科学

電磁波の式も重力波の式も作用反作用で理解できる。

重力波は、電磁波と同じ形式の式で表現ができる。

縦波である重力が横波で表せて電磁波と同じ形式の式にできるのは、エネルギーの大きさの変化の仕方を最大値と最小値の変化の曲線で表せるからなのだ。

重力波は電磁波と同じ形式の式になるなら、発生の基本的なメカニズムも類似なはずである。

重力波を電磁波と比べると、波のタイプはどちらも横波、伝搬の速さはどちらも光速のC、振動の向はどちらも伝搬方向と垂直な方向、振動するのは電磁波は電界と磁界だが重力波は2次元空間な点だけが異なる。

では、重力波で振動している2次元空間とはどういう状態か。

重力を振動させれば、正の重力と負の重力が当然のことながら生じる。
この負の重力とは何かといえば、当然のことながら反引力なはずなのだから斥力でなければならない。

この基本的な物理原則を無視するから、おかしくなるのだ。

電磁波は電場が磁場を産み磁場が電場を産む無限の反復なのだから、重力波は斥力が引力を産み引力が斥力を産む無限反復であって何がおかしい。
重力を時空から生み出した斥力こそ、赤方偏移の原因とされる宇宙定数にほかならない。

ハッブルが見つけたのは赤方偏移であって、宇宙の膨張ではない。
赤方偏移の解釈は、アインシュタインの導入した宇宙定数であってもよかった。
宇宙定数の検出に成功と判断されていたら、膨張宇宙論は対抗仮説でしかないことになる。
作用反作用で解釈可能な宇宙定数の方に、膨張宇宙より分がある。

ハッブルが赤方偏移の原因を宇宙膨張と捉えたのは、重力で見つかっているのは引力だけだからと言うだけの理由なのだ。

経験のないものより経験のある方が、理解しやすいからなのだ。

だが今や宇宙には、正体不明の斥力が働いていることがわかっている。

この正体不明な斥力はビッグバンの延長上に働いているとみられているが、近年の研究では宇宙定数との関係が注目されているのだ。

だが元々宇宙定数の導入は、アインシュタインが自分のモデルで宇宙が瞬時に潰れるので応急処置で引力と大きさが同じで向きが反対な作用が必要になったからである。

引力と大きさが同じで向きが反対な作用と言えば、宇宙定数と引力はまさに作用反作用の関係ではないだろうか。

そして宇宙定数は斥力として、作用している。

電磁波と重力波は同じ形式で式が書けるなら、電磁波では電界と磁界が直交しているように重力波でも正の重力と負の重力の直交であるはずだ。

ここで疑問が生じるのは、電界は発散し電荷の担い手があるが磁界は発散しないし磁荷の担い手がないのはなぜかということだ。

結論から言えば、作用反作用の関係にあり半波長ずれているだけだからなのだ。

見やすくするための工夫として、直交する波として表現されているだけだ。

電界が作用で磁界が反作用の関係になる。

なぜ引力は質量の周りを取り巻く形でしか表せないのかと言えば、反作用に過ぎないからなのだ。

その点宇宙定数は、発散する形で表せる。

そして宇宙定数は斥力として働いているのだから、斥力が作用で引力が反作用なのだ。

重力波と電磁波は作用反作用の関係を表した式であり、重力波では作用が斥力で反作用が引力になり電磁波では作用が電界で反作用が磁界となる。

重力波と電磁波を比較して、連立方程式を解くように読み解いたらスッキリする解釈にたどり着いた。

| | コメント (0)

