイオスの理論に導入され、惑星はこれらの小さな円の上を動いていると仮定された。

An epicycle is a small circle that revolves around the rotating circle. Introduced into Ptolemy's theory to explain the erratic motion of the planets, it was postulated that the planets were moving on these small circles.

ダークマターの正体がダークエネルギーの質量であるばかりか、膨張宇宙もまた宇宙定数のいたずらだとしたらどうだろう。

What if the identity of dark matter is not only the mass of dark energy, but also the expanding universe is a mischief of the cosmological constant?

つまり、赤方偏移は宇宙定数のいたずらだとしたらどうだろう。

So what if the redshift is a cosmological constant prank?

定常宇宙論が、現代の地動説となる。

The stationary cosmology becomes the modern heliocentric theory.

アインシュタインの有名な式、E=MC²でダークエネルギーとダークマターが結び付けられる。

Dark energy and dark matter are connected in Einstein's famous formula, E=MC².

さらに、ダークエネルギーに宇宙定数を代入する。

Furthermore, we substitute the cosmological constant for dark energy.

アインシュタインによれば、宇宙定数は引力と大きさが同じで反対向きの作用であり、引力と加速度は区別がつかないのだ。

According to Einstein, the cosmological constant is equal in magnitude to gravitational force but in the opposite direction, and gravitational force and acceleration are indistinguishable.

ならば、宇宙定数もまた加速度と区別がつかないはずだ。

Then the cosmological constant should also be indistinguishable from acceleration.

物理では、遠くを見る事は過去を見る事だ。

In physics, looking far is looking into the past.

光の速度は、有限だからだ。

Because the speed of light is finite.

遠くの天体の光ほど赤方偏移が強いと言う現象は、宇宙定数が加速度と区別がつかないと置けば説明可能になる。

The phenomenon that the light of distant objects has a stronger redshift can be explained by assuming that the cosmological constant is indistinguishable from acceleration.

当然、観測された全ての赤方偏移が宇宙定数で説明可能となる。

Naturally, all observed redshifts can be explained by the cosmological constant.

遠くを見る事が過去を見る事であるならば、遠くの天体ほど赤方偏移が強く近くの天体ほど赤方偏移が弱いなら宇宙は減速していると説明する方が一貫性がある。

If looking far away is looking into the past, then it is more consistent to explain that the universe is slowing down if distant objects are more redshifted and closer objects are less redshifted. .

遠くを見る事が過去を見る事になる一般的な事実と遠方の天体ほど赤方偏移が強い観測結果は未来の出来事とする仮説の矛盾は、膨張宇宙を前提しなければ解決できない。

The contradiction between the general fact that looking far away leads to seeing the past and the hypothesis that observation results with stronger redshifts for distant objects are future events cannot be resolved without the assumption of an expanding universe.

つまり遠くを見る事が過去を見る事と言う大原則を貫くなら、宇宙は減速して今は見かけ上は定常状態にあるように見えていると言う結論こそが正しいとなる。

In other words, if we stick to the basic principle that looking far away is seeing the past, then the correct conclusion is that the universe has slowed down and now appears to be in a steady state.

そして、引力と加速度と区別がつかないように、宇宙定数もまた加速度と区別と仮定する。

And we assume that the cosmological constant is also distinguishable from acceleration so that gravitation and acceleration are indistinguishable.

観測された赤方偏移はことごとく、加速度と勘違いされた宇宙定数のいたずらとなる。

All observed redshifts are a hoax that the cosmological constant has been mistaken for acceleration.

一貫した説明が定常宇宙論なら出来るが、膨張宇宙論では出来ない。

Consistent explanation can be done if steady cosmology, but not in expanding cosmology.

よって、膨張宇宙論は現代では天動説の立場となり、定常宇宙論こそが現代の地動説の立場になる。

Therefore, the expanding cosmology is the position of the Ptolemaic theory in modern times, and the stationary cosmology is the position of the modern Heliocentric theory.

| | コメント (0)

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »