電磁

重力波の正体は電磁波なのか。 Are gravitational waves really electromagnetic waves?

重力は、電磁力に還元出来る。

Gravity can be reduced to an electromagnetic force.

重力波は電磁波と同じ形式の式で記述可能なのは、実にそのためなのだ。

This is really why gravitational waves can be described by the same equation as electromagnetic waves.

重力波はなぜ、電磁波と同じ形式の式で記述可能なのか。

Why can gravitational waves be described by equations of the same form as electromagnetic waves?

どちらも、二つの要素の交代によって伝播する波だからなのだ。

Both are waves propagated by the alternation of two elements.

重力波は疎密波、つまり、疎と密の二つの要素からなる波だ。

Gravity waves are sparse and dense waves, i.e., waves composed of two elements, sparse and dense.

一方、電磁波は電場の波と磁場の波の二つの要素からなる波だ。

On the other hand, an electromagnetic wave is a wave composed of two elements: an electric field wave and a magnetic field wave.

それで、どちらも同じ形式の式で記述可能となるのだ。

So, both can be described by the same form of expression.

重力波の疎と密とは、エネルギーの密度である。

Sparse and dense gravitational waves are densities of energy.

では、問題はそのエネルギーの正体である。

The question, then, is what is that energy?

エネルギーは、速度の二乗で表される。

Energy is expressed as the square of velocity.

アインシュタインは、重力波の伝播速度は光速と等しいとしている。

Einstein states that the speed of propagation of gravitational waves is equal to the speed of light.

重力波の伝えているエネルギーは、光速の二乗であると言い換えられる。

The energy transmitted by gravitational waves can be described as the square of the speed of light.

光子は、エネルギーを担う素粒子の仲間である。

Photons are members of the subatomic particles that carry energy.

ならば、重力波の伝えるエネルギーの正体は電磁波のエネルギーであっても差し支えない。

This could mean that the true nature of the energy transmitted by gravitational waves is electromagnetic energy.

重力波の伝える疎密波とは、電磁波のエネルギーの疎密波と置き換えが可能となるのだ。

The sparse and dense waves conveyed by gravitational waves can be replaced by the sparse and dense waves of electromagnetic energy.

重力波の正体が電磁波のエネルギーの疎密波であるならば、当然ながら、光のエネルギーに影響を与えられる。

If the true nature of gravitational waves is that they are sparse waves of electromagnetic energy, they can naturally affect the energy of light.

遠方から来る光ほど、電磁波のエネルギーの疎密波としての重力波の影響を受けてエネルギーは衰え赤方偏移する。

The more distant the light comes from, the more it is affected by gravitational waves as a sparse wave of electromagnetic energy, which diminishes its energy and red-shifts it.

つまり、宇宙の膨張を想定しなくとも遠方の光ほど赤方偏移が大きい理由は重力波の働きによって説明できる。

In other words, gravitational waves can explain why the redshift is greater for more distant light without assuming the expansion of the universe.

ダークマターやダークエネルギーも、重力波の伝えるエネルギーやその質量への換算で説明可能となるだろう。

Dark matter and dark energy could also be explained in terms of the energy transmitted by gravitational waves and its conversion into mass.

磁場の強い天体ほど質量が小さな値になるのかも、おそらく説明可能になるだろう。

It will probably also be possible to explain why objects with stronger magnetic fields have smaller mass values.

| | コメント (0)

重力の発生メカニズムは、浮力の発生メカニズムと似ている。 The mechanism of the generation of gravity is similar to the mechanism of the generation of buoyancy.

重力方程式の解には、膨張解もあると解釈されてきた。

Solutions to the gravity equation have been interpreted to include expansion solutions.

だが、斥力と解釈して重力には引力と斥力があるとしたらどうだろうか。

But what if we interpret this as an exclusive force and say that gravity has an attractive force and a repulsive force?

これまで赤方偏移は、宇宙膨張の証拠とされてきた。

Until now, redshifts have been regarded as evidence of cosmic expansion.

近づけば波長は短くなり、遠ざかれば波長は長くなる。

As you move closer, the wavelength gets shorter; as you move away, the wavelength gets longer.

それならば近づけば青方偏移が起き、遠ざかれば赤方偏移が起きるはずであるとされて膨張宇宙論の証拠と見なされたのだ。

It was considered evidence for the cosmic expansion theory because it should shift blue when approaching and red when moving away.

重力は質量の存在によって時空が歪んだ結果の現象だとしたら、質量はどのような作用によって時空を歪めるのだろうか。

If gravity is a phenomenon resulting from the distortion of spacetime due to the presence of mass, what action does mass have that distorts spacetime?

水中での浮力は、質量が排斥した水の体積が元の位置に戻ろうとして生じる力だ。

Buoyancy in water is the force produced when a volume of water eliminated by a mass tries to return to its original position.

同様に、重力は質量が排斥した時空の体積が元の位置に戻ろうとして生じる力と見ても良い。

Similarly, gravity can be viewed as a force produced by a volume of spacetime from which mass has been excluded, as it attempts to return to its original position.

重力方程式の膨張解の正体とは、質量が時空を排斥した作用が反映されたものだったのだ。

The identity of the extended solution of the gravity equation was a reflection of the action of mass eliminating space-time.

質量が時空を排斥した作用が重力を生み、重力が圧縮した時空のエネルギーに相当する質量が時空をさらに排斥したのだ。

The action of mass eliminating space-time creates gravity, and the mass corresponding to the energy of space-time compressed by gravity further eliminates space-time.

この無限連鎖が、重力波方程式の形式を電磁場方程式の形式と似たものにしたのだ。

This infinite chain makes the form of the gravitational wave equation similar to the form of the electromagnetic field equation.

銀河団を取り巻く謎の質量とは、重力エネルギーの高密度な状態なのではないだろうか。

Because of this infinite chain, the form of the gravitational wave equation resembles the form of the electromagnetic field equation. The mysterious mass surrounding a galaxy cluster may be a dense state of gravitational energy.

だからこそ、銀河団を取り巻くダークマターが銀河団を安定させる存在として認識されたのだ。

That is why dark matter surrounding a galaxy cluster was recognized as the stabilizing agent of the cluster.

 

| | コメント (0)

重力は引力と斥力からなると考えれば問題はシンプルになる。 If we consider gravity as consisting of attraction and repulsion, the problem is simple.

興味深いのは、重力に関する式が電気や電磁場に関する式と極めて似た形式で書けることだ。

It is interesting to note that the equations for gravity can be written in a very similar format to those for electricity and electromagnetic fields.

だが、電気には正と負があり磁気にはSとNがあるのに対し、重力には引力しか見つかっていないと言う難題が立ちはだかる。

However, the conundrum lies in the fact that electricity has positive and negative powers and magnetism has S and N, while gravity only has an attractive force.

とは言え、この問題を解く手がかりはある。

However, there are clues to solving this problem.

引力は集中するのに対して斥力は発散する、引力は弱いと言えども強まっていくのでそれなりに実感しやすいのに対して斥力はただでさえ弱い上に発散によってさらに弱まるので実感困難になると考えれば良いのだ。

While the attraction is concentrated, the repulsive force diverges, and even if the attraction is weak, it is strengthened and is easy to feel, while the repulsive force is already weak and further weakened by divergence, so it is difficult to feel.

宇宙の観測で見つかった赤方偏移が宇宙膨張の証拠と見られたのも無理はない、重力が引力と斥力と考えるのは当時も今も困難だからだ。

No wonder the redshift found in observations of the universe was seen as evidence of the expansion of the universe, because it was and still is difficult to think of gravity as attraction and repulsion.

重力と加速度が区別がつかないと言う考えは斬新過ぎて十分に普及していたとは言い難い段階で、見つかってもいない斥力を加速度と区別がつかないと考えると言うのはハードルが高過ぎるのだ。

The idea that gravity and acceleration are indistinguishable is too novel to be widely used, and it is too high a hurdle to think that an undiscovered repulsion force is indistinguishable from acceleration.

ブラックホールは蒸発によって消えると言う説があるが、斥力を想定すればブラックホールは爆発によって消える。

There is a theory that black holes disappear by evaporation, but assuming repulsion, black holes disappear by explosion.

銀河の中心には巨大ブラックがあるとわかってきたが銀河は銀河団を構成するので、一つの巨大ブラックホールの爆発は衝撃波によって連鎖的にそれぞれの銀河中心にある巨大ブラックホールを崩壊させないだろうか。

It has been found that there is a supermassive black at the center of the galaxy, but since galaxies constitute a galaxy cluster, will the explosion of a single supermassive black hole cause the collapse of the supermassive black hole at the center of each galaxy in a chain reaction by a shock wave?

いくつもの銀河団の崩壊はやがていくつもの超銀河船団の崩壊に繋がり、衝撃波は圧縮された時空とボイドを生み出す。

The collapse of several galaxy clusters eventually leads to the collapse of several supergalactic fleets, and the shock waves create compressed space-time and voids.

膨張宇宙論で考えられている時空膨張の正体とは、ボイドの発生と膨張の事だったのだ。

The true nature of space-time expansion as considered in expansion cosmology was the generation and expansion of voids.

圧縮された時空からは物質が析出して私達の宇宙が生まれるが、私達の宇宙に満ちる引力は物質と時空のせめぎ合いによって生じ零点振動となって観測される作用によって斥力と共に生まれる。

From the compressed space-time, matter precipitates and our universe is born, but the gravitational attraction that fills our universe is generated by the conflict between matter and space-time, and is born with repulsive force by the action observed as a zero oscillation.

膨張宇宙論を生み出す原因となった赤方偏移は、アインシュタインによって宇宙定数として認識された斥力の悪ふざけだったのだ。

The redshift that gave rise to the expansion cosmology was a repulsive prank recognized by Einstein as a cosmological constant.

恐らく、ダークマターやダークエネルギーの問題もこの解釈で説明可能となるだろう。

Perhaps the problem of dark matter and dark energy can also be explained by this interpretation.

| | コメント (0)

引力の宇宙定数の関係を見れば時空の新たな構造が見える可能性がある。 If we look at the relationship between the gravitational cosmological constant, we may be able to see a new structure of space-time.

重力波と電磁波は、似た形式の方程式で書けると指摘される。

It is pointed out that gravitational waves and electromagnetic waves can be written by equations of similar form.

電磁波は電場と磁場からなる、だとすれば、重力波も二つの直行する波を考えて良い。

Just as electromagnetic waves are made up of electric and magnetic fields, gravitational waves can be thought of as two orthogonal waves.

磁場の動きが電場を生み電場の動きが磁場を生むなら、宇宙定数の動きが引力を生み引力の動きが宇宙定数を生んでも良いはずだ。

Just as the motion of the magnetic field creates the electric field and the motion of the electric field creates the magnetic field, the motion of the cosmological constant creates the gravitational force and the motion of the gravitational force creates the cosmological constant.

膨張宇宙は幻に過ぎない。

The expanding universe is just an illusion.

引力が宇宙をまとめているなら、そして引力と宇宙定数がペアであるなら、宇宙定数もまた宇宙に満たされ光に影響を与えているはずだ。

If gravitation holds the universe together, and if gravitation and the cosmological constant are a pair, then the cosmological constant must also fill the universe and affect light.

引力が加速度と区別出来ないなら、宇宙定数もまた加速度と区別出来ないと見る方が自然である。

It is natural to see that the cosmological constant is indistinguishable from acceleration in the same way that gravity is indistinguishable from acceleration.

膨張宇宙の証拠とされる赤方偏移は、宇宙定数の見せている現象に過ぎない。

The redshift, which is evidence of the expanding universe, is nothing more than a phenomenon that the cosmological constant shows.

宇宙定数は、引力が宇宙を瞬間的に潰してしまう事態を救うために導入された膨張作用だからだ。

This is because the cosmological constant is an expansion effect that was introduced to save the situation where gravitational force instantly crushes the universe.

全ての物質には絶対零度でも止まる事が無い零点振動があるが、ならば、物質の表面は常に微細な振動をしているはずだ。

All matter has a zero-point oscillation that does not stop even at absolute zero.

If so, the surface of all substances must be vibrating finely all the time.

その振動は常に時空を揺さぶって、重力波を発生させる。

Its vibrations constantly shake space-time and generate gravitational waves.

その通常の重力波の検出は困難だが、表面に起こる何らかの変化が引き起こす重力波の変化の検出ならば何らかの量子の揺らぎの変化として可能性はある。

It is difficult to detect ordinary gravitational waves, but it is possible to detect changes in gravitational waves caused by some changes on the surface of matter as changes in quantum fluctuations.

量子もつれを用いて、微細な重力波の変化の検出が出来るかもしれない。

Quantum entanglement could potentially be used to detect minute changes in gravitational waves.

時空の歪みも量子化されているからこそ、重力波が生まれるとするなら何者かが励起されて重力波が出てくると考えられる

Since the distortion of space-time is also quantized, it is good to think that generating gravitational waves excites some entity and generates gravitational waves.

時空も、量子で満たされているのだろうか。

Space-time may also be filled with quanta.

| | コメント (0)

重力波分光学は可能か。 Is gravitational wave spectroscopy possible?

重力波の検出は、すでに出来ている。

Gravitational waves have already been detected.

問題は、日常的に発生している微小な重力波の検出が困難な事である。

The problem is that it is difficult to detect minute gravitational waves that occur on a daily basis.

レーザー干渉計型重力波検出器では、まだ大きなイベントによる大きな重力波しか検出出来ていないのである。

Laser interferometer-type gravitational wave detectors can only detect large gravitational waves caused by large events.

ならば、発想の転換が必要ではないだろうか。

If so, isn't it necessary to change the way of thinking?

微小な重力波を、圧力の伝播として検出を試みるのである。
I propose a plan to detect minute gravitational waves as pressure propagation.

量子論を援用すれば、微小な重力波の検出可能な素子を作れるのではないか。

With the help of quantum theory, it may be possible to create devices that can detect minute gravitational waves.

微小な重力波による圧の変化も検出出来る圧電素子が開発出来るなら、不可能ではないはずである。

If we can develop a piezoelectric element that can detect changes in pressure caused by minute gravitational waves, it should not be impossible.

電子の波としての性質を、微小な重力波の検出に使えるのではないか。

It may be possible to use the properties of electrons as waves to detect minute gravitational waves.

電子の波の揺らぎとして、微小な重力波の検出を出来る可能性はないだろうか。

The possibility of detecting minute gravitational waves as electronic wave fluctuations is worth investigating.

レーザー干渉計型重力波検出器を望遠鏡とすると、微小重力波検出器はさしずめ分光光度計に当たるだろう。

If the laser interferometric gravitational wave detector is a telescope, the microgravitational wave detector would be a spectrophotometer.

もし可能になるならば、重力波分光学とでも言いえる新たな分野が開拓される事になる。

If it becomes possible, it will open up a new field of gravitational wave spectroscopy.

| | コメント (0)

電磁波と重力波はなぜ似た形式の式か。Why are electromagnetic waves and gravitational waves similar in formula?

電磁波と重力波は、似た形式の式になると言います。

式が似た形式になると言うのは、電磁波と重力波は発生し伝播していくメカニズムが似通っていると見るのが自然です。

電磁波は電場と磁場が交互に発生しながら伝播しているわけなので、重力波でも引力と交互に発生し伝播している何者かがあるはずです。

アインシュタインは自らの式が瞬間的に破綻すると気が付いて、引力と大きさが同じで反対向きに働く宇宙項を仕方なく導入しました。

宇宙項は今では宇宙定数と呼ばれるが、引力と大きさが同じで反対向きに働くと言うのは古典力学では作用反作用として知られています。

ならば引力と宇宙定数は作用反作用としてとらえるのは、素直な発想なはずです。

物質の存在が時空を歪めると言うなら、物質は周囲の時空に斥力を及ぼしていると見るべきでしょう。

宇宙定数は物質が周囲の時空に及ぼしている斥力と見るなら、引力はその反作用となります。

電磁波で作用に当たるのは、励起した電場と見るのが無理のないやり方でしょう。

当然、磁場は反作用となります。

電磁波の励起した電場に重力波の宇宙項が、電場から開放された磁場に時空から開放された引力が、それぞれ対応すると見れば簡単に説明が付くのではないでしょうか。

時空を伝播する宇宙項が反作用として引力を発生させて、宇宙をまとめているのではないでしょうか。

引力が加速度と区別が難しいなら、宇宙定数も加速度と区別が難しいはずです。

膨張宇宙論は、宇宙項のいたずらだと見るのが妥当だと私は見ます。

宇宙定数と引力が作用反作用として見て良いなら、ブラックホールの特異点も考えなくてよいはずです。

どうでしょうか。

Electromagnetic waves and gravitational waves are said to have similar formulas.

When we say that the equations have a similar format, it is natural to assume that the mechanisms by which electromagnetic waves and gravitational waves are generated and propagated are similar.

Since electromagnetic waves propagate while alternating electric and magnetic fields, there must be someone who alternately generates and propagates gravitational waves with gravitational force.

Einstein realized that his equation would collapse momentarily, so he reluctantly introduced a cosmic term that had the same gravitational pull and size but worked in opposite directions.

The cosmological term is now called the cosmological constant, but the fact that the gravitational force and magnitude are the same and act in opposite directions is known in classical mechanics as action-reaction.
If this is the case, it should be a straightforward idea to consider attraction and cosmological constant as action and reaction.

If we say that the existence of matter distorts space-time, then matter should be seen as exerting a repulsive force on the surrounding space-time.

If the cosmological constant is seen as the repulsive force exerted by matter on the surrounding space-time, then the gravitational force is its reaction.

The action of electromagnetic waves is probably a method that is reasonable to see as an excited electric field.

Naturally, the magnetic field is a reaction.

It would be easy to explain if we consider that the cosmic term of gravitational waves corresponds to the electric field excited by electromagnetic waves, and the gravitational force released from space-time corresponds to the magnetic field released from the electric field.

Isn't the cosmic term that propagates through space-time generating a gravitational force as a reaction to hold the universe together?

If gravitational force is difficult to distinguish from acceleration, then cosmological constants should also be difficult to distinguish from acceleration.

I think it's reasonable to see expansion cosmology as a cosmic term prank.

If cosmological constants and attraction can be viewed as action-reaction, then we should not have to consider the singularity of black holes.

How about this?

 

| | コメント (1)

なぜ土星の比重は小さく見えるのか考えてみる。Consider why Saturn's density seems small.