宇宙定数の正体は質量による斥力だった。

ダークエネルギーの分布を可視化に成功という図を見たが、天体の質量の存在によって歪みのエネルギーがたまっている時空の領域が可視化されているようにしか見えないのだ。

そもそも質量の存在がどのようなメカニズムで時空を歪めるか、だれも考えてないのではないだろうか。

時空を質量がゆがめるメカニズムで、もっとも自然なのは斥力によるものだ。

質量が斥力によって歪めた時空に発生した現象が、引力である。

アインシュタインは自分のモデルだと瞬時に時空が潰れるので、辻褄を合わすために宇宙定数を引力と大きさが同じで反対向きの作用として導入したという。

引力を時空に生じた歪みであるとしながら、発生のメカニズムを考察し忘れたからそういうことになる。

二次元近似モデルで質量が時空を歪める有様を描写したまではよかったけれど、質量が時空を歪める力がどこからどのように作用したのかまでは見落とされたのだ。

地上で考察された二次元モデルを、そのまま宇宙空間に持って行ってしまうケアレスミスを犯してしまったのだ。

地上では地球の重力が働き二次元時空は歪むけど、地球の重力圏を脱すれば質量が二次元時空に接しはするが乗ることはない。

地球の重力が及ばないなら、時空は歪まなくなってしまう。

だが実際は時空は歪むのだから、別のメカニズムがなければならない。

それが、質量が時空に及ぼす斥力にほかならない。

天体では質量の大きさが半端ではないので、時空は相当な範囲にまで歪みのエネルギーがたまる。

天体の質量によってもたらされた斥力が生じさせた歪みエネルギーが可視化されたら、天体の周囲に高密度のエネルギーがたまっていて自然なのだ。

ダークエネルギーの正体とは、これまで見落とされてきた重力の発生源である斥力だったのだ。

| | コメント (0)

恐竜と鳥類は哺乳類と一緒にしたほうがいいのか?

恐竜で面白いのは、足の付き方や体毛のあるのとないのがいるところは哺乳類に近いけど卵を産み消化器系は鳥類に近いこと。
鳥類にも消化器系の一部を使って授乳するのがいるので、恐竜だって口移しの授乳をしているかもしれない。
想像は尽きない。

この件ではすでにこれまでにも触れたので、ここでは深入りはしないけど。

単弓類をめぐって爬虫類はどうなっていく? 

恐竜はミルクを出すか。 どこへ向かうか、恐竜研究。その3 

新しい発見があれば、また考察したい。

| | コメント (0)

日本の家族性アイルランド熱の謎。

日本にはTNF受容体関連周期性症候群(TRAPS)の家族性アイルランド熱の発症例があるんだけど、何か関係あるのだろうか。

考古学的な調査によれば、ストーンヘンジが建設されたのは紀元前2500年から前2000年頃であることが判明している。

先史時代の日本(縄文時代)とイギリスには、「ストーンサークル(環状列石)」を作るという不思議な共通点があるという。

日本は縄文時代だったストーンヘンジが作られたとされる約5000年前、実は私たちの国にも同時期に作られたストーンサークルが存在する。

例えば、秋田県にある「大湯環状列石」や「伊勢堂岱遺跡」だ。

天文に関連するストーンサークルや、死者の遺骨を納めるストーンサークルなど、数千年前のイギリス人と日本人は不思議なほどに似たものを作っているのだ。

もちろん、当時の人たちがお互いに交流したことはないはずだ。

にもかかわらずこの2つの文化はただ島国で暮らしていたという以上に、イデオロギーが似ているのだそうだ。

何千キロも離れているにもかかわらず日本の縄文土器や土偶などの品々が、イギリスと日本のコミュニティ間の類似性についておそらく想像以上にイデオロギー的に近かったと私たちに教えてくれるのは興味をそそられる。

