« 宇宙定数はブラックホールを特異点から解放するだけでなく宇宙の運命まで決める。 The cosmological constant not only frees the black hole from the singularity, but also determines the fate of the universe. | トップページ | 重力波分光学は可能か。 Is gravitational wave spectroscopy possible? »

膨張宇宙論は現代の天動説であり定常宇宙論こそが現代の地動説だ。 Expanding cosmology is now the standpoint of the Ptolemaic theory, and stationary cosmology is the standpoint of the modern Heliocentric theory.

膨張宇宙論が現在の天動説、ダークマターやダークエネルギーが現在のエカントや周転円と見る事が出来る。

Expanding cosmology can be seen as the current Ptolemaic theory, and dark matter and dark energy as the current ecant and epicycle.

エカントは、 天体の見かけの速さの変化を円運動で説明するために、古代ギリシャ天文学で用いられた、数学的な概念である。

Ecanto is a mathematical concept used in ancient Greek astronomy to describe changes in the apparent speed of celestial bodies in terms of circular motion.

周転円は、回転する円の周囲を回転する小さな円で惑星の不規則な動きを説明するためにプトレマイオスの理論に導入され、惑星はこれらの小さな円の上を動いていると仮定された。

An epicycle is a small circle that revolves around the rotating circle. Introduced into Ptolemy's theory to explain the erratic motion of the planets, it was postulated that the planets were moving on these small circles.

ダークマターの正体がダークエネルギーの質量であるばかりか、膨張宇宙もまた宇宙定数のいたずらだとしたらどうだろう。

What if the identity of dark matter is not only the mass of dark energy, but also the expanding universe is a mischief of the cosmological constant?

つまり、赤方偏移は宇宙定数のいたずらだとしたらどうだろう。

So what if the redshift is a cosmological constant prank?

定常宇宙論が、現代の地動説となる。

The stationary cosmology becomes the modern heliocentric theory.

アインシュタインの有名な式、E=MC²でダークエネルギーとダークマターが結び付けられる。

Dark energy and dark matter are connected in Einstein's famous formula, E=MC².

さらに、ダークエネルギーに宇宙定数を代入する。

Furthermore, we substitute the cosmological constant for dark energy.

アインシュタインによれば、宇宙定数は引力と大きさが同じで反対向きの作用であり、引力と加速度は区別がつかないのだ。

According to Einstein, the cosmological constant is equal in magnitude to gravitational force but in the opposite direction, and gravitational force and acceleration are indistinguishable.

ならば、宇宙定数もまた加速度と区別がつかないはずだ。

Then the cosmological constant should also be indistinguishable from acceleration.

物理では、遠くを見る事は過去を見る事だ。

In physics, looking far is looking into the past.

光の速度は、有限だからだ。

Because the speed of light is finite.

遠くの天体の光ほど赤方偏移が強いと言う現象は、宇宙定数が加速度と区別がつかないと置けば説明可能になる。

The phenomenon that the light of distant objects has a stronger redshift can be explained by assuming that the cosmological constant is indistinguishable from acceleration.

当然、観測された全ての赤方偏移が宇宙定数で説明可能となる。

Naturally, all observed redshifts can be explained by the cosmological constant.

遠くを見る事が過去を見る事であるならば、遠くの天体ほど赤方偏移が強く近くの天体ほど赤方偏移が弱いなら宇宙は減速していると説明する方が一貫性がある。

If looking far away is looking into the past, then it is more consistent to explain that the universe is slowing down if distant objects are more redshifted and closer objects are less redshifted. .

遠くを見る事が過去を見る事になる一般的な事実と遠方の天体ほど赤方偏移が強い観測結果は未来の出来事とする仮説の矛盾は、膨張宇宙を前提しなければ解決できない。

The contradiction between the general fact that looking far away leads to seeing the past and the hypothesis that observation results with stronger redshifts for distant objects are future events cannot be resolved without the assumption of an expanding universe.

つまり遠くを見る事が過去を見る事と言う大原則を貫くなら、宇宙は減速して今は見かけ上は定常状態にあるように見えていると言う結論こそが正しいとなる。

In other words, if we stick to the basic principle that looking far away is seeing the past, then the correct conclusion is that the universe has slowed down and now appears to be in a steady state.

そして、引力と加速度と区別がつかないように、宇宙定数もまた加速度と区別と仮定する。

And we assume that the cosmological constant is also distinguishable from acceleration so that gravitation and acceleration are indistinguishable.

観測された赤方偏移はことごとく、加速度と勘違いされた宇宙定数のいたずらとなる。

All observed redshifts are a hoax that the cosmological constant has been mistaken for acceleration.

一貫した説明が定常宇宙論なら出来るが、膨張宇宙論では出来ない。

Consistent explanation can be done if steady cosmology, but not in expanding cosmology.

よって、膨張宇宙論は現代では天動説の立場となり、定常宇宙論こそが現代の地動説の立場になる。

Therefore, the expanding cosmology is the position of the Ptolemaic theory in modern times, and the stationary cosmology is the position of the modern Heliocentric theory.

|

« 宇宙定数はブラックホールを特異点から解放するだけでなく宇宙の運命まで決める。 The cosmological constant not only frees the black hole from the singularity, but also determines the fate of the universe. | トップページ | 重力波分光学は可能か。 Is gravitational wave spectroscopy possible? »

歴史」カテゴリの記事

思想」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

物理」カテゴリの記事

重力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇宙定数はブラックホールを特異点から解放するだけでなく宇宙の運命まで決める。 The cosmological constant not only frees the black hole from the singularity, but also determines the fate of the universe. | トップページ | 重力波分光学は可能か。 Is gravitational wave spectroscopy possible? »