土星は木星より弱いとはいえ、かなり強力な磁気を持っています。

興味深いのは、土星の比重は木星より小さいと見られていることです。

土星は磁気双極子という単純な対称形をした固有磁場を持つ点では、木星や地球と同じです。

なんと土星の磁器の赤道付近での強度は0.2ガウス(20マイクロテスラ)であり、木星磁場の約1/20、地球磁場よりも若干弱いのです。

そして、土星の磁気圏は木星よりも非常に小さいのです。

ボイジャー2号が磁気圏に突入した際、内部の太陽風は依然として強く、磁気圏の大きさは土星半径の19倍(110km)の広がりしか持っていなかったと言う観測結果が得られました。

ここで注目したいのは、土星と木星の輪が異なる物質で出来ていると言う事実です。

土星の輪は木星と違って、ほとんどは氷なのです。

水分子には極性があるが、結晶化した氷であればその極性の向きは比較的に揃うはずです。

極性の比較的揃っている氷が強力な磁場の中で回転すると、何が起こるでしょう。

それ自体もわずかとはいえ磁気を帯びた輪が、強力な磁場の中で回転するのと同じ状態にならないでしょうか。

弱いながらも磁気を帯びた氷の輪が磁場の中で回転するなら、磁場はかく乱され土星の赤道付近の磁場が弱められ、磁気圏の見かけの大きさも小さくなっても不思議ではないのではないでしょうか。

近年では、強力な磁場の中で見かけ上の重力の大きさが小さく出来ると言う事実も判明しています。

小規模であれば地上に比較的まとまった時間、無重力状態で実験や研究が可能になりつつあるのです。

天体が丸ごとはいる強力な磁場は、土星や木星に既に存在します。

ならば、土星や木星の見かけ上の質量は小さく見えていても何ら問題はありません。

強力な磁場の中では見かけ上の重力は弱められるわけなので、実際の質量より小さく見えるのは想定内なのです。

あなたはこの推論をどう判定するでしょう。

私は科学のもたらしてくれた情報以外の前提は、なにも使っていないのです。

Although Saturn is weaker than Jupiter, it has a fairly strong magnetism.

Interestingly, Saturn is believed to have a lower density than Jupiter.

Saturn is similar to Jupiter and Earth in that it has a simple symmetric magnetic field called a magnetic dipole.

The strength of Saturn's porcelain near the equator is 0.2 gauss (20 microtesla), which is about 1/20 of Jupiter's magnetic field and slightly weaker than the Earth's magnetic field.

And Saturn's magnetosphere is much smaller than Jupiter.

When Voyager 2 entered the magnetosphere, the solar wind inside was still strong, and observations showed that the size of the magnetosphere was only 19 times the radius of Saturn (1.1 million km).

What I would like to pay attention to here is the fact that the rings of Saturn and Jupiter are made of different substances.

Saturn's ring, unlike Jupiter, is mostly ice.

Water molecules are polar, but crystallized ice should be relatively polar.

What happens when ice with relatively uniform polarity rotates in a strong magnetic field?

Wouldn't it be the same as a magnetic ring, albeit slightly in itself, rotating in a strong magnetic field?

If a weak but magnetic ring of ice rotates in a magnetic field, it is no wonder that the magnetic field is disturbed, the magnetic field near Saturn's equator is weakened, and the apparent size of the next sphere is reduced. Is not it.

In recent years, it has become clear that the apparent magnitude of gravity can be reduced in a strong magnetic field.

On a small scale, it is becoming possible to carry out experiments and research in a weightless state for a relatively large amount of time on the ground.

A strong magnetic field containing the entire celestial body already exists on Saturn and Jupiter.

Then, it doesn't matter if Saturn and Jupiter's apparent mass looks small.

Since the apparent gravity is weakened in a strong magnetic field, it is expected that it will appear smaller than the actual mass.

How would you judge this reasoning?