ここで気になるのは、アメリカのケネウィックで見つかっている石器人の骨だ。

顔はケルト人の多い地域のイギリス人に似ているがアイヌの親せきで、フランスとスペインの様式の矢じりが刺さっていたという。

フランスとスペインの様式の矢じりと言うなら、アメリカ大陸とヨーロッパとの間で交流があったとみていい。

近年の研究で、最古のアメリカ大陸先住民は日本人である可能性が高まっている。

縄文文化の環太平洋的な広がりも、確認されつつある。

まさかとは思うけれど、縄文人と古代のイギリス人はどこかで接点があるのだろうか。

彼らが、日本人に家族性アイルランド熱の遺伝子を持ち込んだというのか。

日本人にはそれ以外にも、ヨーロッパと共通している遺伝子由来の病気がある。

イデオロギーの意外なほどの類似も指摘されるとなると、ここには一体何があるのか。

| | コメント (0)

宇宙定数と重力波を考える。

膨張宇宙論で宇宙定数が注目されるようだが、アインシュタインが引力で速攻で潰れないよう苦し紛れに入れた引力と大きさが同じで向きが反対な作用。
これって、作用反作用の法則と違うのって誰も突っ込まないのが謎すぎる。

物質が時空をゆがめると言うが、どうやって歪めるのか誰もメカニズムを問題にしないのも謎すぎる。

宇宙定数は、引力を生じさせる時空の歪みと関係ないのか?
引力と宇宙定数が作用反作用の法則でつながる可能性は、ないのか?

そもそもブラックホールは、二次元で近似された時空の蟻地獄みたいな図が有名だが時空は3次元の空間と1次元の時間が合わさったもんだろ。
ブラックホールは無限に深い穴ではなく、極限まで圧縮された時空を大質量天体の周囲に描くのが物理的には本当じゃないのか。

なんで物質の周囲で宇宙定数が測定できないかと言えば、ベクトル合成で引力しか現象してないように見えるからだろ。
重力波と電磁波は似た形式の式になると、聞く。
引力と宇宙定数が作用反作用の法則で繋がれば、電磁波と同じ形式で重力波の式が書けても不思議じゃない。

電場と磁場も、作用反作用の法則とみていいはずだ。
作用が電場で、反作用が磁場だろうか。
電場を持つ素粒子のスピンで、磁場ができるのだから。
物質の零点振動が宇宙定数を産み、時空から反作用として引力が生じるのだろう。
時空の歪みが引力なのだから。

電場の回転の歪みが磁場を産み、物質の零点振動が宇宙定数と引力を産むのだろうか。
これは、想像に過ぎないけどね。
電子はあまりにも小さいので数学の点のように見ていいとみられているが、質量を持つ以上どんなに小さくても大きさがありスピンは実際に回転しているはず。
そして、時空にねじれを産んで横波の電磁波が生じる。
物質は零点振動しているので周囲に粗密波が産まれ、重力波が生じる。

零点振動の、正の方向で宇宙定数が負の方向で引力が交互に生じて伝播しているのが重力波ではないか。
これはまだ、仮説だが物理的には無理がないはずだ。

| | コメント (0)

原子や分子が安定的に存在できているのは、赤方偏移の原因が宇宙定数であって宇宙の膨張ではないからだろう。

膨張宇宙論でいつも引っかかっているのは、時空が膨張していると言うなら何で原子の中の時空は安定的なんだと言う疑問だ。

宇宙に存在している物質を取り巻くように、ダークマターやダークエネルギーがあるからだと返答が来る。

ならばダークマターやダークエネルギーとは何かと言えば、まだわからないと返答が来る。

ここで私は、アインシュタインが自分の議論では瞬間的に時空がつぶれるから宇宙定数を導入した逸話を思い出す。

宇宙定数とは引力と大きさが同じで反対向きに働く作用だが、力学の基礎理論には宇宙定数とそっくりなものがある。

作用と反作用だ。

ならば、引力と宇宙定数のどちらが作用でどちらが反作用なのだろうか。

物質が時空を歪める場合に、物質はどういう形で作用を時空に及ぼすのが自然だろうか。

押しのける作用では、ないだろうか。

ならば、宇宙定数こそが物質が時空に及ぼす作用の正体ではないだろうか。

宇宙定数は発散しているのに対して、時空が歪んだので生じる引力は中心に向かって収束している。

差引で現象として残りやすいのは、相対的に大きな作用である引力の方だろう。

物質と時空の間には、静的な安定ではなく動的な安定があり絶えず重力波が発生している。

通常の重力波は微細過ぎるので観測は容易ではないから、大きな重力波の発生するイベントにどうしても注目が集まっている。

引力でさえ微細なのだから、発散してしまう宇宙定数はなおさら微細なはずだ。

あまりに微細な宇宙定数でも、累積すれば馬鹿にならない大きさの作用になる。

それが膨張宇宙論の根拠とされている、赤方偏移ではないだろうか。

最近、原始ブラックホールの存在するかどうか議論になっている。

宇宙の質量の大きさなど、説明しやすいからだ。

宇宙が誕生した際の物質の分布に十分な大きさの揺らぎがあれば、可能性はもちろんあり得る。

しかし、原始ブラックホールが例え見つかるとしても膨張宇宙論の証拠だろうか。

見つかっている赤方偏移が宇宙定数の見せているいたずらで説明可能なら、膨張宇宙論の出る幕は無い。

 

| | コメント (0)

福島第一原発事故の処理水とはどんなものなのか。世界のメディアは”Radioactive water(放射性の水)と呼んで報道しているが。

中国は原発の処理水を、今回の福島第一原発事故の処理水より出していると言う人がいます。

通常運転されている原発の処理水と、直に放射性物質に触れている事故後の処理水では質が違う事を無視しているのです。

だから、通常の原発の処理水と区別して汚染水と多くの外国メディアが報道するのです。

しかも通常の汚染水と区別するために、世界のメディアは”Radioactive water(放射性の水)と呼んで報道しているのです。

まず、基本的なおさらいをします。

放射線とは、高い運動エネルギーをもって流れる物質粒子(アルファ線、ベータ線、中性子線、陽子線、重イオン線、中間子線など の粒子放射線)と高エネルギーの電磁波(ガンマ線とX線のような電磁放射線)の総称をいいます 。

放射性物質とは放射線を出す物質であり、放射線を出す能力が放射能です。

原発の冷却水は直に放射性物質に触れていないが、放射性物質から出ている放射線にさらされている可能性があるのです。

通常の原発の処理水とは、放射線にさらされた可能性のある冷却水を環境への影響が極めて低い状態にした水です。

だから、原発事故の汚染水と区別が必要だってわけです。

いわゆる放射能汚染とは、放射性物質による汚染を指すのです。

原発事故で直に放射性物質に触れた水は、正確には放射性物質に汚染された水という事になります。

どのような放射性物質が、どれくらいの分量や濃度で残っているかそれが問題になるのです。

汚染水と呼んでいる政党や政治家への敵対心を、維新は剝き出しにしています。

彼らを勝たせたら、日本人は世界からバカにされるだけなのでしょうね。

| | コメント (0)

天体からの光や電磁波の赤方偏移は重力波のいたずらだ。 The redshift of light and electromagnetic waves from celestial bodies is a prank of gravitational waves.

天体からやってくる光や電磁波の赤方偏移は、宇宙膨張の証拠ではない。

The redshift of light and electromagnetic waves from celestial bodies is not evidence of the expansion of the universe.

波とは、運動状態が移動している現象であり結果として運動エネルギーが運ばれている現象である。

A wave is a phenomenon in which the state of motion is moving, and as a result, kinetic energy is carried.

そして波とは、励起されたエネルギーが解放される現象であると共にエネルギーが伝播する現象でもある。

Waves are both a phenomenon in which excited energy is released and energy is propagated.

つまり、全ての波は運動エネルギーの運ばれている現象としては疎密波すなわち縦波として振る舞うのである。

In other words, all waves behave as dense waves, or longitudinal waves, as a phenomenon of kinetic energy carried.