I don't use any assumptions other than the information provided by science.

| | コメント (0)

宇宙定数の正体とは何でしょうか。

アインシュタインの宇宙定数は、膨張宇宙論の人達から再評価されつつあります。

宇宙定数は、アインシュタイン自身が勇み足だったと捨て去ろうとしたものでした。

アインシュタインにとって宇宙定数は、プランクにとってプランク定数が苦し紛れの産物であったように、苦肉の策であったからです。

自分の理論では一瞬にして宇宙が潰れてしまうと気が付いたアインシュタインは、辻褄を合わすために宇宙定数を導入したのです。

だから膨張宇宙が提案されるや否や、アインシュタインはそれに飛びついてしまったのです。

時は物理学理論にとって激動の時代、新しい発見の前に無力をさらけ出した既存の理論に代わる新しい理論が求められていました。

アインシュタインの相対性理論や、プランク定数の発見に始まる量子力学の誕生、人々は新しい動きについていくのがやっとだったのです。

そこへ引力と大きさが同じで向きが反対な宇宙定数の提唱、宇宙定数とはつまり重力には斥力もあると言っているに等しい破天荒な提唱だったのです。

これまで誰も、重力に斥力があるなどと観測したことはありません。

アインシュタインの重力理論にニュートン力学を応用すれば、引力と宇宙定数の関係は作用反作用の法則で説明が付くと突っ込みもできたはずです。

しかし既存の理論は新しい現象の前に連戦連敗、とてもニュートン力学でアインシュタインの相対性理論に突っ込みをいれる猛者が出てこれる状況ではありません。

まして常識外れの斥力を誰が擁護するでしょう。

だがここに不思議な事があります。

重力波の式は電磁波の式と、同じ形式だと言うのです。

電磁波では、電気の波と磁気の波が交互に発生しながら伝播していきます。

重力波はどうなのでしょう。

一般相対性理論では、重力は質量によって生じる時空の歪みです。

質量はどのようにして、時空を歪めるのでしょうか。

量子力学では、あらゆる素粒子に波動があるとされます。

そして素粒子の振動は、絶対零度でも止まることはないのです。

ならば、素粒子は常に時空を振動させているはずです。

量子力学ではありとあらゆる質量に、固有の振動があるとされます。

と言う事は質量の振動によって時空は常に振動し、極めて微小な重力波が絶えず発生し伝播しているのではないでしょうか。

重力波は質量の振動によって生じるわけだが、その動きは質量による時空に対する斥力のオンとオフであるはずです。

宇宙定数の正体とは振動が引き起こす質量による斥力のオンによって生じる波であり、引力の正体とは振動が引き起こす質量による斥力のオフによって引き出される時空の復元力によって生じる波である、と見たらどうでしょうか。

重力波とは、斥力の波と引力の波の交互の発生によって伝播している波なのではないでしょうか。

重力と加速度は区別がつかないなら、重力波の斥力成分と膨張の加速度は区別がつかないはずです。

遠方に行くほど光の赤方偏移が大きくなる現象は、重力波を構成する斥力のベクトル合成がやらかした悪ふざけの結果かもしれません。

| | コメント (0)

やはり重力波は引力と斥力から出来ている?!