従って波は、進行方向に圧力を加える現象でもある。

Therefore, waves are also a phenomenon that applies pressure in the direction of travel.

アインシュタインは引力を物質によって歪まされた時空の状態としてとらえたが、物質がどのように時空を歪めているのかまでは考えていなかった。

Einstein saw attraction as a state of space-time distorted by matter, but he did not consider how matter distorts space-time.

だから苦し紛れに導入した宇宙項が何を意味するのか、理解できなかったのだ。

So he couldn't understand what the agonizing cosmology term meant.

宇宙項の正体とは、エネルギーの疎密波としての重力波だったのだ。

The true nature of the cosmological term was gravitational waves as dense waves of energy.

そこに気が付けなかったので、宇宙からやってくる光の赤方偏移を宇宙膨張の証拠と見誤ったのだ。

He didn't notice this, so he mistook the redshift of light coming from space as evidence of cosmic expansion.

宇宙からやってくる光の赤方偏移は、重力波が光に及ぼしている圧力を考えるなら説明できるのだ。

The redshift of light coming from space can be explained by considering the pressure that gravitational waves exert on light.

光の速度は一定なので、エネルギーの減衰は波長の伸びとしてしか現象しようがないのだ。

Since the speed of light is constant, energy attenuation can only be realized as an elongation of wavelength.

天体からの光や電磁波の赤方偏移とは、宇宙をまとめるために頑張っている重力波がやらかしたいたずらに過ぎなかったのだ。

The redshift of light and electromagnetic waves from celestial bodies was nothing more than a prank made by gravitational waves working hard to hold the universe together.

| | コメント (0)

重力波の正体は電磁波なのか。 Are gravitational waves really electromagnetic waves?

重力は、電磁力に還元出来る。

Gravity can be reduced to an electromagnetic force.

重力波は電磁波と同じ形式の式で記述可能なのは、実にそのためなのだ。

This is really why gravitational waves can be described by the same equation as electromagnetic waves.

重力波はなぜ、電磁波と同じ形式の式で記述可能なのか。

Why can gravitational waves be described by equations of the same form as electromagnetic waves?

どちらも、二つの要素の交代によって伝播する波だからなのだ。

Both are waves propagated by the alternation of two elements.

重力波は疎密波、つまり、疎と密の二つの要素からなる波だ。

Gravity waves are sparse and dense waves, i.e., waves composed of two elements, sparse and dense.

一方、電磁波は電場の波と磁場の波の二つの要素からなる波だ。

On the other hand, an electromagnetic wave is a wave composed of two elements: an electric field wave and a magnetic field wave.

それで、どちらも同じ形式の式で記述可能となるのだ。

So, both can be described by the same form of expression.

重力波の疎と密とは、エネルギーの密度である。

Sparse and dense gravitational waves are densities of energy.

では、問題はそのエネルギーの正体である。

The question, then, is what is that energy?

エネルギーは、速度の二乗で表される。

Energy is expressed as the square of velocity.

アインシュタインは、重力波の伝播速度は光速と等しいとしている。

Einstein states that the speed of propagation of gravitational waves is equal to the speed of light.

重力波の伝えているエネルギーは、光速の二乗であると言い換えられる。

The energy transmitted by gravitational waves can be described as the square of the speed of light.

光子は、エネルギーを担う素粒子の仲間である。

Photons are members of the subatomic particles that carry energy.

ならば、重力波の伝えるエネルギーの正体は電磁波のエネルギーであっても差し支えない。

This could mean that the true nature of the energy transmitted by gravitational waves is electromagnetic energy.

重力波の伝える疎密波とは、電磁波のエネルギーの疎密波と置き換えが可能となるのだ。

The sparse and dense waves conveyed by gravitational waves can be replaced by the sparse and dense waves of electromagnetic energy.

重力波の正体が電磁波のエネルギーの疎密波であるならば、当然ながら、光のエネルギーに影響を与えられる。

If the true nature of gravitational waves is that they are sparse waves of electromagnetic energy, they can naturally affect the energy of light.