私達は何気なく床や地面に立っているが、素粒子の目から見たら驚くべき事が起きていると言います。

素粒子レベルで見れば、地面も床も私達の体も、隙間だらけのスカスカなのだそうです。

怖いですよね。

どうして、私達の体は地面や床に落ちていかないのでしょう。

詳しい話は省くが、要するに素粒子の間で働いている作用のおかげだそうです。

最新科学は、原子は電子と原子核から出来ていると明らかにしました。

ところが電子が原子核の周りをまわると、電磁波を放ってあっという間に原子核に落ちていくそうです。

怖いですよね。

そこで、電子は決まった軌道で原子核の周りを回っているとして一件落着しました。

実際には、電子の軌道は原子核の周りを取り巻く雲や霧のようになっているそうです。

アインシュタインは、重力を取り込んだ一般相対性理論を作りました。

それで宇宙を動かしてみたら、引力が働いてあっという間に宇宙は潰れてしまいました。

怖いですよね。

そこで、アインシュタインは苦し紛れに宇宙定数を導入しました。

すると宇宙は膨張しているらしいと言う情報がやってきて、アインシュタインは宇宙定数を投げ捨ててしまうのです。

ところがいま、物理学者達は量子力学と相対性理論の統一で悩んでいます。

素粒子レベルではスカスカな私達の体が、素粒子レベルではスカスカな地面や床に立てるのは素粒子の間で働いている作用のおかげです。

電子が安心して原子核の周りにいられるのは、決まった軌道のおかげです。

だったら、宇宙が引力であっという間に潰れないのは宇宙定数のおかげと言っちゃまずいのですか。

電磁波と重力波は、よく似た式で書けるそうです。

電磁波は電場と磁場、だったら、重力波は引力と斥力でいいじゃないですか。

電気はプラスとマイナス、磁気はNとS、スピンは上向きと下向き、物質は粒子と反粒子、それならば重力波は引力と斥力でいいじゃないですか。

電磁波は電場が動くと磁場が、磁場が動くと電場が、生まれます。

なら、重力波も似たようなメカニズムがあるはずです。

素直に見れば、物質が空間を押していると考えるのが自然なはず。

重力波は斥力が動けば引力が、引力が動けば斥力が、生まれると見ればどうでしょうか。

そうすると、案外すんなりと量子力学と相対性理論は結び付けられるのではないでしょうか。

どんな式になるか、やってみてくださいな。

| | コメント (0)

電磁波と重力波を比べてみた。

電磁波と重力波は、奇妙なほど似た式が登場するといいます。

電磁波は、電気の波と磁気の波の組み合わせでできています。

電磁波では、電気のエネルギーと磁気のエネルギーがまるで振り子のように行ったり来たりしながら、波が進んでいくのです。

重力波は、その電磁波と極めて似た式となるといいます。

だとするならば、重力波も電磁波と似た構造であるはずです。

アインシュタインは重力が引力だけでは宇宙はあっという間に潰れてしまうという事で、宇宙定数をしました。

宇宙定数とは、引力と大きさが同じで方向が反対な存在です。

ニュートンは引力は何処にでもあるという事で、万有引力と呼びます。

つまり、巨大な銀河や銀河団、恒星や惑星と言ったものから、小さな基本粒子に至るまで、引力はあるのです。

ならば、宇宙定数も、巨大な銀河や銀河団、恒星や惑星と言ったものから、小さな基本粒子に至るまであるはずです。

小さな基本粒子では重力は余りにも小さいので、ほとんど考慮されません。

でも、重力が小さな基本粒子では無視して良いほど小さくてもないと言ってはいけないのです。

何故ならば、宇宙定数を膨張宇宙に置き換えるという事は、基本粒子のある時空も膨張していなければおかしいのです。

宇宙開闢から今日まで、基本粒子の世界の大きさは同じだが、時空は膨張しているというのでしょうか。

時空が膨張しているというなら、なんで天体の大きさは影響を免れるというのでしょうか。

矛盾しています。

遠くを見ることは過去を見ることと言いながら、遠くの宇宙ほど早く遠ざかっていくという事は膨張が加速しているという事と主張する、矛盾しています。

挙句の果てに、膨張宇宙と宇宙定数を結び付け始めました。

アインシュタインの使ったのとは別の意味を込めて、です。

宇宙論でもしも、エーテルにかつてと別の意味を込めて復活させようと言ったら、誰がまともに取り合うでしょう。

ご都合主義もいい加減にして欲しいものです。

宇宙定数を言うなら、アインシュタインの原点に立ち返るべきでしょ。

重力には引力と斥力があるから、重力波と電磁波は似た式になるのです。

電磁波で電気の波と磁気の波が直交しているというなら、重力波で引力の波と斥力の波が直交しているから、似た式になると認めるだけでいいのです。

簡単でしょ。

違いますか。

膨張宇宙は、斥力が見せていた幻影に過ぎないのです。

それを認めたくないから、重力に斥力があると言えないなら、これって科学ですか。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