遠方から来る光ほど、電磁波のエネルギーの疎密波としての重力波の影響を受けてエネルギーは衰え赤方偏移する。

The more distant the light comes from, the more it is affected by gravitational waves as a sparse wave of electromagnetic energy, which diminishes its energy and red-shifts it.

つまり、宇宙の膨張を想定しなくとも遠方の光ほど赤方偏移が大きい理由は重力波の働きによって説明できる。

In other words, gravitational waves can explain why the redshift is greater for more distant light without assuming the expansion of the universe.

ダークマターやダークエネルギーも、重力波の伝えるエネルギーやその質量への換算で説明可能となるだろう。

Dark matter and dark energy could also be explained in terms of the energy transmitted by gravitational waves and its conversion into mass.

磁場の強い天体ほど質量が小さな値になるのかも、おそらく説明可能になるだろう。

It will probably also be possible to explain why objects with stronger magnetic fields have smaller mass values.

| | コメント (0)

重力の発生メカニズムは、浮力の発生メカニズムと似ている。 The mechanism of the generation of gravity is similar to the mechanism of the generation of buoyancy.

重力方程式の解には、膨張解もあると解釈されてきた。

Solutions to the gravity equation have been interpreted to include expansion solutions.

だが、斥力と解釈して重力には引力と斥力があるとしたらどうだろうか。

But what if we interpret this as an exclusive force and say that gravity has an attractive force and a repulsive force?

これまで赤方偏移は、宇宙膨張の証拠とされてきた。

Until now, redshifts have been regarded as evidence of cosmic expansion.

近づけば波長は短くなり、遠ざかれば波長は長くなる。

As you move closer, the wavelength gets shorter; as you move away, the wavelength gets longer.

それならば近づけば青方偏移が起き、遠ざかれば赤方偏移が起きるはずであるとされて膨張宇宙論の証拠と見なされたのだ。

It was considered evidence for the cosmic expansion theory because it should shift blue when approaching and red when moving away.

重力は質量の存在によって時空が歪んだ結果の現象だとしたら、質量はどのような作用によって時空を歪めるのだろうか。

If gravity is a phenomenon resulting from the distortion of spacetime due to the presence of mass, what action does mass have that distorts spacetime?

水中での浮力は、質量が排斥した水の体積が元の位置に戻ろうとして生じる力だ。

Buoyancy in water is the force produced when a volume of water eliminated by a mass tries to return to its original position.

同様に、重力は質量が排斥した時空の体積が元の位置に戻ろうとして生じる力と見ても良い。

Similarly, gravity can be viewed as a force produced by a volume of spacetime from which mass has been excluded, as it attempts to return to its original position.

重力方程式の膨張解の正体とは、質量が時空を排斥した作用が反映されたものだったのだ。

The identity of the extended solution of the gravity equation was a reflection of the action of mass eliminating space-time.

質量が時空を排斥した作用が重力を生み、重力が圧縮した時空のエネルギーに相当する質量が時空をさらに排斥したのだ。

The action of mass eliminating space-time creates gravity, and the mass corresponding to the energy of space-time compressed by gravity further eliminates space-time.

この無限連鎖が、重力波方程式の形式を電磁場方程式の形式と似たものにしたのだ。

This infinite chain makes the form of the gravitational wave equation similar to the form of the electromagnetic field equation.

銀河団を取り巻く謎の質量とは、重力エネルギーの高密度な状態なのではないだろうか。

Because of this infinite chain, the form of the gravitational wave equation resembles the form of the electromagnetic field equation. The mysterious mass surrounding a galaxy cluster may be a dense state of gravitational energy.

だからこそ、銀河団を取り巻くダークマターが銀河団を安定させる存在として認識されたのだ。

That is why dark matter surrounding a galaxy cluster was recognized as the stabilizing agent of the cluster.

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